スカイスキャナー ニュース グラデーションの桜が絶景!春の吉野山「一目千本」

すべての記事

グラデーションの桜が絶景!春の吉野山「一目千本」

シロヤマザクラを中心に約200種・約3万本の桜で山々が彩られる奈良県にある吉野山は、古くから「一目千本」と称えられるほどに多くの桜が咲き誇る桜の名所です。一度は見ておきたい桜の名所、吉野山の桜情報と名物グルメ、名産品などについて、「地球の歩き方ニュース&レポート」編集部に紹介いただきます。

吉野山の桜の見どころ、見頃は?

約200種・約3万本の桜で山々が彩られる「吉野山」ですが、下千本(しもせんぼん)、中千本(なかせんぼん)、上千本(かみせんぼん)、奥千本(おくせんぼん)と呼ばれるエリアに大別されます。吉野山の玄関口、近鉄の吉野駅周辺の標高の低い部分が下千本で、一番標高の高い部分が奥千本となっています。例年4月上旬頃に下千本から桜の開花が始まり、下、中、上、奥へと桜の彩りが上がっていきます。

関西の桜の名所、吉野山

下千本の標高は約230メートルから350メートルで、下千本と奥千本の標高差は500メートル以上もありますので、エリアごとに気温が異なること、さらに桜の品種によって開花時期が異なることなどもあることから、約1ヶ月間と長期に渡ってお花見を楽しむことができるのが吉野山の桜の大きな特徴です。中でも、中千本の桜が見頃を迎える時期がベストなお花見タイミングといわれているそうで、4月10日前後が訪問時期の目安となりそうです。ただし、吉野に限りませんが、桜の開花や満開までのスピードは、天候に大きく左右されますので、最新の開花状況を調べた上で訪問したいところです。

【スポット情報】 吉野山 住所:奈良県吉野郡吉野町吉野山 桜の見頃:例年4月上旬頃から約1ヵ月間 ※天候によって大きく前後する場合があります。

関西国際空港行きの航空券をチェックしてみる

下千本の名所と世界遺産・金峯山寺

標高約230メートルから350メートルの下千本エリアは、近鉄吉野駅が起点となります。吉野山のシンボル、世界遺産の金峯山寺(きんぷせんじ)蔵王堂、桜の絶景が広がる「七曲り坂」や下千本展望所などの桜の見どころスポットがあります。

吉野山の絶景

下千本といえば、世界遺産・金峯山寺への参拝は外せません。開祖とされ、超人的な能力を持っていたという役小角(えんのおづぬ)が、7世紀後半に厳しい修行で知られる「千日修行」で「金剛蔵王権現」という仏様を出現させ、その姿を山桜に刻んで吉野山に祀ったことが金峯山寺のはじまりだそうです。2004年に「紀伊山地の霊場と参詣道」のひとつとして、金峯山寺本堂蔵王堂と仁王門が世界文化遺産に登録されました。  境内の「脳天大神龍王院」は、頭脳の守護神ということで、「合格祈願」などに多くの参拝客が訪れます。また、国宝の本堂(蔵王堂)は、安土桃山時代に完成したという木造の建築物で、東大寺大仏殿に次ぐ規模を誇ります。荘厳な木造建築と桜のコラボレーションは、見事です。

関西国際空港行きの航空券をチェックしてみる

中千本の名所と吉野名物「葛きり」

山腹を埋め尽くす桜
標高約350メートルから370メートルの中千本エリアは、『太平記』ゆかりの如意輪寺、世界遺産・吉水神社、義経伝説で有名な勝手神社などがあります。如意輪寺付近から上千本方向に向けてシャッターを切ると、山腹を埋め尽くす絶景の桜の眺めを撮影することができるでしょう。また、如意輪寺の境内にある、樹齢150年を超える枝垂桜も必見です。さらに、吉水神社付近では、「一目千本」の看板があり、そこからの桜の眺めもすばらしいです。桜越しに金峯山寺蔵王堂などをカメラのフレームに収めることが出来るでしょう。

吉野の名物「葛きり」

さらに、中千本エリアでは、桜をモチーフにした土産物を扱う店舗、吉野の名物である「葛きり」が楽しめる茶処などもあります。吉野といえば、「葛」が名物ですから食べていかないわけにはいきません。葛は、花が美しいだけではなく、茎は強い繊維を利用した葛布に、根に含まれる澱粉が「葛粉」になるというマメ科のツル性植物です。葛粉は希少性が高く、市販の「葛餅」は小麦粉から出来ていたりするのですが、「吉野本葛」で作られた本場の葛きりを現地でご賞味ください。

関西国際空港行きの航空券をチェックしてみる

吉野山のベストビューポイント・上千本

「花矢倉展望台」からの絶景(朝)
標高約370メートルから600メートルの上千本エリアは、「花矢倉展望台」からの眺望が外せません。吉野の桜といえば、この展望台からの写真が利用されることも多く、下千本から中千本の桜、金峯山寺・蔵王堂が眼下に広がるフォトジェニックなスポットです。吉野の桜の絶景を見るために、足を伸ばしたいベストビューポイントです。

「花矢倉展望台」からの絶景(夕刻)

早朝の靄がかかった桜、昼前後の美しい桜色と緑のパッチワークを広げたような風景、夕方頃の黄昏とライトアップされた夜桜・・・。どの桜にしましょうか!?

