地図

プラハ(PRG)行きの格安航空券・飛行機・LCCの検索

プラハ行きのフライトが発着している日本国内の空港

プラハ空港は正式名称「ヴァーツラフ・ハヴェル・プラハ国際空港」。市内から約17キロに位置しチェコ航空のハブ空港としても活用されています。旅客ターミナルは2つあり、プラハと東欧・中欧主要都市を結ぶ路線のほか、ヨーロッパ全域・中東・アジアからの国際線定期便も就航しています。日本からは直行便が就航していないため、パリ・フランクフルト・ミュンヘン・アムステルダム・モスクワ・ヘルシンキといったヨーロッパの主要都市を経由することにより、プラハ行きの便を利用することができます。成田空港発の場合、プラハまでアムステルダム経由で約14時間15分、フランクフルト経由で約14時間10分のフライトです。日本国内の出発地によっては、日本国内とヨーロッパの2都市で乗り継ぎになる場合もあります。

プラハ行きの飛行機の相場・旅行のベストシーズン

航空券の相場

プラハ行きの飛行機は、年間の平均で約102,239円です。(*1)

プラハ行き航空券の安い時期・高い時期

プラハ行きの航空券は、年間平均で約102,239円 (大人1名あたりの往復運賃) です。往復航空券の相場が安い時期と高い時期が明確に分かれているのが特徴。6~9月までは相場が高く、103,000~128,600円で推移。7月は年間平均より25%アップ約128,600円で一番運賃が高くなる時期です。9月は年間平均とほぼ同じ金額になり、10~3月までは相場が安い時期になります。最安値になるのは1~2月で年間平均より19%価格が下がり、83,700~84,000円が相場。冬は格安航空券が利用しやすい時期と言えます。3月は年間平均より11%安く相場は約91,500円ですが、4月になると118,000円台まで上がります。5月は再び万円台まで下がるので、時期を選べばリーズナブルに旅行を楽しめるチャンスもあります。 (価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算)

チェコの首都プラハ。プラハ城やカレル橋など世界遺産に登録されているプラハ歴史地区には歴史的建造物が多く、見どころにあふれた観光都市です。例年5月になるとプラハの春音楽祭やビール・フェスティバルも開催されます。夏の平均気温は17度と爽やかですが、最高気温が35度に達することもあるので体温調節ができるような服装を準備しておくとよいでしょう。日照時間が長いので夏は多くの観光客で賑わいます。9月頃は最も過ごしやすい季節で秋になるとワイン祭りも開催されます。10~11月にかけて徐々に気温が下がり、12~2月の冬は気温が氷点下になることもあるので防寒対策をしっかりしておきましょう。それぞれの季節に魅力がありますが、春から秋が旅行のベストシーズンです。

*1: エコノミークラス・大人1名あたりの往復運賃
*2: 価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算しています

相場より割安で入手できる航空券

お得な航空券の情報は同ルートにおける過去1年間の平均価格を基準に、過去24時間以内に見つかった20%以上安いフライト価格を抽出して表示しています。価格は毎日更新。

プラハ行きの格安飛行機チケットはスカイスキャナーで検索

メタサーチとは?プラハ行きの飛行機チケットの価格を比較し格安で手に入れるなら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行代理店が取り扱う航空券のリアルタイムの価格を一括比較し、お客様に最安値の航空券をすばやく表示。また価格以外にも日程・所要時間・航空会社を変更・絞り込むことができるので、お客様に最適な航空券を簡単に見つけることができます。
航空券の価格を比較しクリックすれば、航空券を取り扱う旅行代理店・航空会社のサイトから直接プラハ行きのフライトをご予約いただけます。

日本からプラハへ就航している主な航空会社

プラハ空港には、スターアライアンス (Star Alliance) 、ワンワールド (oneworld) 、スカイチーム (SkyTeam) といった世界的な航空アライアンスに加盟しているフルサービスキャリアが多数乗り入れています。現在のところ日本からプラハへ就航している航空会社はありませんが、日本に就航し欧州路線も充実しているKLMオランダ航空 (アムステルダム経由) 、ルフトハンザ ドイツ航空 (フランクフルト、ミュンヘン経由) 、フィンエアー (ヘルシンキ経由) 、ブリティッシュ・エアウェイズ (ロンドン経由) 、アエロフロートロシア航空 (モスクワ経由) を利用するとヨーロッパ主要都市でスムーズに飛行機を乗り継げます。またイージージェットライアンエアユーロウィングスといったヨーロッパの格安航空会社 (LCC) もプラハ空港に乗り入れています。プラハまではロンドンから2時間、フランクフルトから1時間のフライトなので、欧州内の移動でLCCを利用することも可能です。

プラハ空港から都心部へのアクセス

プラハ空港から市内中心部までの主な交通手段は、バス・タクシー・空港送迎サービスです。

・バス
到着ロビーを出て正面にエアポートエクスプレス (AE) の乗り場があり、ドライバーからチケットを直接購入できます。空港からプラハ中央駅まで約30分間隔で運行しています。途中、プラハ市内の主要駅にも停車し、料金は60コルナです。そのほかに空港とプラハ市内の地下鉄駅を結ぶ市バスもあります。119番デヴィツカー行き(地下鉄A線)、100番ズリチーン行き(地下鉄B線)、179番ノヴェー・ブトヴィツェ行き(地下鉄B線)の3路線があり、運行間隔は10~30分。料金は32コルナと最もリーズナブルな移動手段です。

・タクシー
到着ターミナルを出たところにタクシー乗り場があり、メーター制です。トラブルを避けるためにも必ず正規の乗り場から乗車するようにしましょう。市内を移動する際はAAA RADIO TAXI (車体カラーが黄色) のほか、Taxi PrahaまたはFIX TAXIは旅行者からの評判もよく、安心して利用できます。市内中心部までの所要時間は約30分、料金は600~700コルナです。

・空港送迎サービス
日本から事前予約可能な空港送迎サービスを利用することもできます。空港ターミナルから宿泊先ホテルなど目的地まで送迎してもらえます。チャータータクシーまたは乗り合いシャトルから利用サービスを選べます。目的地によって所要時間は異なりますが、市内中心部までは30分ほどかかります。料金は1台あたり590コルナです。

プラハ旅行のお役立ち情報

中世ヨーロッパの面影を残す世界遺産の街 プラハ

ヨーロッパ有数の観光都市のひとつ、プラハ。季節ごとに違った魅力があり、旧市街は世界遺産に登録されています。「百塔の街」とも言われ、ゴシック・ルネッサンス・バロックといった各時代の建築様式の教会をはじめとする歴史的建造物が数多く残っています。カレル橋、プラハ城、旧市庁舎、天文時計をはじめ、中世ヨーロッパの面影を残す街並みが見どころです。観光名所をめぐる市内のウォーキングツアーも人気。クラシック音楽ファンにおすすめなのが、毎年5月12日から3週間にわたって開催される「プラハの春音楽祭」。プラハ出身の作家、フランツ・カフカゆかりの場所も市内に多くあります。冬になるとクリスマスマーケットも開催され、プラハの街は華やいだ雰囲気に包まれます。訪れる季節によっていろいろな楽しみ方ができ、そして美しい街並みが旅の想い出を彩ります。

国内旅行におすすめの情報・ツール

プラハへの滞在でホテルをお探しですか?

プラハのお得な格安ホテルをお探しならスカイスキャナーのホテル検索をご活用ください。世界中の大手旅行サイト・ホテル公式サイトの価格をまとめて比較できるので、お得なプラハのホテル・宿・ホステルをご予約頂けます。

人気都市発プラハ行き格安航空券

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。