地図

プサン (釜山) 行きの格安航空券の検索

釜山行きのフライト

釜山 金海国際空港 (PUS) は釜山の空の玄関口ともいえる国際空港です。日本をはじめ中国・台湾・香港・タイなどアジアの航空会社が乗り入れています。また日本と釜山を結ぶ路線はLCCの参入も多く、リーズナブルな航空券で気軽に釜山まで行けるのが魅力。関西国際空港からは1時間30分ほどのフライトで、釜山旅行を日帰りで楽しむことも可能です。日本からは東京 (成田)大阪 (関空)中部国際 (セントレア)福岡札幌 (新千歳)沖縄 (那覇) の6都市から釜山行きの直行便が就航しています。他の国内都市から出発する場合は、日本で国内線から国際線に乗り継ぐか、ソウル (金浦) を経由して韓国国内線を利用して釜山まで行くこともできます。ソウルで乗り継ぐ場合は、空港での待ち時間・乗り継ぎ所要時間も確認して予約をしましょう。

プサン(釜山)行きの航空券の相場・旅行のベストシーズン

航空券の相場

日本からプサン(釜山)行きの航空券は、年間の平均で約23,200円です。(*1)

プサン(釜山)行き航空券の安い時期・高い時期

1年で最も運賃が安い時期は6月。往復航空券の相場は約19,400円と年間平均運賃より17%下がり、2万円以下で購入できる場合もあります。9月~11月平均運賃より3~9%安く、相場は21,000円~22,000円台8月は年間で最も航空運賃が高いシーズンで年間平均運賃よりも14%アップしますが、日本から近いこともあり往復航空券は26,000円台が相場です。日本から釜山へはLCCも就航しているので、予約時にセール運賃が適用されるフライトを選べば、最安値の航空券を利用できる可能性もあります。

日本と同じく四季の区別がはっきりしている釜山。東京と似たような気候で、冬もソウルほど寒さが厳しくないので、季節ごとに異なった楽しみ方ができる都市です。日本と同じく9月ごろには台風が襲来することもありますが、春と秋は雨も少なく天気も安定しているので旅行にはおすすめのシーズン。日本からも近いので、週末や連休を利用して気軽に行くことができます。

*1: エコノミークラス・大人1名あたりの往復運賃
*2: 価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算しています

相場より割安で入手できる航空券

お得な航空券の情報は同ルートにおける過去1年間の平均価格を基準に、過去24時間以内に見つかった20%以上安いフライト価格を抽出して表示しています。価格は毎日更新。

プサン(釜山)行きの格安航空券はスカイスキャナーで検索

メタサーチとは?プサン(釜山)行きの飛行機チケットの価格を比較し格安で手に入れるなら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行代理店が取り扱う航空券のリアルタイムの価格を一括比較し、お客様に最安値の航空券をすばやく表示。また価格以外にも日程・所要時間・航空会社を変更・絞り込むことができるので、お客様に最適な航空券を簡単に見つけることができます。
航空券の価格を比較しクリックすれば、航空券を取り扱う旅行代理店・航空会社のサイトから直接プサン(釜山)行きのフライトをご予約いただけます。

釜山行きの便を就航する航空会社

日本から釜山へはJAL (日本航空)大韓航空のほか、LCCも多数就航しています。釜山を拠点とする韓国のLCCエアプサンをはじめ、ジンエアーチェジュ航空イースター航空 (イースタージェット)ティーウェイ航空が定期便を運航。ピーチも関西国際空港より釜山行きのフライトを毎日運航しています。LCCの飛行機は近・中距離向けの機材が導入されているのでコンパクトな座席ですが、釜山まではフライト時間が短く身体への負担も少なく快適に過ごせます。LCCは片道だけの予約も可能なので、ソウルやチェジュなど複数の都市を周遊することもできます。

