地図

東京 成田 (NRT) 発 - 香港国際 (HKG) 行きの飛行機・格安航空券の検索

おすすめの直前予約割引航空券

どこかに出かけてみませんか?今からでも間に合います。直前予約が可能な香港行きのおすすめ航空券をご紹介します。
過去14日間で見つかった最安の概算価格を表示しています。

東京 成田発 - 香港国際行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥17,287

直行便航空会社

10

週の便数

122

平均飛行時間、合計距離2965 km

4 時間 40 分

先月の最も人気の航空会社

キャセイパシフィック航空

香港国際

1 空港

よくある質問

香港国際には 1 つの空港があります。香港国際です。
スカイスキャナーで見つけた東京 成田から香港国際までの最安フライト料金は、¥17,287です。これは各航空会社を総合して見つけた料金で、当月で最も安い金額です。
東京 成田から香港国際までの平均フライト時間は4 時間 40 分です。
東京 成田から香港国際までの直行便があるエアラインは、10社あります。
8月時点では、東京 成田から香港国際までは毎週 122 本のフライトがあります。

成田空港から香港行き ルートの基本情報

香港はアジアでも屈指の観光都市であるとともに、世界の金融センターとして発展しています。旅行はもちろんビジネスを目的に渡航する人も多く年間を通して人気の路線です。香港までは約5時間のフライト。LCCでは夕方から夜に出発するフライトを多く設定しているので、翌朝から観光に出かけられます。

成田空港 (HKG) - 香港 直行便を就航する主な航空会社・LCC

JAL (日本航空) ANA (全日空) キャセイパシフィック航空香港航空香港エクスプレス (HK Express) ジェットスタージャパンバニラエア (Vanilla Air)
※バニラエアはピーチと統合され、統合後のブランドはピーチ (peach) に統一されます。

JAL・ANA・キャセイパシフィック航空は、スカイトラックス (Skytrax) の格付けで5スターを獲得し、キャビンクラスごとに快適なシート・機内食・充実したエンターテイメントプログラムを提供しています。香港国際空港内にはキャセイパシフィック航空のラウンジが6つあり、ライトミールやバーのほか、ヨガルームや仮眠ができるリラグゼーションルームもオープン。香港航空は、中国の四大航空会社のひとつ海南航空の子会社です。中国路線をはじめアジアやオセアニアに路線ネットワークを展開し、定時運航率が高い航空会社としても知られています。香港エクスプレス、ジェットスタージャパン、バニラエアは格安航空券が人気のLCCで、旅行のスタイルにあわせて手荷物許容量や機内食などのサービスをオプションで追加できます。

定期便の便数

JAL (日本航空) :1便、ANA (全日空) :2便、キャセイパシフィック航空:5便、香港航空:3便、香港エクスプレス (HK Express) :4便、ジェットスタージャパン:1便、バニラエア (Vanilla Air) :1便

JALとキャセイパシフィック航空はワンワールド (oneworld) に加盟しています。アライアンスパートナーとして相互にコードシェア提携を行っているので、往路はキャセイ、復路はJALといったフライトの選択も可能です。LCCも便数が多く、片道ずつ別の航空会社を組み合わせることもできるのでスケジュールや予算にあったフライトを探してみましょう。

直行便以外のアクセスルート

成田から香港までは直行便を利用するのが一般的です。国内・海外の主要空港で飛行機を乗り継ぐことも可能ですが、関西・高松のほか、台北や上海を経由するルートもあります。乗り継ぎ便は香港到着まで時間を要するだけでなく航空券も高くなるケースが多いので、直行便を利用するほうがメリットが多いといえるでしょう。

路線の概要・メリット

成田空港発-香港国際空港行き航空券の相場
大型連休や夏休みは旅行客が多く相場が高くなり、シーズナリティによる価格変動があります。LCCの場合は往復25,000円以下の格安航空券も利用可能です。フルサービスキャリアはLCCより相場が高いものの、エコノミークラスの往復航空券は38,000~40,000円と比較的リーズナブルです。

