地図

名古屋 (愛知) 発 - 沖縄 那覇 (OKA) 行きの飛行機・格安航空券の検索

おすすめの直前予約割引航空券

どこかに出かけてみませんか?今からでも間に合います。直前予約が可能な沖縄行きのおすすめ航空券をご紹介します。
過去14日間で見つかった最安の概算価格を表示しています。

名古屋発 - 沖縄 那覇行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥9,573

直行便航空会社

6

週の便数

92

平均飛行時間、合計距離1321 km

2 時間 10 分

先月の最も人気の航空会社

日本トランスオーシャン航空

沖縄 那覇

1 空港

よくある質問

沖縄 那覇には 1 つの空港があります。沖縄 那覇です。
スカイスキャナーで見つけた名古屋から沖縄 那覇までの最安フライト料金は、¥9,573です。これは各航空会社を総合して見つけた料金で、当月で最も安い金額です。
名古屋から沖縄 那覇までの平均フライト時間は2 時間 10 分です。
名古屋から沖縄 那覇まで直行便を出しているエアラインは、6 社あります。
12月時点では、名古屋から沖縄 那覇までは毎週 92 本のフライトがあります。

名古屋 (愛知) から沖縄行きのフライト情報

名古屋 (愛知) 発-沖縄 那覇 (OKA) を就航する主な航空会社・LCC

日本トランスオーシャン航空 (JTA) ANA (全日空) ソラシドエアスカイマーク

日本トランスオーシャン航空は、沖縄・那覇を拠点とするJALグループの航空会社です。沖縄美ら海水族館でおなじみのジンベエザメをモチーフに機体をペイントしたジンベエジェットが人気で、名古屋 (中部) -那覇線にはピンクのサクラジンベエ号が飛行しています。ANAはプレミアムクラスと普通席の2クラス仕様の機材を導入。ソラシドエアとスカイマークはモノクラスのみの機材ですが、シートピッチが79~81cmとゆとりをもたせてあり、約2時間30分のフライトもリラックスできます。

ジェットスタージャパン

2015年3月に路線を開設し、人気路線のひとつです。ジェットスターは中部国際空港を成田・関西空港につぐ第3の拠点と位置づけ、路線計画を展開。中部国際空港に夜間駐機ができるようになったことから繁忙期に臨時便を設定したり、顧客のニーズの高い時間帯にフライトを設定することができるようになりました。

定期便の便数

日本トランスオーシャン航空 (JTA):4便、ANA (全日空):2~3便、ソラシドエア:1~2便、スカイマーク:3~4便

早朝に到着する便も多く、那覇空港で石垣・宮古・久米島などの離島路線への乗り継ぎも可能です。ANA運航便は減便、ソラシドエアは増便になりますが、ANAとソラシドエアはコードシェア提携により2社あわせて通期の運航本数は変わりません。スカイマークでは7月中旬より9月下旬まで名古屋-那覇線で深夜早朝便を運航しています。

直行便以外のアクセスルート

名古屋 (中部セントレア) -那覇行きのフライトは直行便を利用するのが一般的です。福岡・熊本・鹿児島など九州の主要空港を経由するルートもあり、九州と沖縄周遊旅行を楽しみたい人にはおすすめです。同日中の乗り継ぎは移動時間が4~5時間ほどかかります。

路線の概要・メリット

名古屋発-沖縄 那覇行き航空券の相場
名古屋 (中部) -沖縄線は季節によって航空券の価格変動が大きいものの、春から夏のレジャーシーズンは片道25,000円前後で航空券を利用できます。運航各社では早期購入割引運賃を設定していますが、ゴールデンウィークや旧盆期間など混雑する時期は片道3万円近くになる場合もあります。ピーク期をはずせば片道1万円以下の格安航空券も販売されているので、価格重視派の人は旅行のスケジュールを工夫することで安い航空券を利用することができます。

