地図

エアーズロック コネラン(AYQ)行きの格安航空券・飛行機・LCCの検索

日本からエアーズロックへのフライト

空の玄関口は「エアーズロック空港」で、現在では残念ながら、日本からの直行便が就航していません。したがって、ケアンズなどを経由するのが一般的となっています。

エアーズロック(ウルル)行きの格安航空券はスカイスキャナーでゲット

エアーズロック(ウルル)行きの航空券の価格を比較し格安航空券を手に入れるためにはスカイスキャナーの活用をお勧めします。スカイスキャナーのシステムで主要航空会社・旅行代理店が取り扱う航空券を比較して、最安値の航空券情報を入手してください。もちろん、ご利用は無料。スカイスキャナーでお気に入りの航空券をクリックすると、航空会社または旅行代理店の予約ページに移動し、そこから直接予約することができます。

「大地のへそ」といわれるエアーズロック(ウルル)

エアーズロック(ウルル)は、オーストラリアのほぼ中央に位置。ノーザンテリトリー、ウルルーカタ・ジュダ国立公園内に存在する大きな岩石です。別名「オーストラリアの赤い心臓」と言われるアボリジニの聖地であり、「世界の中心」という意味合いで「大地のヘソ」もしくは「地球のヘソ」と呼ばれることもあります。西オーストラリア州にあるマウント・オーガスタスに次いで、世界で二番目に大きな単一の岩石となっています。

複合遺産として世界遺産登録されているエアーズロック(ウルル)

「エアーズロック」という名称は1873年、イギリスの探検家ウィリアム・ゴスが発見し、当時のサウス・オーストラリア植民地総督、ヘンリー・エアーズにちなんで名づけたもの。1987年にユネスコの世界遺産に指定されましたが、自然遺産に留まらず、先住民(アボリジニ)の持つ文化的側面も認められ、自然遺産と文化遺産を合わせた複合遺産として登録されています。「エアーズロック」は、オーストラリアの観光地として誰もが思い浮かべる場所。大陸の中央、砂漠の真ん中にある、地上335メートル(標高868メートル)、周囲9.4キロメートルもの巨大な一枚岩は、その強烈な存在感で多くのツーリストを魅了します。

エアーズロック (ウルル)に関連するおすすめ情報

そのほかエアーズロック (ウルル)のおすすめ情報をスカイスキャナーニュースでもご紹介しています。

エアーズロック (ウルル)への滞在でホテルをお探しですか?

エアーズロック (ウルル)のお得な格安ホテルをお探しならスカイスキャナーのホテル検索をご活用ください。世界中の大手旅行サイト・ホテル公式サイトの価格をまとめて比較できるので、お得なエアーズロック (ウルル)エリアのホテル・宿・ホステルをご予約頂けます。

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。