スカイスキャナー ニュース 歴史を感じる浅草名所七福神巡りとモダンにリニューアルした浅草ビューホテル

すべての記事

歴史を感じる浅草名所七福神巡りとモダンにリニューアルした浅草ビューホテル

インバウンドの活況に伴い年々にぎわいを増す浅草エリア。雷門、浅草寺のイメージが強いと思いますが、昨今の御朱印ブームも手伝い、ご利益多き七福神巡りが人気です。今回は、浅草の街を探検する気分で楽しめる浅草名所(などころ)七福神巡りと、先月12月にモダンにリニューアルしたばかりのホテル「浅草ビューホテル」の魅力を、地球の歩き方東京Web特派員のよしえさんに紹介いただきます。

.tftable { font-size: 11px; color: #34363d; width: 100%; border-width: 1px !important; border-color: #fff !important; border-collapse: collapse; } .tftable th { font-size: 11px; background-color: #21C4D9; line-height: 18px; border-width: 1px !important; border-style: solid; border-color: #fff !important; padding: 6px; text-align: left; vertical-align: center; color: #ffffff; } .tftable tr { background-color: #E8EBED; border-width: 1px !important; border-style: solid; border-color: #fff !important; vertical-align: top; } .tftable td { font-size: 11px; line-height: 18px; border-width: 1px; padding: 6px; border-style: solid; border-color: #fff !important; vertical-align: middle; } .tftable tr:hover { background-color: #fff; } .tftable .tfrequirement { font-size: 11px; color: #34363D; background: #83E000; border-width: 1px; border-style: solid; border-color: #fff; vertical-align: top; } .tftable .tableHeader h1 { font-size: 23px; line-height: 26px; color: white; padding: 15px; } h2 { font-size: 1.5em !important; }

浅草の七福神は、なぜ9社寺?

江戸文化の発祥の地といわれる浅草。七福神巡りが流行り始めたのは、江戸時代からだと伝えられています。仏教で信仰された毘沙門天(人倫の道、仏法の守り神)、大黒天(五穀豊穣、飲食の神)、弁財天(音楽、知恵、弁説、財福の神)、儒教で尊ばれた寿老人(長寿延命の神)、福禄寿(幸運、生活の安定、長寿の神)、布袋尊(吉凶の占い、家庭円満など福徳の神)、日本の神として尊ばれた恵比須神(漁労、労働、商売などの守護神)の7人の神を福徳円満の神とし、年の初め、お正月の門松のある間に1年の家内安全、息災延命を願って巡拝したことが始まりです。

羽田空港行きの航空券をチェックしてみる

浅草には七福神の名所が7社寺ではなく、9社寺あります。これは、「九は数の究み、一は変じて七、七変じて九と為す。九は鳩であり、集まる意味をもち、 又、天地の至数、易では陽を表わす」という故事に由来して、福禄寿、寿老人が2社づつの計9社で構成されています。

浅草で人気が集まる七福神巡り

浅草名所(などころ)七福神巡りのコースは?

浅草名所七福神巡りには巡拝順序の決め事はありません。どの社寺からスタートしても問題はなく、9社寺全て周ろうと考えると徒歩で約4時間のコースになります。もちろん、すべて徒歩で行う必要もなく途中でバスや電車に乗ることも可能ですし、複数日に分けて訪問してもOKです。

参拝の際に便利な地図(PDF)はこちらのURLよりダウンロードすることができます。 http://www.asakusa7.jp/map/map.pdf

羽田空港行きの航空券をチェックしてみる

どの社寺からスタートしてもよい浅草名所七福神巡り

浅草名所七福神巡りの9社寺

浅草名所七福神巡りの9社寺をご紹介します。一番分かりやすいのは浅草の定番観光スポットともいえる浅草寺で、大黒天が祀られています。そのすぐ近くには恵比須様の浅草神社があるので、あわせて訪れると良いでしょう。

その西側にある、料理道具や食器などで有名なかっぱ(合羽)橋道具街近くには福禄寿の矢先稲荷神社、北側には、酉の市の発祥地として知られ、寿老人が祀られている鷲(おおとり)神社をはじめ、6社寺が点在しています。有名なスポットなどを目印に、下町風情あふれる街並みを楽しみながらゆっくり巡ってみてください。

