地図

香港エクスプレス (HK Express) の航空券の検索・予約

香港エクスプレスのチケットをお得に予約するならスカイスキャナー

香港エクスプレスの航空券をお探しでしたら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーは日本の航空会社・LCC・旅行代理店はもちろん、世界中の現地のパートナーを含む1,200社以上の航空券の料金を一括比較し、最安値の航空券を探し出します。航空会社やエアライン・アライアンス別、フライト時間などの条件の中から、お客様のご希望に合った航空券をすばやく簡単に見つけることができます。

香港初そして唯一のLCC 香港エクスプレス

香港エクスプレス(HK Express)は、2013年に香港で初の格安航空会社(LCC)として運航を開始しました。香港で唯一のLCCでもあり、リーズナブルな運賃設定と安全運航をモットーに路線を拡大しつつあります。香港国際空港をハブ空港とし、日本・中国・韓国・台湾・タイ・ベトナム・カンボジアの主要都市と香港を結ぶ定期便を運航しています。日本には成田羽田関空名古屋 (セントレア)福岡のほか、広島高松鹿児島石垣島

の各都市に乗り入れています。2017年10月よりグアム線を開設し、今後も利用者の拡大が見込まれています。2016年には香港エクスプレスの主導により、アジア地域の格安航空会社によるアライアンス「U-FLY Alliance」を設立し、加盟各社間でシームレスな乗り継ぎ・空港サービスを展開していく予定です。

香港エクスプレスの割引運賃

「ファン」「ファン+」「U-BIZ」の3タイプの運賃があります。「ファン」は、座席指定不可で受託手荷物許容量の設定がないベーシックな運賃です。「ファン+」は前方座席の利用が可能で、受託手荷物も25kgまで認められています。「U-BIZ」は少し割高になりますが同日便変更やキャンセルも可能で旅程をフレキシブルに変えられるので、出張などビジネスユース向けの運賃です。

香港エクスプレスのマイレージサービス

「reward-U」というポイントプログラムを展開しています。加入は無料、ポイントの有効期限は最後のフライト利用日から3年間です。希望のフライトに空席があれば、ポイントを利用して特典航空券に交換できるだけでなく、40,000ポイント以上貯めれば航空券代金の一部に充当することもできます。会員本人だけでなく家族や友人にもポイントを使用することができ、グループでポイントが貯められる「reward-Uクルー」という制度もあります。

Uflyパスで会員限定の特典が利用可能!

出張や旅行などで香港に行く機会が多い場合は「Uflyパス」の利用がおすすめです。「Uflyパス」は有料のサービスで年間888香港ドルを支払う必要がありますが、一般発売前にプロモーション運賃の先行予約や座席のアップグレードをはじめ、空港利用時のメリットも多く便利です。また、香港国際空港行きのエアポートエクスプレスを利用する場合、香港駅又は九龍駅でチェックインができます。出発日前日から出発時刻の90分前までチェックインを受け付けているので空港カウンターに並ぶ必要もなく、時間を効率的に使えます。

港エクスプレスの評価

香港エクスプレスでは、他のLCCと比較してもリーズナブルな運賃設定でコストパフォーマンスの高い航空会社として人気があります。キャンペーンなどでプロモーション運賃が適用される機会が多いのも魅力です。プーケットやダナンへの路線もあるので、香港経由でアジアの各都市やリゾートへの旅行を楽しむ人も増えています。

香港エクスプレスの主な就航ルート

日本国内の8都市と香港を結ぶ9路線の定期便が運航しています(2017年8月現在)。2017年10月29日より名古屋(中部セントレア) - グアム線の就航がスタートし、利用客の増加が見込まれています。スカイスキャナーでは、香港エクスプレスは以下の就航便で多く利用されています。

人気の就航ルート 平均フライト時間
羽田空港 (東京) 発 - 香港国際空港 (香港) 行き 4時間20分
関西国際空港 (大阪) 発 - 香港国際空港 (香港) 行き 3時間40分
成田空港 (東京) 発 - 香港国際空港 (香港) 行き 4時間30分
福岡空港 (福岡) 発 - 香港国際空港 (香港) 行き 2時間50分
中部国際空港 (名古屋) 発 - 香港国際空港 (香港) 行き 3時間50分
羽田空港 (東京) 発 - ダナン空港 (ベトナム) 行き 7時間50分
広島空港 (広島) 発 - 香港国際空港 (香港) 行き 3時間40分
高松空港 (香川) 発 - 香港国際空港 (香港) 行き 3時間15分