桜色と緑のパッチワークのよう

関西国際空港行きの航空券をチェックしてみる

神秘的な雰囲気が広がる奥千本

標高約600メートルから750メートルの奥千本エリアは、最も桜の開花の遅い場所となります。世界遺産・金峰神社のすぐ脇にあり、源義経が身を隠していたとされる「義経の隠れ塔」、平安時代から鎌倉時代に活躍した歌人・西行法師が住んでいた「西行庵」、世界遺産・水分神社などがあります。神秘的な雰囲気のなか、心が落ち着くスポットが点在しています。山奥でひっそり咲く桜を愛でる、「通好み」のエリアではないでしょうか。

吉野の名物といえば?

吉野名物「柿の葉すし」
吉野の名物、名産品として「葛」を紹介しましたが、ほかにもあります。グルメで外せないのは、昭和の文豪・谷崎潤一郎も絶賛したという「柿の葉すし」です。「柿の葉すし」は、吉野に隣接する五條市が全国有数の柿の名産地となっていることから柿の葉でひとくち大の酢飯に鯖や鮭などの切り身と合わせて包んだ寿司として有名です。古の吉野の山間部で、冷蔵設備がなくても食品の保存性が高められる(柿の葉には、抗菌作用があるといわれています)工夫・知恵として200年以上も愛され続けている郷土料理なのです。

吉野の和紙を作る工房が点在
同じく、谷崎潤一郎が小説『吉野葛』の中で記したという「和紙」も名産品です。吉野での和紙の歴史は、672年に起きた壬申の乱にまでさかのぼるといいます。今でも和紙の原料となる楮(こうぞ)が栽培され、和紙づくりが行われています。

関西国際空港行きの航空券をチェックしてみる

吉野へのアクセス方法

近鉄吉野駅が吉野山への玄関口となります。近鉄吉野駅には、大阪・阿部野橋駅から近鉄特急で約1時間15分です。最寄りの空港となる関西空港からのおもなアクセス方法は、以下の2パターンとなります。

≪1≫関西空港→大阪・阿部野橋→吉野 約2時間10分 関西空港からJRの特急「はるか」号に乗車(約30分、2,030円)し、天王寺駅で下車します。JRの天王寺駅と近鉄南大阪線(近鉄吉野線へ直通運転)の阿部野橋駅は近接していますので、徒歩での乗換えとなります。大阪・阿部野橋駅からは吉野駅へ直通する近鉄特急に乗車(約1時間15分、1480円)します。トータルで約2時間10分(3,510円)となります。関西空港と天王寺駅を結ぶ特急「はるか」号は、1時間に1~2本、大阪・阿部野橋から吉野駅方面の特急も1時間に1~2本の運行があります。

なお、運賃のほかに特急料金が必要な特急列車を使わず、運賃だけで利用できるJRの「関空快速」、近鉄の急行列車を利用する場合は、所要時間約2時間30分、2,030円となります。

関西空港からのアクセス
≪2≫関西空港→大和八木→橿原神宮前→吉野  関西空港から近鉄の大和八木駅までリムジンバスを利用するプランです。関西空港から大和八木駅行きのリムジンバスに乗車(約1時間20分、1,950円)し、大和八木駅で京都駅と橿原神宮前(かしはらじんぐうまえ)駅を結ぶ近鉄橿原線にのり乗り換えます。近鉄橿原線の橿原神宮前行き普通列車に乗車(約6分)し、橿原神宮前駅で近鉄吉野線の吉野行き普通列車に乗り換え(約50分、大和八木駅から通しで520円)となります。トータルで約2時間30分(2,470円)となります。関西空港と大和八木駅を結ぶリムジンバスは、1日に13本程度の運行があります。

関西国際空港行きの航空券をチェックしてみる

昔から人々に親しまれ、豊臣秀吉も愛した関西の桜の名所、古都・奈良の吉野山へ出かけてみませんか。

※料金や交通機関情報は全て2018年2月現在のものです。

吉野山観光協会ホームページ (吉野山の概要、エリアマップ、開花情報などを掲載) 住所:〒639-3115 奈良県吉野郡吉野町吉野山2430 電話番号:0746-32-1007

あわせて読みたい

明治維新から150年!いま薩摩の国「鹿児島」が熱い!【前編】

2018年NHK大河ドラマ『西郷どん』で話題の鹿児島市の市街地エリアには、明治維新の功績を残した偉人たちの史跡がたくさんあります。イマ注目が集まる、西郷隆盛ゆかりの地をご紹介します。

春よ来い!約1,500本もの梅の花が咲き誇る京都・北野天満宮

菅原道真公を祭る「北野天満宮」では、春の訪れとともに約1,500本もの梅の花が咲き乱れます。梅の名所としても名高い「北野天満宮」をご案内します。

地図