路線の特徴
フルサービスキャリアとLCCあわせて7社が就航。年間を通して観光・ビジネスともに需要が高く、 週末や連休は旅行客の利用が多い路線です。フルサービスキャリアではエコノミー・ビジネスの2クラス運航で、出張客からは空港ラウンジの利用もできるビジネスクラスも人気があります。

発着空港の概要

成田空港
成田空港は関西国際空港・中部国際空港とならぶ国際拠点空港で、国際線の年間旅客数は3,100万人を超えています。国際線114路線・国内線23路線の就航ネットワークを有し、航空機の発着回数は1日平均700回以上とダイヤも過密です。開港後初めて空港時間の延長が決定され、人気路線の増便や新規就航に期待が寄せられています。空港は3つのターミナルから構成され、LCCの就航も相次いでいることからLCC専用ターミナル (第3ターミナル) も建設されました。2020年より一部の航空会社で顔認証技術を用いた新しい搭乗手続き「OneID」が導入され、保安検査場や搭乗ゲートをウォークスルーで通過できるようになります。空港内はラウンジや免税店も充実し、出発前にショッピングも楽しめます。

香港国際空港
香港国際航空は世界でも屈指の規模を誇る空港で、アジアにおけるハブ空港のひとつです。ランタオ島沖のチェクラップコク島に建設され、従来の啓徳空港にかわる新しい空港として1998年に開港しました。乗り入れ航空会社は80社を超え、キャセイパシフィック航空・キャセイドラゴン航空・香港航空・香港エクスプレスは香港国際空港を拠点に路線ネットワークを展開。空港は2つのターミナルから構成されて、ターミナル2には大規模なショッピングモールや飛行機の博物館もあり、出発前や乗り継ぎ時にも楽しめる施設があります。エアポートエクスプレス香港駅・九龍駅では、インタウンチェックインが可能。空港よりもスピーディに手続きができるので便利です。

市内中心部-空港間のアクセス方法

成田空港
成田空港は東京近郊の千葉県成田市にあり、都心部から約70kmに位置しています。空港までの主なアクセス手段は、鉄道・リムジンバス・車です。空港ターミナル地下にJRと京成電鉄が乗り入れ、成田エクスプレスなら東京・新宿・池袋・品川・横浜駅から60~90分で空港に到着。京成スカイライナーを利用する場合は上野駅から空港までの所要時間は約51分が目安です。都内の主要ホテルやターミナル駅からは成田空港行きのリムジンバスが運行しています。東京駅・銀座駅からは日中20分間隔で出発している格安バスは、片道1,000円で利用できるので人気があります。車の場合は東関東自動車道から新空港自動車道に入り、成田ICが最寄りのICです。

香港国際空港
香港国際航空は香港最大の島・ランタオ島 (大嶼島) 沖の海上空港で、香港中心部の九龍エリアからは約23km離れています。ビジネスや観光の起点となる中心部への主なアクセス手段はエアポートエクスプレス (機場快線) ・エアポートバス・タクシーです。エアポートエクスプレスは空港ターミナルと乗り場が直結し、運行間隔は10~15分で終点・香港駅までは約25分で移動できます。エアポートバスはA系統・E系統 (空港周辺) ・N系統 (深夜運行) の3系統で、A系統は路線数も多く香港島・九龍地区の主要スポットに停車。空港到着後に交通系ICカードのオクトパスカード (八達通) を購入しておくと、地下鉄やバスなどの公共交通機関の料金支払いがスムーズにできるのでおすすめです。

香港からマカオへは高速船 (フェリー) もしくはシャトルバスで移動できます。従来はフェリーの利用が一般的でしたが、世界最長の海上橋「港珠澳大橋 (HZMB) 」の開通によりバスも利用可能になりました。空港のバス乗り場よりB4バスを利用し香港口岸を経由しマカオへ渡ることができます。バスのほうがフェリーよりも料金が安いのでおすすめです。

(2019年3月時点の情報)

海外旅行・国際線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。