スカイスキャナー ニュース 雨季のグアム旅行におすすめ!ライセンス不要のダイビングとチャモロビレッジナイトマーケット

すべての記事

雨季のグアム旅行におすすめ!ライセンス不要のダイビングとチャモロビレッジナイトマーケット

常夏のビーチリゾートのグアムは、ほぼ1年中海水浴が楽しめるというイメージがあると思いますが、6月~12月までは雨季でスコールが多いことでも有名な観光地です。毎年たくさんの観光客が訪れるグアムは、地元民族でもあるチャモロ人の文化や食事、建築物も色濃く残り、歴史を感じられる観光地でもあります。

.tftable { font-size: 11px; color: #34363d; width: 100%; border-width: 1px !important; border-color: #fff !important; border-collapse: collapse; } .tftable th { font-size: 11px; background-color: #21C4D9; line-height: 18px; border-width: 1px !important; border-style: solid; border-color: #fff !important; padding: 6px; text-align: left; vertical-align: center; color: #ffffff; } .tftable tr { background-color: #E8EBED; border-width: 1px !important; border-style: solid; border-color: #fff !important; vertical-align: top; } .tftable td { font-size: 11px; line-height: 18px; border-width: 1px; padding: 6px; border-style: solid; border-color: #fff !important; vertical-align: middle; } .tftable tr:hover { background-color: #fff; } .tftable .tfrequirement { font-size: 11px; color: #34363D; background: #83E000; border-width: 1px; border-style: solid; border-color: #fff; vertical-align: top; } .tftable .tableHeader h1 { font-size: 23px; line-height: 26px; color: white; padding: 15px; } h2 { font-size: 1.5em !important; }


今回はグアムの観光・ローカル情報・裏情報などさまざまな情報を発信している地球の歩き方グアムWeb特派員りひゃんさんに、雨季でも楽しめるグアム情報をレポートしてもらいました。

グアム唯一の水族館「アンダーウォーターワールド」で水中散歩

きれいなビーチや古代遺跡巡りを予定していたのにスコールで予定が台無しなんてこともあります。今回ご紹介する観光スポットは、雨を気にせず楽しめるおすすめ施設。約100メートルもの長いトンネル型水槽のある「アンダーウォーターワールド(Under Water World)」です。

アンダーウォーターワールド

水族館鑑賞プラン「オーシャンサファリ」(大人23ドル、子供12ドル)は、海洋生物をたっぷりと堪能できる子供から大人まで楽しめるプランになっています。※ランチ付き、ディナー付などプランにより料金は異なります。

アンダーウォーターワールド | 海ガメやサメを始めとする約80~100種類の魚たち

約300万リットルの海水の入った水槽には、海ガメやサメを始めとする約80~100種類の魚たちが、幻想的な世界を演出しています。超巨大魚も泳いでおり、その大きさに圧倒されてしまいます。

アンダーウォーターワールド

アンダーウォ―ターワールドに来たら、人気の体験型アクティビティ「シートレックヘルメットダイビング」(大人89ドル、子供79ドル)はぜひ体験してみてください。ダイビングといってもライセンス不要で、水着とタオルさえ持参すれば、誰でも気軽に体験できます。

シートレックヘルメットダイビング

荷物もロッカールームに預けることができるので安心。何といってもお化粧したまま、メガネをかけたまま、ダイビングができるのがポイント。レクチャーも日本語なので安心です。重さ約30キロもあるヘルメットを装着し、ゆっくりと水中に潜りますが、浮力でヘルメットの重みは軽減されるので、8歳以上のお子様であればどなたでも体験可能です。

シートレックヘルメットダイビング

常時、スタッフが2名付き添ってくれるので、初めての方でも安心してジャイアントグルーパーやエイ、海ガメなどさまざまな魚達を間近で見る事ができます。水槽の中から水族館に来ているお客さんに手を振ってちょっとしたアイドル気分も味わえたりも。水中散歩は約20分。その間写真や動画も撮影してくれるので、他にはない経験を思い出に残すこともできます。ダイビング終了はシャワーを浴びることができるのも最高です。

水族館「オーシャンサファリ」の鑑賞もセットになったお得なプランです。天気を気にせず楽しめるので、グアム旅行計画の候補にぜひ加えてみてはいかがでしょう。

【データ】 ■アンダーウォ―ターワールド(Under Water World) 住所:1245 Pale San Vitores Road, Tumon, Guam 営業時間:10時~18時(最終入館17時30分) 定休日:なし 電話番号:671-649-9191

※「シートレック」詳細 所要時間:約1時間 料金:大人89ドル、子供79ドル※子供8~11歳、オーシャンサファリ3日間パス付 開催時間:9時~、11時~、16時~(送迎あり)、10時~、12時~、17時~、18時~(送迎なし) 定員:6名

