スカイスキャナー ニュース 美しい廃墟の島「軍艦島」 ー 世界遺産に秘められた繁栄の歴史をたどる旅

すべての記事

美しい廃墟の島「軍艦島」 ー 世界遺産に秘められた繁栄の歴史をたどる旅

長崎県にはグラバー邸、オランダ坂などの異国情緒溢れるスポットや、世界遺産への登録を目指す五島列島など、魅力的な観光スポットがたくさんあります。特に、2015年に世界遺産に登録された長崎港の沖合に浮かぶ端島(はしま)は、軍艦のような見た目から通称「軍艦島」として親しまれ、国内外からたくさんの観光客が訪れます。今日は軍艦島に秘められたストーリーやみどころ、長崎市内でおすすめのホテル、グルメ情報を、地球の歩き方長崎Web特派員 長崎まちねたさんにご紹介いただきましょう。

.tftable { font-size: 11px; color: #34363d; width: 100%; border-width: 1px !important; border-color: #fff !important; border-collapse: collapse; } .tftable th { font-size: 11px; background-color: #21C4D9; line-height: 18px; border-width: 1px !important; border-style: solid; border-color: #fff !important; padding: 6px; #text-align: left; vertical-align: center; color: #ffffff; } .tftable tr { background-color: #E8EBED; border-width: 1px !important; border-style: solid; border-color: #fff !important; vertical-align: top; } .tftable td { font-size: 11px; line-height: 18px; border-width: 1px; padding: 6px; border-style: solid; border-color: #fff !important; vertical-align: middle; } .tftable tr:hover { background-color: #fff; } .tftable .tfrequirement { font-size: 11px; color: #34363D; background: #83E000; border-width: 1px; border-style: solid; border-color: #fff; vertical-align: top; } .tftable .tableHeader h1 { font-size: 23px; line-height: 26px; color: white; padding: 15px; } h2 { font-size: 1.5em !important; }

世界遺産に登録された小さな岩礁だった島が軍艦島へ

実は小さな岩礁だった、軍艦島に秘められたストーリー

長崎港から南西約19kmの沖合に位置する端島(通称軍艦島)は、1810年(文化7年)頃に、石炭が発見され、佐賀藩が小規模な採炭を行っていました。その頃の端島は、草木のない水成岩(すいせいがん)の瀬に過ぎず、もともとは現在の3分の1ほどの大きさでした。その後、1890年(明治23年)に三菱合資会社が鉱区の権利を買収し、本格的に海底炭鉱として操業が開始されました。

三菱合資会社が鉱区の権利を買収して開拓された軍艦島

出炭量が増加するにつれ人口も増加し、最盛期には約5,200人以上の人々が、端島に住んでいたそうです。当時の東京の9倍を超える、世界一の人口密度だったと言われています。端島の半分は鉱場で、居住地がとても狭かったため、島のまわりを幾度も埋め立て、堤防の拡張を繰り返し、面積を約63,000㎡(東京ドームのグラウンド約5個分)にまで広げ、現在の形になったようです。

島の周りは塀でぐるりと囲まれ、その中に高層アパートが建ち並んでいる姿が、軍艦「土佐」に似ていたことから、軍艦島と呼ばれるようになりました。

エネルギーの需要が石炭から石油に移ったことで、1974年 (昭和49年)に閉山することになり、当時暮らしていた2,200人の島民も島から去ることになり、無人島となりました。2015年に「明治日本の産業革命遺産」のひとつとして世界文化遺産に登録され、再び脚光を浴びるようになりました。映画「進撃の巨人」やB’zのPVロケ地としても有名になり、多くの観光客が訪れています。

島の外観が軍艦「土佐」に似ていたことが、軍艦島と呼ばれる由来に。

長崎行きの航空券をチェックしてみる

”日本初”の技術で栄えた軍艦島

軍艦島の見どころは、1916年 (大正5年)に建てられた7階建ての30号棟アパートです。日本で初めて鉄筋コンクリートで造られた高層集合住宅で、鉱員住宅として建てられました。アパートのほか、小中学校や病院、商店、さらに映画館やパチンコ、プールなど、娯楽施設も揃っていました。土地が狭かったことから、アパートの屋上を活用して花や野菜が育てられ、日本初の屋上菜園があったとも言われています。

日本で初めて造られた鉄筋コンクリートの高層集合住宅

軍艦島へ上陸するには?

