スカイスキャナー ニュース 深まる秋に訪れたい紅葉露天風呂が楽しめる宿4選

すべての記事

深まる秋に訪れたい紅葉露天風呂が楽しめる宿4選

気温がグッと下がり、温泉が恋しくなる晩秋。今回は美しい紅葉を臨む露天風呂で注目の宿を4つ厳選してご紹介します。赤やオレンジに染まった木々をめでながらの温泉は身体も心も癒してくれそうです。

※新型コロナウイルス感染症の影響により、自治体によっては住民の移動や観光客の受け入れに関して制限を設けたり、自粛を要請したりしている場合があります。方針は随時変更されます。旅行の際は、出発地・目的地の各自治体の公式サイトで最新のガイドラインをご確認ください。

※記事内の航空券価格は、スカイスキャナーから「最安値の月」で検索した際の最低価格です(羽田/成田空港発、エコノミークラス大人 1 名、 往復便)。2020 年10月7日時点の検索結果に基づいており、価格は随時変動しています。

1. 匠の技を用いてつくられた檜露天風呂|宇奈月温泉「延楽」(富山県)

黒部峡谷の玄関口にあり、富山県随一の規模を誇る宇奈月温泉は、全国的にも珍しい7キロメートルにもおよぶ引湯管を使った引湯として知られています。黒部川の清流を思わせる無色透明の湯は、日本一の透明度ともいわれ、肌に優しい弱アルカリ性の単純温泉で、源泉温度は約90度と高く、体の芯から温まります。

そんな温泉に浸りながら、紅葉絶景を眺められる露天風呂があるのは、温泉旅館「延楽」です。ここには、清々しい香りと光沢感を帯びた樹齢400年の檜を贅沢に使い、額縁に見たてた檜の枠から見える峡谷と湯鏡に映り込む景色が最も美しく見えるよう、宮大工の匠の技を反映した露天風呂「華の湯」があります。秋が深まると、まるで絵画のような艶やかな紅葉を望むことができます。

富山県黒部市・延楽
華の湯
© 宇奈月温泉 延楽
富山県黒部市・延楽
樹齢400年檜の露天風呂
© 宇奈月温泉 延楽
富山県黒部市・延楽
絵画のような艶やかな紅葉
© 宇奈月温泉 延楽

露天風呂付き客室に宿泊すれば、黒部峡谷の秋景色をのんびりと上質な湯に包まれながら鑑賞でき、特別なひとときを過ごせます。磨き上げられた伝統の技を駆使した富山ならではの秋の味覚を堪能できるのも魅力です。

【ホテル情報】
延楽
富山県黒部市宇奈月温泉347-1
https://www.enraku.com/

2. 谷底にある源泉かけ流しの露天風呂|祖谷温泉「ホテル祖谷温泉」(徳島県)

かつて平家が源氏との戦いに敗れ、身を隠したといわれている祖谷は、切り立った山々が連なり、まるで日本のチベットのような神々しい光景が見られる、日本三大秘境のひとつです。この地に佇む一軒宿 「祖谷温泉」。こちらの宿の谷底にある露天風呂へは傾斜角42度の断崖をケーブルカーに乗って降りていきます。

徳島県三好市・ホテル祖谷温泉
露天風呂へ降りるケーブルカー
© ホテル祖谷温泉

紅葉の季節になると、エメラルドに光る祖谷川の水面から山頂に至るまで綾錦をまとい、露天風呂からも雄大な自然が織りなす見事な秋景色を眺めることができます。2つある露天風呂、「せせらぎの湯」と「渓谷の湯」は1日交代の男女入れ替え制となっており、宿泊すると朝夕で趣の異なる秋化粧を楽しめます。白い湯の花が浮かぶ源泉掛け流しの湯に浸りながら、至福の時間を過ごせそうですね。

徳島県三好市・ホテル祖谷温泉
せせらぎの湯
© ホテル祖谷温泉
徳島県三好市・ホテル祖谷温泉
渓谷の湯
© ホテル祖谷温泉

よりゆっくりと渓谷の紅葉を満喫したいのなら、貸切露天風呂「やまぎりの湯」の予約を。あふれ出る源泉かけ流しの温泉を60分間独占できますよ。お風呂上がりに渓谷沿いに設けられた「まどろみの畔」でしばし寛ぐのも良さそうです。

