地図

宮崎 (KMI) 発 - 東京 (TYOA) 行きの飛行機・格安航空券の検索

宮崎発 - 東京行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥9,857

直行便航空会社

8

週の便数

137

平均飛行時間、合計距離902 km

1 時間 30 分

先月の最も人気の航空会社

全日空 (ANA)

東京 成田および東京 羽田

2 空港

宮崎空港 (KMI) -羽田空港 (羽田) まで直行便を就航する主な航空会社・LCC

JAL (日本航空) ANA (全日空) ソラシドエア

JAL便の一部のフライトはグループ会社のJ-AIRが運航しています。JAL国内線の標準仕様となっているJAL SKY NEXTは、グッドデザイン・ベスト100の受賞歴もあり、本革シートのスタイリッシュなキャビン。ANAはプレミアムクラスも選択可能で、コードシェア提携によりソラシドエア運航便をANA便名でも予約できます。ソラシドエアは宮崎に本社を置く航空会社で、九州産の素材にこだわったアメニティグッズやスイーツなどの機内販売品など九州・沖縄の翼としてオリジナリティのあるサービスが人気です。

宮崎空港 (KMI) -成田空港 (NRT) まで直行便を就航する主な航空会社・LCC

ジェットスタージャパン

ジェットスタージャパンは2017年12月より宮崎-成田線を開設しました。宮崎のほか、福岡・長崎・大分・熊本・鹿児島の九州6都市に路線ネットワークを展開。LCCの国内線で最大シェアを誇り、2018年6月には累計搭乗者数が2,500万人を突破しています。

定期便の便数

宮崎発-羽田行きの直行便 JAL (日本航空) :6便、ANA (全日空) :5便、ソラシドエア:7便
宮崎発-成田行きの直行便 ジェットスタージャパン:1~2便

羽田行きは1日17便と便数が多く、朝7~10時台発のフライトが6便設定されています。羽田空港経由で東北や北海道方面へのフライトに乗り継ぐことも可能。またJALはワンワールド (oneworld) 、ANAはスターアライアンス (Star Alliance) に加盟していることから、同じアライアンスパートナーの国際線フライトへの乗り継ぎも便利です。ジェットスターは曜日によって便数が異なり、平日は1日1便ですが、週末は1日2便のダイヤ編成になります。

直行便以外のアクセスルート

宮崎発-東京行きのフライトは直行便を利用するのが一般的です。羽田空港行きの場合、福岡空港または伊丹空港を経由するルートも利用可能。移動時間が3時間~3時間30分ほどかかるので、直行便のほうが時間を効率的に使えるメリットがあります。

路線の概要・メリット

宮崎発-東京行き航空券の相場
宮崎-東京線の航空券はシーズナリティによって相場が変わり、夏高冬安傾向にあります。春から夏のレジャーシーズンはやや相場が高くなり、航空券の価格は片道23,000円前後までアップ。秋から冬にかけては相場が安く、航空会社の設定する早期購入割引を利用すれば最安で片道10,000円以下の航空券もあります。LCCのフライトは需要動向や空席数によって価格が変動するため、利用者の増える連休や週末は価格が高くなりますが、平日であれば片道5,000円以下の航空券も利用可能です。

路線の特徴
首都圏から宮崎への観光客や出張客が復路便として利用するほか、東京へのレジャーを目的とした旅客も多い路線です。また羽田・成田空港発の国際線に乗り継ぐ人も少なくありません。2017年12月よりLCCが宮崎-成田線に就航したことから格安航空券を利用できる機会が増え、宮崎と首都圏双方の観光需要喚起にも役立っています。宮崎は年間を通して温暖な気候なため、ゴルフリゾートも多く、プロ野球をはじめスポーツチームのキャンプ地としても有名。宮崎と首都圏を結ぶ航空便の利用者も増加傾向にあります。

(2018年11月時点の情報)

