地図

成田空港 (NRT) 発 - 沖縄 那覇 (OKA) 行きの飛行機・格安航空券の検索

東京 成田発 - 沖縄 那覇行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥12,205

直行便航空会社

5

週の便数

44

平均飛行時間、合計距離1613 km

2 時間 50 分

先月の最も人気の航空会社

ジェットスタージャパン

沖縄 那覇

1 空港

成田 (NRT) -沖縄 (OKA) を就航する主な航空会社・LCC

ANA (全日空)

ボーイング767-300機 (270席) の中型ジェット機が運航しています。成田空港は千葉県をはじめ北関東エリアからの沖縄方面への旅行客や、成田空港到着の国際線からの乗り継ぎ利用客がメインです。

ジェットスタージャパンバニラエア (Vanilla Air)

格安航空券が利用できるので、日本国内の旅行客だけでなくインバウンド旅行者にも人気があります。ジェットスターとバニラエアは成田空港第3ターミナル (LCC専用) からの出発ですが、沖縄那覇空港への到着ターミナルはそれぞれ異なり、ジェットスターは国内線旅客ターミナル、バニラエアはLCC専用ターミナルを使用しています。

定期便の便数

ANA (全日空) :1便、ジェットスタージャパン:3~4便、バニラエア (Vanilla Air) :2便、

夏・冬ダイヤによってスケジュールが変更になる場合もありますが、ANAのフライトは夜便のため那覇到着時間が21時台になります。ジェットスターは曜日によって運航本数が異なり、週末をはさんでの旅行が多いことから、金・日・月は1日4便の設定です。バニラエアは1日2便の運航で朝便と午後便を設定しているので、出発当日の午後から沖縄観光やリゾートでのレジャーを楽しめます。

直行便以外のアクセスルート

成田空港-沖縄 那覇行きのフライトは直行便を利用するのが一般的です。名古屋・伊丹・福岡で飛行機を乗り継ぐこともできますが、乗り継ぎ時間も含めると片道4時間以上かかる場合もあるので直行便のほうがリーズナブルかつ短時間で移動できます。

路線の概要・メリット

成田空港発-沖縄 那覇空港行きの航空券の相場
成田-那覇線はLCC2社が運航していることから格安航空券を利用しやすい路線のひとつです。年間の旅客数の推移では3・7・8月が人気で、混雑する時期です。春~夏の間は相場が高く、航空券の価格は片道25,000円前後です。10~12月は季節的にも暑さがおさまり旅行者もやや減少しますが、1万円以下の航空券もあるのでリーズナブルに旅行を楽しめます。LCCは需要動向や空席状況によって運賃を設定しているので、週末や連休中は航空券の価格が高くなります。

路線の特徴
沖縄 那覇へは本土からは海を隔てての移動となるため、短時間で移動可能な航空便を利用するメリットの多い路線です。LCCによる就航が相次ぎ、片道1万円前後の格安航空券が利用できることから成田-沖縄 那覇線は人気の高い路線のひとつです。成田-沖縄線の年間旅客数は約39万人で運航航空会社全体での座席利用率は79.4%と高く、ピーク期には満席のフライトもあります。LCCの運航便は、旅行スタイルにあわせて受託手荷物の重量や事前座席指定など必要なサービスをチョイスできるので便利です。

発着空港の概要

成田空港
成田空港は2018年5月に開港から40周年を迎え、東京の国際空港として大きな役割を果たしています。国際線の就航地は世界119都市 (122路線) へと拡大しています。日本から海外へのゲートウェイとしてだけでなく、近年はアジア地域から北米への乗り継ぎ地として成田空港を利用する人も増えています。年間旅客数は4,000万人を超え、24年連続で旅客数が増加。国内線・国際線ともにLCCの就航が多く、2015年にはLCC専用ターミナルもオープン。国内線はジェットスタージャパンピーチ (peach) バニラエア (Vanilla Air) 春秋航空日本の4社が乗り入れ、それぞれ路線を開設しています。都心部から少し離れた立地にありますが、JRや京成線を利用すれば約60~90分で都内中心部まで移動できます。空港リムジンバスの路線数も多く、首都圏全体の広域からアクセス可能です。

沖縄 那覇空港
沖縄 那覇空港は沖縄地域における拠点空港で、年間旅客数は国内線・国際線あわせて2,100万人を超えています。国内線は31路線が就航し、鹿児島や沖縄の離島路線も充実しています。日本トランスオーシャン航空 (JTA) 琉球エアコミューター (RAC) は那覇空港をハブ空港として、運航ネットワークを展開。LCCの就航も多く、ピーチ (peach) バニラエア (Vanilla Air) のフライトはLCC専用ターミナルの発着です。旅客ターミナル内には沖縄の郷土料理が食べられるお店やお土産ショップも多く、2階出発ロビーにはDFS那覇空港免税店もあり観光客に人気があります。空港から那覇中心部まではモノレールが運行しているほか、本島内の主要なリゾート地までは空港リムジンバスも運行しています。

市内中心部-空港間のアクセス方法

成田空港
成田空港は千葉県成田市にあり、都心からは鉄道 (京成・JR) ・空港リムジンバス・車が主な交通手段です。首都圏のターミナル駅からは、成田スカイアクセス線・京成本線・JR線を利用すると約1時間~1時間30分で成田空港に到着します。東京ディズニーリゾートや横浜みなとみらい地区をはじめ 都内主要エリアにあるホテルや駅から成田空港行の空港リムジンバスも多く、東京駅や銀座から片道1,000円以下で利用できる格安バスも運行しています。車を利用する場合、新空港自動車道 (有料) 経由で成田I.C.が最寄りのインターチェンジです。

沖縄 那覇空港
沖縄 那覇空港の旅客ターミナルはモノレール (ゆいレール) の空港駅と連結。那覇空港駅から市内中心部までは約30分で移動できます。ゆいレールはバスターミナルのある旭橋や、新都心のおもろまちなど主要スポットに停車。沖縄本島の読谷地区・恩納村地区・かりゆしビーチ・美ら海水族館など県内の主要なリゾートや観光スポットには空港からバスが運行しています。空港から各リゾートまでの所要時間は約100~150分です。空港ターミナル内にはレンタカーの送迎カウンターがあり、レンタカーで県内各地へ車で移動することもできます。混雑するシーズンは特に事前に予約を済ませておくと当日の手続きがスムーズかつ安心です。

国内旅行・国内線の検索におすすめの情報・ツール

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。