【ホテル情報】
ホテル祖谷温泉
徳島県三好市池田町松尾松本367-28
https://www.iyaonsen.co.jp/

3. 日本三代美人の湯の紅葉露天|湯瀬温泉「湯瀬ホテル」(秋田県)

盛岡と十和田湖のほぼ中間に位置する湯瀬温泉は、川の瀬から湯が湧いたことから「湯瀬(ゆぜ)」と名付けられた温泉です。湯量が豊富で肌に優しい泉質が特徴で、「日本三大美人の湯」として知られています。何度も入浴することで、肌が潤い、みずみずしくなると評判なのだとか。

新観光秋田30景に選ばれた風光明媚な「湯瀬渓谷」沿いにある「湯瀬ホテル」は、米代川源流のせせらぎを眼前にした露天風呂からの眺望が素晴らしい温泉旅館。秋になると、渓流のせせらぎを聴きながら、モミジやカエデなどが鮮やかに染まる様を眺めることができ、まるで自然に抱かれているような心地よさを体験できます。男性専用の「仙人の湯」、女性専用の露天風呂「美人の湯」、地元産の木材が使われている半露天風呂「せせらぎの湯 和(なごみ)」があり、いずれも開放的なつくりになっていて、渓谷の紅葉を一層間近に感じられますよ。

秋田県鹿角市・湯瀬ホテル
仙人の湯の露天風呂
© 湯瀬ホテル
秋田県鹿角市・湯瀬ホテル
美人の湯
© 湯瀬ホテル
秋田県鹿角市・湯瀬ホテル
せせらぎの湯 和
© 湯瀬ホテル

自然庭園を一望できるラウンジで、フリードリンクを楽しみながら、紅葉を愛でるのもまた一興。地元鹿角が発祥といわれている「きりたんぽ鍋」、日本三大地鶏に数えられる「比内地鶏」など地元の食材をふんだんに使った料理に舌鼓を打てるのも、醍醐味のひとつです。

【ホテル情報】
湯瀬ホテル
秋田県鹿角市八幡平字湯瀬湯端43
https://www.yuzehotel.jp/spa.html

4. まるで絵画のような紅葉露天|高山 龍神温泉「龍リゾート&スパ」(岐阜県)

標高1,000メートルの高原に建つ「龍リゾート&スパ」は、飛騨の豊かな自然に囲まれたロケーションで四季折々の自然美を堪能できるリゾートホテル。『究極の源泉宿73』(祥伝社新書)のベスト10にも選ばれています。展望露天風呂から見える紅葉風景は格別。日中はまるで1枚の絵画のような青空に映える紅葉を眺めながら、源泉かけ流しの湯を楽しめます。

岐阜県高山市・龍リゾート&スパ
露天風呂
© 龍リゾート&スパ

また浴槽サイズにこだわりも。浴槽を大きくしようとすると加水や循環が必要となるため、あえて浴槽をあまり大きくせず、源泉100%の新鮮な温泉水を浴槽に注ぎ込んでいるのだそう。目の前に広がる紅葉を眺めながら、純度100%の天然温泉に浸かり、贅沢な時間を過ごしたいですね。

岐阜県高山市・龍リゾート&スパ
1枚の絵画のような紅葉を眺められる
© 龍リゾート&スパ
岐阜県高山市・龍リゾート&スパ
温泉は源泉100%掛け流し
© 龍リゾート&スパ

また館内にある「星降るバー」はロマンチックなムード満点!日が暮れると、深い夜の森から紅葉が浮き出るようにライトアップされ、非日常の空間でお酒を味わえます。周辺には東京ドーム6個分の「壮川の森」があり、黄色い絨毯がどこまでも広がっているので、チェックイン後に散歩がてら、紅葉狩りに出かけるのも良さそうですね。

【ホテル情報】
龍リゾート&スパ
岐阜県高山市荘川町新渕892-11
http://www.ryuresort.jp/


秋の自然を満喫したくなったら、見事な紅葉を眺めながら、のんびりと温泉に浸かれる露天風呂がある宿を訪れてみませんか。

地図