スカイスキャナー ニュース 旅のインスピレーション 野外フェスの季節がやってきた!

すべての記事

野外フェスの季節がやってきた!

毎年行われる定番のモノから、新しく開催されるものまで、日本でも本当にさまざまなフェスティバル(フェス)が行われるようになりました。お酒や音楽を楽しむフェスだけでなく、キャンプなどアウトドアアクティビティをみんなで一緒にエンジョイできるフェスもあります。今回は、行った人だけがその気持ち良さ、おもしろさ、楽しさがわかる、そんなフェスを3つご紹介!

FUJI ROCK FESTIVAL 2016

リンク:http://www.fujirockfestival.com/

開催日:7月22日(金)、23日(土)、24日(日) 開場:開場9:00、開演11:00、終演予定23:00 開催地:新潟県湯沢町苗場スキー場 入場料:1日券17,000円~19,000円

もはや説明不要のフジロック。今年は20周年というアニバーサリーでもあり、RED HOT CHILI PEPPERS、BECK、SIGUR RÓSなど、その豪華な出演アーティストも注目です。フジロックは「世界一クリーンなフェス」と世界から高い評価を受けていることをご存知ですか?「自然と音楽の共生」をテーマとし、会場では徹底的なゴミのリサイクルが行われています。苗場の大自然の中(森や川もあり!)芝生に座って夕暮れ時にビール片手に大好きな音楽を聴ける、一度行くと来年も必ず戻って来たくなる、そんなフェスです!パパママにはキッズエリアも用意されていて、文字通りおとなから子どもまでみんなが笑顔になれるフジロック。全国26都市からの直行ツアーも用意され、遠方からの移動も比較的楽にできますが、毎年、苗場の近くで宿泊先を探すのもタイヘン。そんな方にはキャンプエリアがおすすめ!(情報:FUJI ROCK FESTIVAL公式ウェブサイトより)

新潟行き航空券を確認

FUJI ROCK FESTIVAL
Photo credit: takako tominaga / Flickr

サマーソニック

リンク:http://www.summersonic.com/2016/ 開催日:8月20日(土)、21日(日) 東京会場:開場9:00、開演11:00/大阪会場:開場10:00、開演11:00 東京開催地:QVCマリンフィールド&幕張メッセ/大阪開催地:舞洲サマーソニック大阪特設会場 入場料:東京1日券16,500円、大阪1日券14,000円

2000年に始まったサマーソニック(サマソニ)は、東京や大阪など大都市からのアクセスがとっても便利な都市型フェスティバル。屋内会場メインで行われるため、天候に左右されたり、移動に時間やコストがかかることがありません。今年の出演アーティストは、UNDER WORLD、FERGIE、RADIO HEAD、サカナクションなどなど。毎年トリを飾るアーティストのライブでは花火が打ち上げられ、真夏の夜空に最高の演出をしてくれます。現在、グッズ付きの1日券、2日券が先行予約受付中。(情報:サマーソニック公式ウェブサイトより)

東京行き航空券を確認

大阪行き航空券を確認

GO OUT JAMBOREE 2016

リンク:http://www.gooutcamp.jp/

開催日:4月15日(金)前夜祭~17日(日) 開場:開場15日15:00~終演17日16:00 開催地:ふもとっぱら(静岡県富士宮市麓156) 入場料:前夜祭入場券 ¥1,000~

これまでご紹介した2つのフェスと趣を異にするのが、富士山の麓に位置する人気キャンプ場でファッション・アウトドア・ライフスタイル雑誌「GO OUT」が開催するキャンプイベント、GO OUT JAMBOREEです。2008年から開催され、現在は人気ブランドの特別ブースから飲食ブースそしてワークショップまで、人気アーティストのライブ以外にも見どころ満載。キャンプ場にはファミリーサイトもあるので家族連れの方も安心です。ただ標高750mの場所にあり、朝方は特に冷え込むので体温調整のできる格好で行くことをお勧めします。(情報:GO OUT CAMP 公式ウェブサイトより)

静岡行き航空券を確認

いかがでしたか?今年、フェスデビューを考えているみなさん、しっかり情報収集、事前準備をして、安全で快適なフェスを楽しんでくださいね。宿泊先を探しているみなさんは早速スカイスキャナーのホテル検索で一括して比較してみては?最も安い価格で予約することができますよ。