浅草名所七福神巡りの9社寺を紹介する看板

羽田空港行きの航空券をチェックしてみる

【スポット情報】 浅草寺(大黒天) 住所:東京都台東区浅草2-3-1

浅草神社(恵比須) 住所:東京都台東区浅草2-3-1

本龍院(待乳山聖天)(毘沙門天) 住所:東京都台東区浅草7-4-1

矢先稲荷神社(福禄寿) 住所:東京都台東区松が谷2-14-1

今戸神社(福禄寿) 住所:東京都台東区今戸1-5-22

鷲神社(寿老人) 住所:東京都台東区千束3-18-7

石浜神社(寿老人) 住所:東京都荒川区南千住3-28-58

吉原神社(弁財天) 住所:東京都台東区千束3-20-2

不動院(橋場不動院)(布袋尊) 住所:東京都台東区橋場2-14-19

巡って集めたい3種類の授与品

御朱印を集めていらっしゃる方も多いと思いますが、浅草名所七福神巡りには色紙、福絵、福笹の3種類の授与品があります。色紙と福絵には御朱印をいただくことができ、福笹には七福神が描かれた絵馬を笹に付けていただくことができます。いずれもご利益にあずかれるだけではなく、良い思い出として残せるのが嬉しいです。

羽田空港行きの航空券をチェックしてみる

2017年12月に生まれ変わった「浅草ビューホテル」

1985年9月に国際通り沿いに開業した「浅草ビューホテル」は、タワー部分が隅田川とほぼ平行に建設されており、南東側の部屋からは隅田川の花火が一望できるようになっています。また、客室壁面には小窓が設けられており、花火大会だけでなく三社祭の活気あるにぎわいや、浅草寺の除夜の鐘など、浅草の街の生の音を楽しむこともできるホテルとなっています。

浅草の街を満喫できる「浅草ビューホテル」

また、東京スカイツリーフレンドシップホテルに登録されており、スカイツリーの入場券の購入や循環バス・スカイツリーシャトルの停留所にもなっています。

2017年12月にリニューアルが完了し、スタイリッシュで洗練されたデザインに。

2017年12月にリニューアルが完了し、メインエントランスを抜けたファーストロビーには、スタイリッシュで洗練されたデザインの空間が広がります。正面は和の縦格子、側面は洋のアーチとなる浅草変わり格子を用い、静と動を表現したデザインになっています。宿泊ゲスト専用ロビーには煌びやかな神輿が飾られ、下町情緒と現代空間の対比が象徴的な落ち着きとモダンが同居する空間となっています。

専用ロビーにある煌びやかな神輿

羽田空港行きの航空券をチェックしてみる

スカイツリーを眺めながら楽しむビュッフェレストラン

26階のビュッフェレストラン「武蔵」は、明るく開放感あふれる雰囲気の中、ライブクッキングによるコンチネンタルビュッフェを堪能することができます。大きくスペースを取った窓側の席からは、スカイツリーや浅草寺を一望することができ、昼夜問わず恵まれた眺望の中で食事を楽しめます。

スカイツリーや浅草寺を一望することができる

このホテルをチェックする

【ホテル情報】 浅草ビューホテル 住所:東京都台東区西浅草3-17-1 電話: 03-3847-1111

2018年のスタートとして浅草名所七福神巡りでご利益にあずかり、ディナーで夜景を眺めつつ美味しい食事を楽しめば、1年の幸運が約束されたかのような気分になれそうですね。正月期間のみの七福神巡りを開催されている社寺が多い中、浅草名所七福神巡りは通年開催されています。年末年始に限らず、浅草に訪問の際はぜひ各社寺を訪れてみてください。

羽田空港行きの航空券をチェックしてみる

筆者ご紹介

地球の歩き方東京Web特派員 よしえ

美味しいものが大好きで空腹時以外はいつもゴキゲンな都内在住の会社員。甘いものとお肉をこよなく愛しているけれど、美味しいものを美味しく食べるには健康第一!と、医食同源をモットーに薬膳コンシェルジュの資格も取得。美味しい口福を求めて日々、街とネットを探検しつつ、旬な東京の情報を地球の歩き方東京Web特派員ブログからお届けしています。


あわせて読みたい

シャンパンゴールドに輝く「丸の内イルミネーション2017」

日本有数のビジネス街、丸の内エリアにて昨年11月から来月2月まで続いているイルミネーションです。今年で16年目を迎える、“グリーン電力”を使用した次世代型のイルミネーションイベント「丸の内イルミネーション2017」をご紹介します。

あるバックパッカーのクチコミから始まった!”パウダースノーの聖地”ニセコを滑ろう

ボーダー、スキーヤーにとっては”パウダースノー”の季節。今回は”パウダースノーの聖地”とも言われるニセコの魅力をご紹介します。

地図