スカイスキャナー ニュース 【GW旅の裏ワザ②】狙い目の行き先を見つける

すべての記事

【GW旅の裏ワザ②】狙い目の行き先を見つける

史上初の10連休となる今年のゴールデンウィーク。旅の予定はもうお決まりですか?「旅行はしたいけれど、どこに行くか迷っている」という人は、スカイスキャナーを活用して穴場の旅先を見つけましょう。旅の選択肢がぐっと広がる航空券の探し方と、狙い目の旅行先をご紹介します。

※記事内の航空券価格は、スカイスキャナーから国ごとに「月全体」で検索した際の最低価格です(2019年5月出発、羽田/成田空港発、エコノミークラス大人1名、往復便)。2019年2月22日時点の検索結果に基づいており、価格は随時変動しています。

1. 狙い目の旅先を見つけよう

狙い目その1:カトマンズ(ネパール)

旅の目的地がまだ決まっていない場合、スカイスキャナーには「すべての場所」を目的地にして検索するという機能があります。航空券価格を確認しながら、全世界の中から目的地を選ぶことができます。

今回、「すべての場所」を目的地として検索し、見つかった狙い目の旅先の一つが、ネパールの首都カトマンズ。日本人にとってさほどメジャーな旅先とはいえないネパールは、「遠くて航空券も高い」と思われがちですが、「出発地:東京、旅程:5月」の条件で検索した場合、経由便なら往復5万円未満で行けることがわかりました。

ネパールの首都カトマンズ一帯は、「カトマンズ盆地」として世界遺産に登録されている神秘の地。旧王宮や寺院などの歴史的建造物が並ぶダルバール広場は、カトマンズ観光の中心地。郊外では、ネパール最古の仏教寺院スワヤンブナートや、古都バクタプルなども見逃せません。

カトマンズ行き航空券を確認
Skreidzeleu/Shutterstock.com

狙い目その2:マレ(モルディブ)

一生に一度は訪れてみたい憧れのリゾート地、モルディブの首都マレへは、同じ条件で4.5万円台から。高級リゾートとはいえ、こちらも経由便を使えば意外とお手頃です。

インド洋に浮かぶモルディブは、約1200の島々からなる国。首都マレのある島はにぎやかですが、「1島1リゾート」を基本ポリシーとしているために、離島のリゾートホテルに宿泊すれば、美しい南の島をプライベートに楽しむことができるのです。せっかくなら、ちょっと奮発して、極上の時間が過ごせるリゾートに泊まりたいものですね。

モルディブ行き航空券を確認
jannoon028/Shutterstock.com

狙い目その3:プラハ(チェコ)

目的地がまだ決まっていない場合、もうひとつ便利な機能として、スカイスキャナーの「地図からさがす」があります。地図上で航空券価格を確認しながら、目的地を決めることができます。

「地図からさがす」機能で見つかったのが、ヨーロッパとしては、この条件下で格安で行けるプラハ。出発地が東京で5月発の場合、最安料金は5.6万円台です。

「百塔の街」「ヨーロッパの魔法の都」など、数々の異名をとるチェコの首都プラハ。歴史的な街並みは丸ごと世界遺産に登録されていて、ゴシックやバロック、アールヌーヴォーなど、さまざまな様式の壮麗な歴史的建造物がひしめき合う風景は、まさに天井のない美術館。しっとりとした風情を醸し出す優雅な街並みは、大人の休日にぴったりです。

プラハ行き航空券を確認
dimbar76/Shutterstock.com

それでは、今回活用したスカイスキャナーの機能を、詳しく見ていきましょう。

2.「すべての場所」を目的地にして検索する方法

まずは、特定の目的地を決めずに、「すべての場所」を目的地として設定する方法をご紹介。

iPhoneの場合、アプリの「発見」タブをタップし、上部の「すべての場所を「発見」する」を選択します。他には、「検索」タブで出発地を入力し、目的地の欄に「すべての場所」と入力する方法もあります。

この検索方法は、まだ決まった目的地のない人にとっては非常にうれしいもの。というのも、これによってノーマークだった旅先が浮上したり、意外な都市に思いの他安く行けることが判明したりするからです。

「すべての場所」を目的地として検索する機能は、片道でも往復でも利用可能。旅のスケージュールに融通がきく場合は、「旅程」欄で特定の日付を入力せずに、「丸一ヶ月を選択する」を指定しましょう。

検索結果は安い順に国別で表示

スカイスキャナーで「すべての場所」を目的地として検索した場合、検索結果は、国別で、航空券が安い順に表示されます。

こちらが、出発地「東京」に、出発を「2019年5月」に設定して検索したときの結果。日本、韓国、中国、台湾、ベトナム、フィリピン・・・と、航空運賃が安い順に、国ごとのグループで検索結果が表示されています。

気になる国が見つかったら、そのボックスをクリックすれば、その国内の目的地が最安値と共に一覧で表示されます。

希望の目的地を選択すれば、最安値の旅程が提案されるので、旅程と金額が表示されている欄をタップすれば、そこから先は目的地を指定した場合と同じです。カレンダーやチャートを見ながら旅程を決め、航空券の予約画面へ進みましょう。

「すべての場所」を目的地にして航空券を検索

3.「地図からさがす」機能を使って検索する方法

スカイスキャナーでは、スタンダードな検索以外に、地図から目的地を探す使い方もできます。ウェブ版(PC・モバイル)のトップページを下へスクロールすると「地図からさがす」があるので、クリックしてみましょう。

スカイスキャナー  「地図からさがす」

出発地を「東京」に、出発月を「2019年5月」に設定すれば、こんなにもたくさんの目的地が。選択肢の多さが視覚的に分かって、旅好きなら見ているだけでワクワクすること間違いなしです。

気になる場所にカーソルを当てれば、最安運賃が表示されるので、料金の目安も分かります。

この方法の良いところは、予算に応じて絞り込みができること。「6万円以内でヨーロッパに行きたい」など、地域や予算の目安が決まっているときは特に便利です。

たとえば、予算に制限を設けていないときは、ヨーロッパ各地にたくさんの丸が表示されていましたが、左上のゲージを調整して予算を「60,000円以下」にまで下げると、プラハとサンクトペテルブルグの2カ所に絞られました。行きたい場所をクリックしたら、あとは出発日と泊数を選び、通常通り予約を完了させます。

「地図からさがす」で航空券を検索

「あそこに行きたい!」と、まず目的地を決めて旅の予定を立てるのも楽しいですが、調べてみると思いのほか安かった旅先や、なんとなくピンときた旅先などを選ぶ旅は、経験の幅を広げてくれます。狙い目の旅先を見つけて、新たな冒険に繰り出しませんか。

地図