地図

関西国際空港 (KIX) 発 - マニラ (MNL) 行きの飛行機・格安航空券の検索

おすすめの直前予約割引航空券

どこかに出かけてみませんか?今からでも間に合います。直前予約が可能なマニラ行きのおすすめ航空券をご紹介します。
過去14日間で見つかった最安の概算価格を表示しています。

大阪 関西国際発 - マニラ (ニノイ・アキノ)行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥15,737

直行便航空会社

5

週の便数

22

平均飛行時間、合計距離2637 km

4 時間 0 分

先月の最も人気の航空会社

セブパシフィック航空

マニラ (ニノイ・アキノ)

1 空港

よくある質問

マニラ (ニノイ・アキノ)には 1 つの空港があります。マニラ (ニノイ・アキノ)です。
スカイスキャナーで見つけた大阪 関西国際からマニラ (ニノイ・アキノ)までの最安フライト料金は、¥15,737です。これは各航空会社を総合して見つけた料金で、当月で最も安い金額です。
大阪 関西国際からマニラ (ニノイ・アキノ)までの平均フライト時間は4 時間 0 分です。
大阪 関西国際からマニラ (ニノイ・アキノ)まで直行便を出しているエアラインは、5 社あります。
8月時点では、大阪 関西国際からマニラ (ニノイ・アキノ)までは毎週 22 本のフライトがあります。

関西国際空港からマニラ行き ルートの基本情報

関西国際空港からフィリピンの首都マニラへはフィリピン航空のほか、LCC2社が就航しています。格安航空券が利用できるので、LCCのフライトは年間を通して需要の高い路線です。フィリピン経済の急速な発展にともなう日本企業の進出も多く、出張など業務での渡航も伸びています。

関西国際空港 (KIX) -マニラ 直行便を就航する主な航空会社・LCC

フィリピン航空セブパシフィック航空ジェットスターアジア航空フィリピン・エアアジア

フィリピン航空はニノイ・アキノ国際空港をメインハブとし、フィリピン国内をはじめ、アジア・オセアニア・北米路線を中心に路線ネットワークを展開するフィリピンのナショナルフラッグです。フィリピンの航空会社として初めてスカイトラックス (Skytrax) より4スターを獲得。サービスのクオリティも高く、関西-マニラ線はビジネスとエコノミーの2クラス運航です。セブパシフィック航空とジェットスターアジア航空のLCC2社はアジアを中心に運航をしているLCCで、格安航空券を利用できます。セブパシフィック航空はマニラを拠点とするフィリピンで最大規模の航空会社です。フィリピン・エアアジアは2019年7月より関西-マニラ線に就航します。

定期便の便数

フィリピン航空:週14便、セブパシフィック航空:週7便、ジェットスターアジア航空:週4便、フィリピン・エアアジア:週7便

フィリピン航空はデイリー運航の午後便のほか、午前便を週4便、台北経由便を週3便設定しています。セブパシフィック航空便はマニラ到着が深夜になるので、到着後の移動手段も事前に調べておきましょう。ジェットスターアジアとフィリピン・エアアジアは午後便の設定です。

直行便以外のアクセスルート

関西-マニラ線は直行便を利用するのが一般的です。他の空港で乗り継ぐ場合は、ソウル・台北などでの乗り継ぎが可能ですが、航空券の価格が安くてもマニラ到着が深夜になるフライトや乗継地で荷物の預け直しが必要な場合もあるので航空券の利用条件を調べておきましょう。

路線の概要・メリット

関西国際空港発-マニラ行き航空券の相場
年間を通して航空券の相場が安定している路線のひとつです。LCCでは需要動向に応じた運賃を設定しているので、連休や週末はやや相場が高くなります。通常期のエコノミークラス往復航空券は19,000~23,000円台が相場で、リーズナブルです。

路線の特徴
関西-マニラ線はビジネス・旅行いずれも年間を通して人気の高い路線です。フィリピンの経済成長によってマニラや周辺都市に進出する日本企業も増えていることから、フルサービスキャリアのフライトでは出張での利用が多いのも特徴です。またフィリピンではリゾート地もたくさんあり、マニラ経由で離島行きのフライトを利用する人も少なくありません。

発着空港の概要

関西国際空港
関西国際空港は、成田空港・中部国際空港と同じ国際拠点空港として位置づけられ、年間旅客数は約2,800万人です。24時間空港で2つのターミナルによって構成されています。国内線・国際線ともにLCCの就航が多いのが特徴で、国際線旅客便のうち約4割はLCCの運航便。第2ターミナルはLCC専用ターミナルで、出発時の混雑を緩和するため、手荷物検査場にはスマートレーンが導入されています。ウォークスルー型免税店で旅客導線上にショップを配置し、機能的なターミナル設計です。スカイトラックス (Skytrax) の格付けで「ベスト・ローコスト・ターミナル 2019」を受賞。空港内のレストランではお好み焼きや豚まんなど大阪のご当地グルメも充実しています。

ニノイ・アキノ国際空港
ニノイ・アキノ国際空港はフィリピンの首都マニラにある国際空港で、日本から直行便が就航しています。フィリピン航空とセブパシフィック航空はニノイ・アキノ国際空港を拠点にアジアを中心としたネットワークを展開。4つの旅客ターミナルから成り立っていますが、乗り継ぎの利便性などはあまり考慮されていないため、ターミナル移動を伴う乗り継ぎには時間に十分ゆとりをもたせておく必要があります。空港内はエアラインラウンジのほかプライオリティパスで利用可能なラウンジも各ターミナルに開設されているので、出発前や乗り継ぎ時の待ち時間に利用可能です。ターミナル3から歩いて数分のところに「Resort World Manila」というショッピングセンターがあり、買い物やグルメも楽しめます。

市内中心部-空港間のアクセス方法

関西国際空港
関西国際空港は大阪湾上の人工島に建設された海上空港で、大阪市内や関西主要都市からは鉄道・リムジンバス・車・高速船が主なアクセス手段です。旅客ターミナルの正面にはJR・南海の関西空港駅があり、JR特急はるかを利用すると新大阪駅から約50分、京都駅から約75分で空港駅に到着します。なんばからは南海ラピートが運行し、最短34分で空港にアクセス可能です。空港行きのリムジンバスは、大阪駅 (梅田) ・近鉄上本町・なんばOCAT・あべのハルカス (あべの橋) から乗車できます。また神戸空港と関西国際空港を約30分で運航する高速船 (ベイ・シャトル) も神戸方面やポートアイランドからの移動に便利です。

ニノイ・アキノ国際空港
ニノイ・アキノ国際空港は市内中心部から約5kmに位置しています。市内までダイレクトにアクセス可能な鉄道や地下鉄が開通していないので、都心部まではタクシーとレンタカーが主な交通手段です。タクシーはエアポートタクシー (黄色の車体) の利用をおすすめします。料金はメーター制ですが、念のため乗車後にメーターのスイッチがONになっているかを確認しましょう。レンタカーは、事前に予約をしておくとスムーズに借りられます。空港から市内までは早ければ30分ほどでアクセス可能ですが、マニラは交通量が多く渋滞が慢性化しているため、時間には余裕をみておきましょう。

(2019年5月時点の情報)

海外旅行・国際線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。