スカイスキャナー ニュース 写真で楽しむ国内の夕陽絶景スポット6選

すべての記事

写真で楽しむ国内の夕陽絶景スポット6選

空気が冷たく乾燥する冬は、夕陽がより美しく映える季節でもあります。今回はそんな夕陽の絶景スポットを全国各地からご紹介!次に旅行の計画をするときの参考にしてみてくださいね。

※新型コロナウイルス感染症の影響により、自治体によっては住民の移動や観光客の受け入れに関して制限を設けたり、自粛を要請したりしている場合があります。方針は随時変更されます。旅行の際は、出発地・目的地の各自治体の公式サイトで最新のガイドラインをご確認ください。

※記事内の航空券価格は、スカイスキャナーから「最安値の月」で検索した際の最低価格です(羽田/成田空港発、エコノミークラス大人 1 名、 往復便)。2021 年1月19日時点の検索結果に基づいており、価格は随時変動しています。

1. 「日本一の落陽」と称される夕陽スポット|北海道・黄金岬

北海道旭川市の北西、日本海側に面した留萌(るもい)市は、夕陽の名所として知られる港町です。

日本の夕陽百選に選ばれている「黄金岬(おうごんみさき)」は、かつてニシン漁で栄えていた頃、ニシンの見張り台だった場所。夕方になると夕陽に照らされたニシンの群れが黄金に輝きながら泳いでいるのが見えたことから、その名が付いたのだそうです。

北海道留萌市黄金岬
「日本一の落陽」とも称される黄金岬の夕陽
doraemonndhu / Shutterstock.com

現在は、黄金岬海浜公園として開放されているこの場所は、沿岸部に奇岩が並ぶ荒々しくも独特な景観が広がります。夕陽が沈む時間になると、辺り一帯を夕焼け色に染めるダイナミックな景色を見ることができるそうですよ。「日本一の落陽」とも称される夕景は、感動すること間違いなしですね。

2. 日本海のダイナミックな景色に沈む夕陽|福井県・越前岬

海沿いに断崖が続き、沿岸部には奇岩が連なる越前海岸。

この海岸線随一の景勝地として知られているのが、福井県嶺北地方の最西端にある「越前岬」です。風光明媚なこの場所は、日本の夕陽百選に選ばれている夕陽の絶景スポット。ごつごつとした奇岩に荒々しい波が打ち寄せる、日本海ならではの景色とともに、沖の向こうに夕陽が沈む圧巻の景色を見ることができます。

福井県丹生郡越前岬
越前海岸随一の景勝地・越前岬
tak-photo / Shutterstock.com

この夕景を一望できるのが、山側にある「越前岬展望台」。国道から徒歩で10~15分上った場所にある高台からは、有名な東尋坊や敦賀半島も一望できるのだそう。

3. 水鳥が飛来する自然豊かな湖での夕景|滋賀県・湖北水鳥公園

滋賀県の琵琶湖の北部に位置する「湖北水鳥公園」は、滋賀県随一の夕陽スポットとして知られ、多くのカメラマンを魅了しています。この公園は、220種類2万羽近くの水鳥が確認できる自然豊かなエリアにあり、秋から冬にかけてはオオヒシクイやコハクチョウ、オオワシといった渡り鳥も飛来するのだとか。公園内の琵琶湖水鳥湿地センターでは、鳥や自然について楽しく学ぶこともできます。

日が沈み始めると、周囲を茜色に染めあげる夕焼けが広がります。湖に浮かぶ竹生島や浮き島、湖岸に群生する木々が夕陽に照らされて美しいシルエットになり、暗くなる前に水鳥たちが忙しく飛び回る、のどかな風景を見ることができます。この地ならではの風流で幻想的な夕景が広がります。

【スポット情報】
湖北水鳥公園
滋賀県長浜市湖北町尾上
https://www.biwako-visitors.jp/spot/detail/1642

4. 嫁ケ島の向こうにゆっくり沈む夕陽|島根県・島根県立美術館(宍道湖)

国内有数の夕陽スポットとして知られる、島根県松江市の宍道湖(しんじこ)。湖岸には、夕陽を観賞できるスポットが点在しています。湖畔に佇む「島根県立美術館」は、日本の夕陽百選に選ばれている場所で、湖を一望するガラス張りのエントランスロビーは無料開放されているため、暖かい屋内からでも素晴らしい夕景を見ることができます。

島根県松江市・出雲市穴道湖
彫刻作品を観賞しながら夕焼けを楽しめる宍道湖
mokokomo / Shutterstock.com

夕方になると、宍道湖の向こう側にゆっくりと夕陽が沈んできて、湖一帯が夕焼け色に染まり始めます。湖の真ん中に浮かぶ小さな嫁ケ島とともに見える夕陽の風景が、宍道湖の夕景でも人気のアングル。美術館の屋外にある湖畔公園(岸公園)には、彫刻が点在しているので、作品を優雅に観賞しながら夕焼けの時間をゆっくりと過ごせます。

【スポット情報】
島根県立美術館
島根県松江市袖師町1-5
https://www.shimane-art-museum.jp/

5. 夕焼けが海面に映し出される奇跡の絶景|香川県・父母ヶ浜

奇跡の絶景として話題の、南米ボリビアの「ウユニ塩湖」にそっくりな場所として知られる、香川県の「父母ヶ浜(ちちぶがはま)」。

三豊市の瀬戸内海に面したこのビーチは、海面が鏡のように反射するフォトジェニックなエリアとして知られています。夕陽の時間帯には、夕焼けに染まった周辺の風景が海面に映り、見事な絶景をつくりだします。

香川県三豊市父母ヶ浜
夕焼けが海に反射する父母ヶ浜の絶景が見られたら幸運
SAND555UG / Shutterstock.com

「奇跡の景観」と呼ばれるのは、いくつかの気象条件が重なった時だけにしか見られないから。日の入り前後のマジックアワーと呼ばれる時間帯に、干潮のタイミングが重なった時にだけ、夕焼けが海に反射する絶景が出現します。さらに、風が吹いていないことも重要な条件なのだそう。干潮と日没時間のタイミングは、三豊市観光交流局の公式サイトにカレンダーがあります。

6. 夕陽に照らされてストライプ状に輝く干潟|大分県・真玉海岸

大分県豊後高田市にある「真玉(またま)海岸」は、海水浴や潮干狩りのスポットとして地元で人気のビーチ。岩礁断崖のリアス式海岸線が続く国東半島の海岸線の中でも、ほかとは趣の違うのどかな風景が広がっています。ここは、大分県で唯一水平線に沈む夕陽を見ることができるスポットで、その美しい夕焼けは日本の夕陽百選に選ばれています。

大分県豊後高田市真玉海岸
遠浅の干潟がストライプ模様のような真玉海岸
San Hoyano / Shutterstock.com

こちらの夕景の特徴は、遠浅の干潟がストライプ模様のように映し出されること。最干潮時でも砂浜に海水が残るため、干潟がストライプ状になり、この幻想的な風景が出現します。夕陽に照らされて海面が黄金に輝き、砂浜はシルエットになり暗く映るストライプの夕景は、気象条件が重なった時だけ見ることができます。豊後高田市観光協会の公式サイトで日の入りと干潮のタイミングをチェックできますよ。