プサン 釜山空港から市内中心部へのアクセス方法

市内中心部までの主な交通手段は、リムジンバス・ライトレール・タクシーです。

・リムジンバス

釜山空港から釜山駅方面と海雲台 (ヘウンデ) 方面へリムジンバスが運行しています。釜山駅方面はロッテホテル・現代百貨店・南浦洞、海雲台方面はセンタムホテル・パークハイアット・ウェスティンといった主要スポットやホテルに停車します。運賃は6,000~7,000ウォンです。

・釜山-金海軽電鉄

2011年に開通した金海市と釜山市を結ぶ無人運行のライトレールです。釜山空港から3駅目の沙上駅で地下鉄2号線、大渚駅で地下鉄3号線に乗り換えれば市内中心部まで行くことができます。空港から沙上駅・大渚駅までは1,200~1,300ウォンです。ハナロカード、マイビカードといった交通カードも利用できます。

・タクシー

一般タクシーと模範タクシーがあり、料金が少し割高になりますが模範タクシーには日本語や英語が話せるドライバーもいます。中心部の繁華街・西面 (ソミョン) までは約20分、南浦洞までは約35分で、料金は13,000~15,000ウォンです。海雲台までは約60分で到着。料金は約22,000ウォンが目安です。渋滞などの交通事情によって料金が異なります。

釜山旅行のお役立ち情報

日本から気軽に行ける釜山の見どころ

韓国八大美景のひとつでもある釜山の名所、海雲台 (ヘウンデ) ビーチ。1.8キロにわたり美しい砂浜が続いており、夏は海外からの観光客だけでなく韓国国内からも多くの人がバカンスに訪れます。市内中心部と海雲台を結ぶ広安大橋はダイヤモンド・ブリッジとも呼ばれ、夜になると橋がライトアップされ海辺からの夜景も楽しめます。海水浴場砂浜の近くには海雲台屋台村があり、新鮮な海産物が味わえるグルメスポットです。
毎年10月になるとアジア最大級ともいわれる釜山国際映画祭も開催され、メイン会場となる映画の殿堂 (釜山シネマセンター) は夜になると12万個のLEDライトが点灯。昼間とは一転、幻想的な雰囲気になります。近くにはロッテ百貨店やスパなどが集まったセンタムシティがあり、ショッピングも楽しめます。また釜山一の繁華街である南浦洞 (ナンポドン) の光復路 (ガンボッロ) 通りは、おしゃれなカフェやショップがたくさん集まり、多くの人で賑わっています。付近には釜山の街を一望できる釜山タワーもあり、定番観光スポットとして人気があります。

釜山観光には便利なハナロカード、マイビカードを使いこなそう!

ハナロカード、マイビカードは釜山で利用されている交通カードで、電子マネー機能もついています。釜山の地下鉄やバスに乗車する際やコンビニでの支払いに利用できます。使い方は日本のSuicaやPASMO、ICOCAとほぼ同じ。あらかじめ必要な金額をチャージしておき、地下鉄やバスへの乗車時にセンサーにタッチするだけです。カードは地下鉄の駅やコンビニで購入・チャージができ、街歩きや散策時にとても便利。釜山地下鉄の駅にあるチャージ機は日本語メニューもあるのでスムーズに操作できます。ソウルで主に利用されている交通カードT-moneyカードも釜山の地下鉄や路線バスでも利用可能。ソウルを旅行した時に使ったT-moneyカードを持っている人は、新たにハナロカード、マイビカードを購入しなくてもチャージをすればそのまま釜山でも利用できます。

海外旅行におすすめの情報・ツール

プサン(釜山)への滞在でホテルをお探しですか?

プサン(釜山)のお得な格安ホテルをお探しならスカイスキャナーのホテル検索をご活用ください。世界中の大手旅行サイト・ホテル公式サイトの価格をまとめて比較できるので、お得なプサン(釜山)のホテル・宿・ホステルをご予約頂けます。

人気都市発金海国際行き格安航空券

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。