地図

福岡 (FUK) 発 - バンコク (BKK) 行きの飛行機・格安航空券の検索

おすすめの直前予約割引航空券

どこかに出かけてみませんか?今からでも間に合います。直前予約が可能なバンコク行きのおすすめ航空券をご紹介します。
過去14日間で見つかった最安の概算価格を表示しています。

福岡発 - バンコク行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥17,649

直行便航空会社

2

週の便数

7

平均飛行時間、合計距離3725 km

5 時間 20 分

先月の最も人気の航空会社

タイ国際航空

バンコク スワンナプーム国際およびバンコク ドンムアン

2 空港

よくある質問

バンコクには 2 つの空港があります。バンコク スワンナプーム国際とバンコク ドンムアンです。
スカイスキャナーで見つけた福岡からバンコクまでの最安フライト料金は、¥17,649です。これは各航空会社を総合して見つけた料金で、当月で最も安い金額です。
福岡からバンコクまでの平均フライト時間は5 時間 20 分です。
福岡からバンコクまで直行便を出しているエアラインは、2 社あります。
12月時点では、福岡からバンコクまでは毎週 7 本のフライトがあります。

福岡からバンコク行き ルートの基本情報

バンコクにはスワンナプーム国際空港ドンムアン空港の2つの空港があり、福岡空港からはスワンナプーム・ドンムアンの両空港に毎日直行便が就航しています。福岡からは5時間20分~55分でバンコクに到着。フルサービスキャリアのフライトではビジネスクラスも選択できます。

福岡-バンコク 直行便を就航する主な航空会社・LCC

福岡-スワンナプーム行き タイ国際航空
福岡-ドンムアン行き タイ・ライオン・エア

タイ国際航空はスワンナプーム国際空港を拠点にグローバルにネットワークを展開するタイのフラッグキャリアです。最新鋭機を積極的に導入し、キャビンの快適性や安全性においても高い評価を受けています。エコノミークラスのサービスにも定評があり、スカイトラックス (Skytrax) よりワールド・ベスト・エコノミークラスを受賞。スターアライアンス (Star Alliance) の創設メンバーで、アライアンスパートナーとのコードシェア提携や空港ラウンジ施設の共用などシームレスなサービスを展開しています。
タイ・ライオン・エアはインドネシアのLCCライオンエアの子会社です。バンコク・ドンムアン空港を拠点に東南アジアへの国際線を開設。2018年に日本に初就航し、福岡空港のほか成田・中部・関西に乗り入れています。シートモニター付きの座席やプレミアムエコノミークラスを設置し、LCCでありながらもゆとりのあるシートでくつろげます。

定期便の便数

福岡-スワンナプーム行き タイ国際航空:1便
福岡-ドンムアン行き タイ・ライオン・エア:1便

タイ国際航空・タイ・ライオン・エアともにデイリー運航です。タイ国際航空便はアライアンスパートナーであるANAとのコードシェア提携により、ANA便名でも予約可能。福岡空港ではANA国内線からの乗り継ぎも便利です。タイ・ライオン・エアは曜日によって発着時間が異なるため、航空券を予約時に最新ダイヤを確認しましょう。

直行便以外のアクセスルート

福岡からバンコクまでは直行便を利用するのが一般的です。ソウルや台北で飛行機を乗り継ぐルートも選択できますが、移動に時間がかかり航空券代も高くなるパターンが多いので、直行便を選択のほうが時間・費用の両面で効率がよく便利です。

路線の概要・メリット

福岡空港発-バンコク行き航空券の相場
シーズナリティによって価格の変動があり、大型連休や夏休みは相場が高くなります。フルサービスキャリアとLCCが就航し、スケジュールや予算にあったフライトが選択可能。LCCのフライトは片道15,000円前後、往復30,000円台が相場。フルサービスキャリアの場合は往復50,000円台の航空券もあり、早期に予約をすれば割引率の高い運賃が適用されます。

路線の特徴
ビジネス・観光ともに需要の高い路線で、年間を通して多くの人が利用しています。タイ・ライオン・エアの就航により格安航空券の利用機会が増えたことで、気軽にバンコクまで出かけられるようになりました。バンコクで国内線に乗り継いで、プーケットやサムイ島にもスムーズに移動できます。

発着空港の概要

福岡空港
福岡空港は九州で最も大きな規模の空港で、国内線28路線 (季節運航便を含む) ・国際線23路線の定期便が発着しています。国際線は成田・関西・羽田についで利用者が多く、年間旅客数は630万人です。地理的に韓国・中国・台湾といった東アジア諸国に近いことから格安航空会社の就航数も増え、日本から海外への旅行需要喚起にもつながっています。国際線の定期便はアジア線がメインですが、グアム・ホノルル・ヘルシンキ (季節運航) への直行便も就航。今後も国際線の就航路線拡大が予定されています。国内線と国際線ターミナルが離れているため、乗り継ぎの場合は時間に余裕をみておきましょう。

スワンナプーム国際空港・ドンムアン国際空港
スワンナプーム国際空港は、タイ最大規模の空港で東南アジアのハブ空港としても機能しています。タイ国際航空やバンコクエアウェイズは、スワンナプーム国際空港を拠点に路線ネットワークを展開。国内線・国際線共用の空港ターミナルは7つのコンコースによって構成されています。ドンムアン空港は国内外の主要都市とバンコクを結ぶ定期便が発着。タイのLCCの多くがドンムアン空港を拠点とし、アジア線を中心に国際線の就航数も増えています。2019年2月よりスワンナプームやドンムアン空港をはじめタイ国内の6空港は全面禁煙化がスタート。空港内の喫煙所は閉鎖され、屋外での喫煙も禁止されているので注意しましょう。

市内中心部-空港間のアクセス方法

福岡空港
福岡空港は福岡市中心部にある都市型空港で、空港へのアクセスが便利な空港です。国内線旅客ターミナルに地下鉄が乗り入れ、博多や天神などの主要スポットからは15分圏内。バスを利用する場合はキャナルシティ博多・天神市役所前・ヒルトン福岡シーホークといった市内主要スポットから空港まで路線バスが運行しています。小倉・大牟田・久留米といった県内主要都市と空港を結ぶ高速バスも利用できるので便利です。タクシーの場合は、博多駅から空港まで約20分で移動できます。

スワンナプーム国際空港・ドンムアン国際空港
スワンナプーム国際空港はバンコク中心部から約30km東にあり、空港から市内まではエアポートレールリンク (Airport Rail Link) ・バス・車が主な交通手段です。エアポートレイルリンクは空港とパヤー・タイ駅を約30分で結んでいます。エアポートバスは、カオサン通り行きのS1路線が20~30分間隔で運行。空港から市内までの所要時間は60~90分ですが、渋滞と重なるとさらに時間がかかるので余裕をもって行動しましょう。ドンムアン空港から市内へはA1・A2バスを利用し、モーチット駅からBTS (高架鉄道) を利用すると中心部までスムーズに移動できます。配車サービスを利用する場合、Uberはタイでのサービスを終了しましたが、Grabは引き続き利用可能です。

(2019年3月時点の情報)

海外旅行・国際線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。