地図

羽田空港 (HND) 発 - 伊丹空港 (ITM) 行きの飛行機・LCCの検索

おすすめの直前予約割引航空券

どこかに出かけてみませんか?今からでも間に合います。直前予約が可能な大阪行きのおすすめ航空券をご紹介します。
過去14日間で見つかった最安の概算価格を表示しています。

東京 羽田発 - 大阪 伊丹行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥16,229

直行便航空会社

6

週の便数

225

平均飛行時間、合計距離402 km

1 時間 5 分

先月の最も人気の航空会社

日本航空(JAL)

大阪 伊丹

1 空港

よくある質問

大阪 伊丹には 1 つの空港があります。大阪 伊丹です。
スカイスキャナーで見つけた東京 羽田から大阪 伊丹までの最安フライト料金は、¥16,229です。これは各航空会社を総合して見つけた料金で、当月で最も安い金額です。
東京 羽田から大阪 伊丹までの平均フライト時間は1 時間 5 分です。
東京 羽田から大阪 伊丹まで直行便を出しているエアラインは、6 社あります。
8月時点では、東京 羽田から大阪 伊丹までは毎週 225 本のフライトがあります。

羽田空港から伊丹空港行き ルートの基本情報

羽田-伊丹線は国内航空ネットワークにおける幹線のひとつで、直行便が1日に30便運航しています。新幹線との競合路線ですが、早期購入割引運賃をはじめ多様な割引運賃が設定されスケジュールや予算にあわせて航空券を選択できます。また伊丹空港と関西国際空港は大阪のマルチエアポートとして両空港間の相互利用が認められているので、 (往路) 羽田-伊丹、 (復路) 関西-羽田 といった旅程も利用可能です。

羽田空港 (HND) -伊丹空港 (ITM) 直行便を就航する主な航空会社・LCC

JAL (日本航空) ANA (全日空)

JALとANAはスカイトラックス (Skytrax) の格付けで世界最高評価の5スターを獲得。キャビンの快適性・機内サービスの品質には定評があり、羽田-伊丹線のように短時間のフライトでも満足度の高いサービスを体験できます。JALではファースト・クラスJ・普通席の3クラス仕様の機材を羽田-伊丹線に導入し、ANAもプレミアムクラス・普通席の2クラスを設定。グレードの高い座席はビジネス利用客を中心に人気があります。

定期便の便数

JAL (日本航空) :15便、ANA (全日空) :15便

JAL・ANAともに1日15便ずつの設定で、朝6時台から夜19時台まで1時間に1~2便のダイヤ編成です。羽田空港ではJALとANAでターミナルが異なるため、羽田で国際線・国内線から乗り継ぐ際にターミナル移動を伴う場合は時間に余裕をみておきましょう。

直行便以外のアクセスルート

直行便は便数も多く短時間で移動できるので便利ですが、松山空港・高知空港で飛行機を乗り継ぐことも可能です。乗り継ぎ便を利用した場合、伊丹空港到着までの所要時間は3時間前後が目安になります。

路線の概要・メリット

羽田空港発-伊丹空港行き航空券の相場
ビジネス需要の高い路線のひとつで、年間を通して航空券の相場が安定しています。通常期の往復航空券は17,000~18,000円台が相場。8月の旧盆期間中も早期に予約をすれば、通常期と同程度の金額で往復航空券を利用できます。選択する便によっても価格が異なり、早朝発とお昼のフライトは比較的リーズナブルな運賃設定です。

路線の特徴
東京と大阪を結ぶ幹線で新幹線とも競合している路線のひとつです。平日は出張などビジネスでの利用客が7割を超え、週末や休日になると旅行やレジャーを目的とした利用者が増えます。片道1時間5分と短時間で移動できるのが航空便の最大のメリット。LCCは就航していませんが、早期に予約すれば割引率の高い運賃が適用され、片道1万円以下の格安航空券を利用できます。

発着空港の概要

羽田空港
羽田空港は国内線45路線・国際線35路線の定期便が発着する国内で最大規模の空港です。国内航空輸送における基幹空港のひとつで、年間旅客数は8,500万人を超えています。空港は3つのターミナルから構成されていますが、第2ターミナルの一部は国内線・国際線共用化となることから、第2ターミナルには新たにサテライト (別棟) がオープン。ANA・エアドゥ・ソラシドエア便が発着しています。空港ターミナルの機能性・快適性は利用者からの評価も高く、スカイトラックス (Skytrax) より5スターエアポートに選定されました。空港内にはショップやレストランだけでなく、ボクシングフィットネスジムやチタン浴カプセルなどのリラクゼーションスポットもオープン。出発前や到着後もさまざまな楽しみ方ができます。

伊丹空港
伊丹空港は国内線33路線 (季節運航便を含む) の定期便が発着し、年間旅客数は約1,500万人です。関西国際空港と伊丹空港は大阪のマルチエアポート (同一都市における複数空港) に設定され、空港間での相互利用が認められています。旅行やビジネスの都合にあわせて (往路) 羽田-伊丹、 (復路) 関西-羽田といった旅程を組むことも可能。大阪市内中心部にも近く、出張などビジネスでの利用客が多いのも特徴です。旅客ターミナルは全面的にリニューアルが進められ、出発・到着時の旅客導線がスムーズになり利便性が向上しました。2019年にはJAL・ANAのラウンジもリニューアルオープン。2025年大阪万博の開催にむけて空港機能の強化が進められ、空港全体もスタイリッシュな雰囲気に生まれ変わりつつあります。

市内中心部-空港間のアクセス方法

羽田空港
羽田空港は東京都心部から約20km南東に位置し、空港への主なアクセス手段はモノレール・鉄道・リムジンバス・タクシーです。空港ターミナルには東京モノレール・京浜急行が乗り入れ、浜松町駅や品川駅から約30分で空港駅に到着します。品川駅では東海道新幹線からの乗り換えもスムーズです。また新宿・渋谷・池袋・品川・銀座・東京駅周辺の主要ホテルやターミナル駅から羽田空港行きのバスも利用できます。車の場合は、首都高速道路湾岸線・空港中央出入口から空港まですぐです。羽田空港は利用する航空会社によってターミナルが異なるため、駐車場も第1ターミナル (P1・P2) と第2ターミナル (P3・P4) に分かれています。定額制タクシー (事前予約制) は小さなお子様と一緒の方や高齢者の方にとって移動の負担が少なく、自宅やオフィスからドア・ツー・ドアで移動できるので便利です。

伊丹空港
伊丹空港は大阪市内中心部から15kmに位置し、関西主要都市へのアクセスが便利な空港です。空港の正面にモノレールの駅があり、1駅となりの蛍池駅で阪急線に乗り換えられます。阪急線を利用すれば、梅田まで約30分でアクセスできるだけでなく、京都・三宮・西宮・宝塚方面にもアクセス可能です。空港リムジンバスは路線数が多く、大阪駅 (梅田) ・なんば・あべの橋 (天王寺) ・上本町のほか、阪神甲子園駅・阪急西宮北口駅にも運行しています。ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™行きのリムジンバスも利用できるので、レジャーにも便利です。到着ロビーには国内主要レンタカー会社の案内所もあります。阪神高速道路11号池田線・大阪空港出入口が空港最寄りのインターチェンジです。

(2019年5月時点の情報)

国内旅行・国内線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。