路線の特徴
名古屋・東海地域から沖縄への観光利用がメインのリゾート路線です。名古屋 (中部) -那覇線の年間旅客数は58万人を超え、座席利用率も80.3%と人気です。特に3月と8月は利用者が多く、ゴールデンウィークや旧盆期間といった旅行需要の多い時期は臨時便が設定される場合もあります。日本トランスオーシャン航空 (JTA) ソラシドエアでは沖縄にちなんだ機内販売品や茶菓のサービスがあり、機内でも沖縄の旅気分を味わえます。価格重視派の人はジェットスタージャパンの格安航空券も利用できるので、それぞれの旅行スタイルに合ったフライトを選択できます。

発着空港の概要

中部国際空港
中部国際 (セントレア) 空港は2005年に開港し、国内では関西国際空港の次に作られた人工島の海上空港です。2017年にスカイトラックス (Skytrax) の格付けで5スターエアポートに選定され、空港施設とサービスの両面で高い評価を受けています。国内線19路線、国際線29路線が就航し、年間旅客数は1,150万人を超えています。愛知県国際展示場のオープンに伴い空港島内に新しいターミナルが整備され、内際一体運用で乗り継ぎもスムーズにできるようになります。ANA (全日空) JAL (日本航空) の共用ラウンジ「セントレアエアラインラウンジ」は最終便出発まで利用可能。名古屋には県営名古屋空港 (小牧空港) もありますが、名古屋-沖縄 那覇間を運航する航空便は中部国際空港の発着です。

沖縄 那覇空港
沖縄 那覇空港は、日本でも屈指のリゾートである沖縄の玄関口として各地からの定期便が就航しています。日本国内はもとよりインバウンド訪日客も多く、年間旅客数は国内線・国際線あわせて2,100万人を超えています。LCCの就航も相次ぎ、国内線はジェットスタージャパンピーチ (peach) バニラエア (Vanilla Air) の3社が就航。奄美群島や南西諸島への離島路線も発着しており、那覇空港経由で石垣島や宮古島行き便への乗り継ぎも便利です。国内線旅客ターミナル内にはDFS那覇空港免税店があり、海外に行かなくても一流ブランド品が手頃な値段で購入できるので人気があります。空港内には沖縄郷土料理のお店やお土産ショップも充実しています。

市内中心部-空港間のアクセス方法

中部国際空港
中部国際 (セントレア) 空港は愛知県常滑市にあり名古屋市中心部からは少し離れていますが、名鉄名古屋駅から名鉄ミュースカイや特急を利用すれば約30分で空港に到着します。途中、名鉄金山駅や神宮前駅からも乗車可能です。空港バスを利用する場合は、名古屋市中心部のほか藤が丘駅を発着する路線もあるので長久手方面からのアクセスも便利です。週末に限りレゴランド®・ジャパン・リゾートからも空港行きのバスが運行しているので、お子様と一緒の旅行にもおすすめです。海上空港という立地条件から、津なぎさまち (三重県) と空港間を45分で運航する高速船もあり、伊勢や鳥羽方面からもスムーズに移動できます。

沖縄 那覇空港
沖縄 那覇空港は市内中心部から比較的近い場所にあり、モノレール (ゆいレール)・バス・タクシーなど交通手段も多くアクセス便利です。ゆいレールの乗り場は空港ターミナルと連絡橋でつながっていて、旭橋やおもろまちといった主要スポットにも停車します。沖縄本島内の主要なリゾートには空港からバスを利用すると便利です。読谷地区・恩納村地区・かりゆしビーチ・美ら海水族館への路線があり、各リゾートまでの所要時間は約100~150分です。沖縄エアポートシャトルはバスを乗り継ぐ必要がなく、主要なリゾート地に停車するので便利です。レンタカーも人気の交通手段ですが、混雑するシーズンは空港からレンタカー営業所までの送迎サービスが混雑しているので、事前に予約を済ませ、当日は時間に余裕を持たせておくと安心です。

国内旅行・国内線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。