軍艦島へのアクセスは、上陸を許可されている長崎市内のクルージング会社4社を利用することになります。やまさ海運、シーマン商会、高島海上交通、ユニバーサルワーカーズの4社は、長崎市内近くの港から出発しています。会社によりコースや運航時間などが異なるので、事前にホームページで確認して予約しておきましょう。クルーズツアーは約2時間で価格は4,000円前後、早期のネット予約で割安になるところもあります。休日は満席の場合が多いので、早めの予約をおすすめします。

軍艦島への上陸を許可されている、長崎市内のクルージング会社4社が利用できます。

長崎行きの航空券をチェックしてみる

【ショップ情報】 やまさ海運株式会社 住所:長崎市元船町17-3 長崎港ターミナルビル1F 7番窓口 電話:095-822-5002 受付時間:8:15~17:00

株式会社シーマン商会 住所:長崎県長崎市旭町27番26号 電話:095-818-1105 受付時間:平日8:00~17:30/土日祝 8:00~14:00

軍艦島クルーズ株式会社 住所:長崎県長崎市元船町11番22号 電話:095-827-2470 受付時間:8:00~17:00

株式会社ユニバーサルワーカーズ 住所:長崎県長崎市常盤町1-60常盤ターミナルビル102号 電話:095-895-9300 受付時間:9:00~17:00

長崎湾の夜景を楽しめるおすすめホテル

長崎への旅行におすすめのホテルが、路面電車(長崎電気軌道)の宝町電停前にある「ザ・ホテル長崎 BWプレミアコレクション」です。JR長崎駅からも近く、市内観光に便利です。客室は全室6階以上にあり、長崎の夜景を眺めることができます。広めでゆったりとしたつくりで、高級感のあるホテルです。15階のレストラン「N.Y.DINING(ニューヨーク ダイニング)」では、極上の夜景とともに長崎近海の新鮮な魚介類や特選黒毛和牛が堪能できます。

長崎湾の夜景が楽しめる「ザ・ホテル長崎 BWプレミアコレクション」

ホテル1階のラウンジにはケーキ&ベーカリーショップ「Cafe de Bijoux(カフェ・ド・ビジュー)」があり、旬のフルーツをふんだんに使ったケーキなどを提供しています。土日祝日には、ひとり1,800円でスイーツバイキングを楽しむこともできます。女性は前日までの予約で1,600円になります。

旬のフルーツをふんだんに使用したおすすめのケーキ

【ホテル情報】 ザ・ホテル長崎 BWプレミアコレクション 住所:長崎県長崎市宝町2-26 電話:095-821-1111 チェックイン/チェックアウト:14:00/11:00

このホテルをチェックする

長崎のおすすめグルメ!伝説のカレー店

長崎市を中心に多大な被害を受けた、長崎大水害の翌年の1983年に創業されたカレーハウス「ランドール」は、長崎市の中心部にある人気のカレー店です。「カレーで街を元気にしたい」と思い立ったオーナーが作るカレーは、美味しいと評判になり、行列ができるほどの伝説の店となりました。10年ほど前に、惜しまれながらも閉店してしまったものの、復活を求めるファンの声に応え、同じオーナーにより2016年6月に復活オープンしました。長崎市民はもちろん、地元以外からも多くの観光客が訪れています。

おすすめはハンバーグと幻のオリジナルカレーのセット

長崎和牛と長崎産有機栽培のたまねぎを使ったオリジナルのカレーは昔と変わらない味で、”伝説のカレー”として愛されています。ジュワッと肉汁が中から溢れてくるハンバーグも人気で、カレーとハンバーグの両方が楽しめる「ダブルセット」(1,350円)が、ボリュームもあっておすすめです。

伝説のカレー店として愛される、長崎市の「ランドール」

【レストラン情報】 ランドール 住所:長崎県長崎市鍛冶屋町6-55 下川ビル1F 電話:095-893-8338 営業時間:平日 11:00~15:00 17:00~21:00 土日祝 11:00~20:00 定休日:水曜日

繁栄していた当時の姿のまま、時間が止まった「軍艦島」。日本の産業を支えた歴史の1ぺージと見所の多い長崎をぜひ旅してみてください。

長崎行きの航空券をチェックしてみる

国内のお得な航空券をチェック✈︎:国内格安航空券

筆者ご紹介

地球の歩き方長崎Web特派員 長崎まちねた

長崎県内のグルメやイベント情報をブログやSNSなどで発信しています!もっと長崎のことを県外、国外へPRしたくて、特派員として活動することになりました。長崎には、歴史ある観光スポットやテーマパーク、美味しいグルメも盛りだくさんあります。地元ならではの、ディープな情報もお届けします!地球の歩き方長崎Web特派員ブログからお届けしています。


あわせて読みたい

「祈りの島」の教会巡り、世界遺産登録を目指す五島列島の注目スポット

長崎県の西に位置する五島列島は、全体を大きく分けて「上五島(かみごとう)」と「下五島(しもごとう)」があります。「上五島」に位置する新上五島町を中心に、世界遺産登録を目指す「祈りの島」の魅力をご紹介します。

世界遺産「熊野古道」〜悠久の歴史と文化を辿る中辺路ルートの見どころ、食べどころ

神話の時代から自然信仰があり、神々が集まる地とされてきた熊野地方には、連日、海外からも多くの観光客が訪れています。いくつかある熊野古道のルートの中でも昔の面影が残る、人気の中辺路(なかへち)の歩き方をご紹介します。

地図