香港エクスプレスが利用している航空機のタイプ

    ナローボディ機
  • エアバス A320 エコノミークラス 174~188席
  • エアバス A321 エコノミークラス 230席

多くのLCCで採用されているエアバスA320、A321を採用しています。座席の平均サイズは28インチ(約71cm)で、左右に3席ずつ配置されています。ネットワークの拡大に伴い、2018年までに保有機材を30機まで増やす予定です。

香港エクスプレスのサービス

チェックイン

出発空港 搭乗カウンターの場所
羽田空港 国際線ターミナル(3階出発ロビー)
成田空港 第2ターミナル 3階 Fカウンター
関西空港 T1 Aカウンター
中部国際空港(セントレア) 3階 国際線出発ロビー
福岡空港 国際線旅客ターミナルビル 3階 K,Lカウンター
広島空港 2階 国際線出発ロビー
高松空港 1階 国際線チェックインカウンター
鹿児島空港 国際線ターミナル 1階 チェックインカウンター
石垣空港 国際線ターミナル 1階 チェックインロビー
香港国際空港 T2 Pアイル カウンター

香港・羽田・成田・関西・セントレア(名古屋)・福岡空港は出発時刻3時間前からチェックインを受付開始します。広島・高松・鹿児島・石垣は出発時刻の2時間30分前からです。全空港とも出発時刻の1時間前にチェックインを締め切ります。日本・香港出発便の利用であれば、出発時刻の48時間前から75分前までオンラインチェックイン

もできます。

機内持ち込み手荷物と受託手荷物

手荷物の種類 荷物規定
機内持込手荷物 7kgまでの手荷物1個のほか、ハンドバッグやカメラなどの身の回り品1点を持ち込めます。持ち込み手荷物は56x36x23cm以内で、規定を超えた場合は追加料金を支払って受託手荷物として預ける必要があります。
受託手荷物 手荷物のサイズは3辺(縦・横・高さ)の和が158cm以内で手荷物1個あたりの重量は32kgまで。量がオーバーすると超過手荷物料金が発生します。WEBサイトで新規予約時に受託手荷物を申し込む場合は、20kg3,500円、30kg5,500円、30kg5,600円の手荷物料金が設定されています。空港カウンターで手荷物を預ける場合は料金が割高になります。

搭乗クラス

エコノミークラスのみのモノクラスですが、追加料金を支払うことにより足元の広い「スイートシート」を利用できます。スイートシートは、最前列と12・13列の非常口近くの座席に設定されています。空席があれば航空券予約時はもちろん、チェックインカウンターや機内でも「スイートシート」の利用が可能です。なお非常口座席を利用する場合は、緊急脱出時の対応など一部条件が設定されています。

機内サービス

機内食や機内販売サービスを有料で提供しています。点心セットなど香港らしいメニューのほかカップラーメンといったライトミール、スナック、アルコール類もあります。機内販売品には香港についてからすぐ使える香港エアポートエクスプレスの割引チケットもあります。シートモニターなどのエンターテイメントサービスはありませんが、機内誌もセットされており就航地の観光情報などが紹介されています。

予約時の手数料

香港エクスプレスでは、航空運賃のほかに受託手荷物、事前座席予約、予約変更に手数料が設定されています。予約手段にかかわらず手数料を支払う必要がありますが、公式WEBサイトやモバイルアプリで予約をすると手数料が安く設定されているのでお得です。

(2017年8月現在の情報)

香港エクスプレス

3.5/5
753件のレビューに基づく評価

スカイスキャナーは、価格の信頼性、手数料、カスタマーサービス、サイトの使いやすさ などに関するユーザーのフィードバックに基づいて航空会社および旅行代理店の評価測定を実施しています。

詳細を見る

香港エクスプレス お問い合わせ先

航空会社 電話番号

0066-3386-8015

e-Mailアドレス

jp.sales@hkexpress.com​

航空会社Webサイト

http://www.hkexpress.com/ja

航空会社 公式Facebookページ

https://www.facebook.com/HKExpress

このページに表示されている価格は過去15日間で見つかった最安の概算価格です。