スカイスキャナー ニュース 2019年後半に参加したい世界の注目イベント7選

すべての記事

2019年後半に参加したい世界の注目イベント7選

夏が近づき、お祭りが待ち遠しいと感じている人も多いのでは?今回は、2019年後半に世界中で行われる大人気のイベントをまとめました。一生に一度は行っておきたい注目イベントが目白押し。次回の旅行先を考える際、ぜひ参考にして下さいね。

※記事内の航空券価格は、スカイスキャナーから国ごとにイベント開催月の「月全体」で検索した際の最低価格です(羽田/成田空港発、エコノミークラス大人1名、往復便)。2019年5月21日時点の検索結果に基づいており、価格は随時変動しています。

【7月】独立記念日(Independence Day)|アメリカ

開催日:2019年7月4日

独立記念日(Independence Day)|アメリカ
写真提供:AdamParent

1776年7月4日にアメリカの独立宣言が公布されたことを祝う、アメリカの祝日。この日を祝うにはニューヨークが最適!

アメリカ50州において、パレードから打ち上げ花火までさまざまなイベントが開催されますが、その中でも一番大規模なのは、百貨店「メイシーズ」(Macy’s)がニューヨークで打ち上げる花火。イーストリバーから打ち上げられる何千もの花火が、マンハッタンの夜空を彩ります。花火は「自由の女神」の3倍の高さの279メートルにも及びます。

その前に、コニーアイランドで開催される「ネイサンズ」(Nathan’s)のホットドッグ早食いコンテストも覗いてみましょう。日本人が連覇した事でも知られています。現在の記録保持者は70個のホットドックを10分で食べ尽くしたとのこと。

サーカス・サイドショーの「フリークス・ワンダーズ・アンド・ヒューマン・キュリオシティズ」(freaks, wonders and human curiosities)も要チェック。

そして、夜になったら花火です。無料でFDRドライブから、有料で観光クルーズから、食べ放題付きの「リバーパーク・バックヤード・バーベキュー・バッシュ」(Riverpark Backyard Barbecue Bash)からなど、自分に合った方法で鑑賞しましょう。有料のクルーズやレストランは事前予約が安心です。


【7月】泥祭り(Boryeong Mud Festival)|韓国・保寧

開催期間:2019年7月19日〜28日

Mud festival Korea

誰もが子供のように楽しめるのが、全身泥まみれになるこのお祭り。ソウルから約200キロ離れた、栄養豊富な海の泥で有名な保寧で開催されます。1998年から毎年7月に2週間開催され、何百万人もの観光客が訪れる大イベントです。会場の「大川海水浴場」は干潟から運ばれた泥でいっぱいになります。

泥プール、泥すべり台、泥スキー大会、ボディーペインティングや、泥をベースにした化粧品(抗菌性と防腐性があり人気)の販売店、鍼治療やマッサージなど、楽しみ方は人それぞれ。

旅行に行くには、祭りのピークに達する最後の週末がおすすめ。ビーチの目の前にあるステージで開かれるK-PopとEDMコンサートや、保寧の各所で行われるパーティーもお見逃しなく。

最後に泥はどこで洗い流すか気になる人も多いですよね。目の前に「黄海」(Yellow Sea)と呼ばれる海があるので、そこで洗い流すことができますよ!


【8月】スィゲト・フェスティバル(Sziget Festival)|ブダペスト

今年の開催日:2019年8月7~13日 

写真提供: Sandor Csudai

このイベントは、なんとフェスティバル専用の島で開催されます。ブダペスト郊外に位置する108ヘクタールの広さの島で1週間も続くこのお祭りは、ヨーロッパ最大級です。

メインステージを満喫した後、ちょっと変わった体験をしたい人は、「スィゲト・ボート・パーティー」に参加してみては。ライブミュージックを楽しみながら、ブダペストの名所を船から眺めるツアーで、毎年大変な盛り上がりを見せます。


【8月】ラ・トマティーナ(La Tomatina)|スペイン・バレンシア

写真提供: David Ramos / Stringer

今年の開催日: 2019年8月28日

「ラ・トマティーナ」は、スペインの街ブニョールで開催されるトマトのお祭り。大量のトマトを積んだトラックがやってきて、人々にトマトを投げつけると、そこからトマトの投げ合いが約1時間続きます。トマトでかなりベタベタになるので、汚れる覚悟で楽しく参加しましょう。

開催日前後はバレンシアのホテルは満室になってしまうので、早めに予約するようにしましょう。


【9〜10月】オクトーバーフェスト(Oktoberfest)|ドイツ

今年の開催期間:2019年9月21日~10月6日

世界最大のビールのお祭り、「オクトーバーフェスト」。17日間続くこのイベントでは、ミュンヘンの街はどこへ行ってもビールだらけ!14のメインテント会場があり、一番大きな会場(Schottenhamel)では10,000席(1867年は50席でした)用意されます。ワイン好きはワイン会場(Weinzelt) もあるのでそちらに行きましょう。


【10〜11月】死者の日(Day of the Dead)|メキシコ

今年の開催期間: 2019年10月31日 ~11月2日

写真提供:Pixabay

メキシコ全土で3日間行われる祝祭。1日目はハロウィーン(伝統的にはオール・ハロウ・イヴと呼ばれます)から始まります。子供たちが祭壇を作り、子供の魂を迎えます。2日目(オール・セインツ・デー)は大人の魂を迎え、3日目(オール・ソールズ・デー)は家族全員でお墓参りに行き、親戚の魂を迎えます。

期間中、メキシコ各地で開催されますが、特にメキシコシティー、プエルト・モレロス、ベラクルスなどがおすすめ。お菓子から顔のペインティングまで、街中に頭蓋骨の絵や飾りが溢れます。


【12月〜】ハルビン氷祭り(Harbin Ice Festival)|中国

今年の開催期間: 2019年12月25日~2020年2月25日

Harbin Ice Festival
写真提供:Healthycliff Syndor

黒竜江省の北部で2カ月間開催される冬のお祭り。雪のブロックで造られた巨大な建物が毎晩カラフルなイルミネーションに照らされ、幻想的な時間を楽しめます。

松花江(ソンホワ川)の向かいにある太陽島では、いくつもの雪の彫刻が展示されるお祭りが行われます。雪で造られた建物が崩れないようにするためには、気温が低い必要があります。冬季のハルビンは、マイナス16℃~マイナス35℃まで下がりますので、暖かくして出かけましょう。寒い中、行くだけの価値はありますよ!

地図