地図

ワーラーナシー(VNS)行きの格安航空券・飛行機・LCCの検索

ワーラーナシー行き格安航空券はスカイスキャナーで

ワーラーナシー行きの航空券の価格を比較し、格安で手に入れるためにはスカイスキャナーを活用してください。スカイスキャナーでは、600社以上の主要航空会社・旅行代理店が取り扱う航空券を比較し、お客様に最安値の航空券情報を提供。上記の検索ボックスに日付を入力すると、指定した日程で、ワーラーナシー行き最安値航空券を見つけることができます。

ヒンドゥー教の一大聖地ワーラーナシー

ワーラーナシーは、インドのウッタル・プラデーシュ州ワーラーナシー県の県都。ガンジス川沿いに位置し、ヒンドゥー教の一大聖地として、インド国内外から多くの信者、巡礼者、観光客を集める同国最大の宗教都市です。かつては英領植民地時代に制定された英語表記の誤読により「ベナレス」とも日本語で称されていました。空の玄関口であるワーラーナシー空港は市中心部から北西に25キロ地点に位置。国内線が中心となっており、 デリーアーグラジャイプルなどからの定期航路が運行。国際線ではネパールのカトマンズからの便が運航しています。

「インドのなかのインド」と形容されるワーラーナシー

ワーラーナシーは、まさに「インドのなかのインド」だと形容されることがある、ヒンドゥー教および仏教の聖地として非常に重要な場所だとされています。ヒンドゥー教の聖なる川ガンジスが流れ、その流域には聖地が複数点在。ガンガーの水は聖水として小瓶などに入れられ売られています。街はガンガーの西側に広がり、対岸は不浄の地とされ人は住まず、ほとんど建物などは見られません。ガンガー沿いに連なる階段状の沐浴場はガートと呼ばれえ、夜明けと共に多くのヒンドゥー教徒が沐浴を行います。ワーラーナシーだけで84のガートがあり、それぞれに名前が付けられています。沐浴は夜明けからおこなわれ、いつ訪れても朝の川岸は老若男女のヒンドゥー教徒で埋め尽くされています。

近隣の空港も検討してみませんか?よりお得な航空券が見つかるかもしれません。

ワーラーナシー付近の空港

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。