地図

ブリッジタウン出発の航空券を検索

バルバドス、ブリッジタウン発格安航空券を一瞬で見つけ出したいなら

旅行や出張によって海外へ行く際、まず最初に手配するのが航空券です。

ただ、航空券を購入する場所によって金額が異なるため、できるだけ安いチケットを購入するためにはいくつかサイトを比較する必要があります。手間を取らずに一瞬でバルバドス発格安航空券を見つけ出すならスカイスキャナーのサイトがお勧めです。

バルバドスのブリッジタウン発飛行機の航空券も、検索するだけで1分以内に結果が表示され簡単に格安の航空券が手に入ります。

バルバドスにあるグラントレー・アダムス国際空港の発着情報

バルバドスはカリブ海、西インド諸島内にある島国で英連邦国の1つであり、首都はブリッジタウンです。1620年代より、イギリスの植民地となり、統治が始まりました。

1966年に、英連邦加盟国として独立し、独立後は観光開発に力を入れ、経済成長に成功しています。2011年には「ブリッジタウン歴史地区とギャリソン」が世界遺産に登録されました。グラントレー・アダムス国際空港はクライスト・チャーチに位置する国際空港で、主にアメリカカナダの主要都市に就航しています。

ヨーロッパの就航地はフランクフルトミラノロンドンマンチェスターなど。

日本への定期直行便は運行しておらず、2回以上の乗り継ぎが必要です。

エアカナダアメリカン航空デルタ航空などを利用して、成田国際空港へ向かいます。

マリンスポーツや街歩きが楽しいバルバトス

ブリッジタウン歴史地区ギャリソンが世界遺産に登録されており、北アメリカにも近く治安も良いことから、年間を通して人気の観光地となっています。

ビーチも多く、サーフィン、ウィンドサーフィン、スキューバーダイビング、シュノーケリングなど様々なマリンスポーツが楽しめます。

ブリッジタウンにあるカーライルベイは柔らかな白い砂浜、透明で穏やかな海が広がるロングビーチです。クライストチャーチにあるアクラビーチはバルバトスのビーチの中でも清潔で人気が高い場所。セントジョゼフにある、アンドロメダ植物園やフラワーフォレストでは熱帯植物が鑑賞できるため、自然派の人におすすめです。

1627年から約300年間イギリスの植民地だったバルバトスは1966年に独立しますが、いまだ、英国連邦には属しています。

リトルイングランドとも呼ばれるイギリス風建築の街並みを楽しめます。

 出発地は変更可能ですか?

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。