発着空港の概要

宮崎空港
宮崎空港は宮崎市中心部から5kmと比較的近い場所にあります。旅客ターミナルは南国らしい雰囲気で、宮崎ブーゲンビリア空港という愛称がつけられました。国内線は羽田・成田・伊丹・関西・名古屋・福岡・沖縄 (那覇) の7路線、国際線はソウル・台北・香港の3路線の定期便が就航。小型機にも対応するボーディングブリッジが設置され、高齢者や足が不自由な人もスムーズに搭乗できるようになりました。空港内には親子で楽しめるエアプレインパークもあり、コックピット搭乗体験も可能。エアラインラウンジはありませんが、JAL・ANA共用の「ラウンジ大淀」を利用できます。2018年11月にリニューアル工事により座席数が大幅に増加。飛行機出発前にリラックスした時間を過ごせます。

羽田空港・成田空港
羽田空港成田空港は首都圏の空の玄関口であり、国内外の主要都市と東京を結ぶ定期便が数多く発着しています。羽田空港は国内線 (第1・第2) ターミナルと国際線ターミナルに分かれ、JALは第1ターミナル、ANAは第2ターミナルを使用。第2ターミナルには2020年以降、国際線も乗り入れ予定です。旅客ターミナルの機能性・快適性、乗り継ぎの利便性などが高く評価され、スカイトラックス (Skytrax) より5スターエアポートに選定されています。成田空港は国際線の発着がメインですが、国内線にもLCCの参入が続き21路線が就航。成田-宮崎線も2017年12月に開設されました。羽田・成田両空港とも都心部への交通アクセスも便利です。

市内中心部-空港間のアクセス方法

宮崎空港
宮崎空港は宮崎市中心部から約5kmに位置し、空港までの主な交通手段は空港リムジンバス・鉄道 (JR) ・車です。空港リムジンバスを利用すれば、宮崎駅からは約25~30分、バスターミナルのある宮交シティからは約10~15分、シーガイア (シェラトングランデ) からは約25分で宮崎空港に到着します。また旅客ターミナルビルの正面にはJR宮崎空港駅があり、日豊本線宮崎・延岡・大分方面からもアクセス可能。JRは1時間に2~3本の運行間隔なので事前に飛行機の出発時間とあわせて時刻表を確認しておくことをおすすめします。車の場合、空港までの所要時間は宮崎市街・青島方面から約20分が目安。高速を利用すれば都城から約50分、延岡から約1時間15分、高千穂からは約2時間で空港までアクセス可能です。

羽田空港
羽田空港は東京23区南部に位置し、都心部へのアクセスも便利です。モノレール・京急ともに旅客ターミナルの地下に乗り入れているので、到着ロビーから乗り場までスムーズに移動できます。モノレールなら浜松町駅まで最短18分、京浜急行なら品川駅まで20~25分でアクセス可能です。浜松町駅や品川駅ではJRに乗り換え可能で、品川駅からは東海道新幹線も利用できます。また新宿・渋谷・池袋・赤坂・銀座・丸の内など都内各エリアにある主要ホテルやターミナル駅まで空港リムジンバスも運行。東京ディズニーランドや横浜みなとみらい地区方面行きの路線があり、空港からレジャー施設までダイレクトにアクセスできます。また都内各地への定額タクシーを利用可能です。

成田空港
成田空港は都心部からやや離れた立地条件にあるものの、鉄道や空港リムジンバスを利用すれば都心部まで1時間前後でアクセス可能です。成田エクスプレスなら東京駅までノンストップで約50分、京成スカイライナーなら京成上野駅まで最短41分で到着します。空港リムジンバスも都内の主要ホテルのほか、首都圏のターミナル駅に運行しています。銀座・東京駅と成田空港を片道900~1,000円で利用可能な格安バスも人気があり、日中は約20分間隔で運行。成田空港からの所要時間は70分とスピーディーです。

国内旅行・国内線の検索におすすめの情報・ツール

格安航空券の検索におすすめのツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。