グアムまでの航空券をチェック

毎週水曜夜に開催!地元っこも愛する「チャモロビレッジナイトマーケット」

チャモロビレッジナイトマーケット

次にご紹介するのは、毎週水曜日夜に開催している「チャモロビレッジナイトマーケット」(Chamorro Village Night Market)。場所はマリンコープドライブ(Marine Corps Drive)沿いにあるチャモロ料理で人気のレストラン「PROA」の向かい辺りで開催されている、屋外ナイトマーケットです。タモンからは車が必要ですが「チャモロビレッジナイトシャトル」という、専用送迎バスを利用すると便利です。

チャモロビレッジナイトマーケット | ドラム缶で作られた乗り物

昼間はお土産屋が並ぶのんびりとしたエリアなのですが、水曜夜には100店舗ほどの屋台が並び地元の人と観光客でにぎわいます。また、子供も楽しめる遊具やダンスショー、バンドの生演奏などもあり、日本の縁日やお祭りのようなワイワイした雰囲気で、行くだけでも楽しめます。ドラム缶で作られた乗り物は、グアムのローカルなイベントなどでよく目にします。

チャモロビレッジナイトマーケット | チャモロダンス

広場では地元のダンスグループによる、チャモロダンスも開催。リラックスしたチャモロソングに合わせて、夜風を感じながらローカル気分を存分に味わえます。最近では隔週金曜日にも開催しているそうですよ。まだ水曜日ほど盛り上がってはいないようですが、今後徐々に盛り上がってくる予感です。

チャモロビレッジナイトマーケット | バーベキュー屋台

チャモロビレッジナイトマーケットでローカルにも観光客にも大人気なのが、バーベキュー(BBQ)屋台です。沢山の出店があり味も各店舗こだわりがあるので、ぜひあれこれ食べ比べして自分のお気に入り屋台を見つけてください。おいしい屋台の見分け方ポイントは、長蛇の列。早めに行くことをおすすめします。

チャモロビレッジナイトマーケット | ココナッツの刺身

見た目がちょっと不思議な、こちらの食べ物は「ココナッツ刺身」(5ドル)。

え?ココナッツの刺身?」こちらは割ったココナッツの内側についている、プルプルした食感の果肉に、醤油とワサビを付けてお刺身のような感覚でいただく、グアムのB級グルメです。注文したらその場でココナッツをさばいてくれます。ココナッツのふんわりした甘味と醤油が絶妙に絡み合い、まさかの組み合わせ!という感じです。

チャモロビレッジナイトマーケット | アクセサリー屋

チャモロビレッジナイトマーケットでは食べ物の屋台だけではなく、グアム近海で採れた貝を使用したアクセサリー屋もたくさん出ています。丁寧に手作業で制作されたアクセサリーは、全て1点もので世界にただひとつ。意外と重量があり、お値段も高いものだと100ドル以上します。ローカルもさらりと何気なく身に付けていて、こなれた雰囲気がとても素敵です。ここでしか手に入らない民芸品は、旅の記念にぜひひとつ購入してはいかがでしょうか。

【データ】

■チャモロビレッジナイトマーケット(Chamorro Village Night Market) 営業時間:18時頃~21時30分頃 開催:毎週水曜日、隔週金曜日 料金:入場無料 住所:Paseo Loop, off Marine Corps Dr, Hagatna, Guam
グアムまでの航空券をチェック

筆者ご紹介

地球の歩き方グアムWeb特派員 りひゃん

グアム島内を忙しく駆け回る「人見知りの破天荒フリーライター」。日本で生まれ育った、日本人と韓国人のハーフ。韓国語も話せるバイリンガル。チャモロ人の夫と2016年に結婚しグアムに移住。グアムに一番詳しいライターになって本を出版するのが、近い将来の野望。観光情報、ローカル情報、裏情報など色々な情報を地球の歩き方Web特派員として発信しています。


グアムに関連するおすすめ記事

グアムとサイパンの比較

日本から近くて人気のグアムとサイパン。どちらも日本国籍の人はビサ・そして45日間以下の滞在であればESTAの申請が免除されます (2017年4月時点)。時差は1時間で時差ボケの心配もなく綺麗なビーチが楽しめる南国の旅行先。どちらも魅力的な島ですがどんなところが違うのでしょう?比較してみましょう!

あなたはハワイ派?グアム派?

日本人のリゾートで有名なハワイとグアムですが、まだ行ったことのない人にとっては一体何が違うのでしょうか?そんな2つの島を比較してみました!

常夏のグアムで地元っ子おすすめ!人気上昇中のアクティビティとフードスタンド

日本からフライトたった3時間半で到着する常夏の楽園グアム。家族みんなで楽しめるアクティビティとグアムの最新グルメ情報を現地特派員がレポート。

海外旅行で気を付けたい!入国・出国に必要なパスポートの残存有効期間

旅の達人でも意外と忘れがちなのがパスポートの残存有効期間。グアムへの入出国では帰国時まで有効な期間があれば大丈夫です。気になる方はあらためてチェックしましょう。

地図