スカイスキャナー ニュース エコノミーとプレミアムエコノミークラスの比較

すべての記事

エコノミーとプレミアムエコノミークラスの比較

航空各社が続々と導入しているプレミアムエコノミー。エコノミーと一体何が違うの?と思っているあなたに、今回は各社の二つの座席クラスの違いについて詳しくご紹介します。

ANA

エコノミー プレミアムエコノミー
座席配列3-3-32-3-2(横7席配列)
座席数102席21席
シート幅非公表約49cm
シートピッチ約79cm約97cm
個人モニター
サイズ
高解像度9インチタッチ
パネル
10.6インチタッチパネル式の
大型液晶モニター
(最前列は12.1インチ)
USBポート、PC電源

※B787-8(169席)の場合

プレミアムエコノミークラスのシート以外の特徴やサービス
・こだわりのお食事とお飲み物
・スパークリングワインやANAオリジナルのドリンクやバラエティに富んだスナック
・各シートにレッグレストやフットレスト(2列目以降)、ユニバーサル電源
・方向が自由に調整できるパーソナルライト
・アメニティグッズ
・優先カウンターでの搭乗手続き
・空港ラウンジサービス(一部利用できない空港あり)
※プレミアムエコノミー、エコノミークラスとも、受託手荷物は23㎏以下、2個まで無料

プレミアムエコノミーが導入されている路線はこちらで確認を。

ANAの航空券を確認

JAL

エコノミー プレミアムエコノミー
座席配列3-4-22-4-2(横8席配列)
座席数154席40席
シート幅約47cm(一部座席を除く)約48cm(一部座席を除く)
シートピッチ約84〜86cm約107cm(一部座席を除く)
個人モニター
サイズ
10.6インチ
12.1インチ
(最前列はサイズが異なる)

※国際線新仕様機材「JAL SKY SUITE777 (777-200ER)」の場合

プレミアムエコノミークラスのシート以外の特徴やサービス
・エコノミークラスで提供されるビール・ワイン・ウィスキー・日本酒に加えて、シャンパン、焼酎、ペリエなどのドリンクを提供(全て無料)
・間食サービスとしてカップ麺などを提供
・A4サイズPCが楽に置ける大型テーブル
・大型レッグレストと3段階に調節可能なフットレスト
・各シートに電源を個別で設置
・歯ブラシ、耳栓、アイマスク、保湿マスク等の充実したアメニティグッズ(中国、香港、台湾線を除く)
・プレミアムエコノミークラスの専用チェックインカウンターでチェックイン
・空港ラウンジサービスが利用可能
・プライオリティバッケージサービスとして、手荷物を到着空港でファーストクラス、ビジネスクラスに次いで、迅速に引渡し
※プレミアムエコノミー、エコノミークラスとも、受託手荷物は23㎏以下、2個まで無料

ホノルル線を含む数多くの路線に導入されているので、こちらで確認してみてください。

JALの航空券を確認
 

アメリカン航空

アメリカン航空では、「メインキャビン」(エコノミークラス)よりシートのピッチが広く優先搭乗の対象となるシート「メインキャビンエクストラ」、そして「プレミアムエコノミー」があります。

メインキャビンメインキャビン
エクストラ
プレミアム
エコノミー
座席配列3-3-33-3-32-3-2
座席数200席34席21席
シート幅約41〜44cm約44cm
約48cm
シートピッチ約79cm約89cm約97cm
個人モニター
サイズ
非公開非公開11インチの大型
モニター

※ボーイング787-9 (285席の場合)の場合

プレミアムエコノミークラスのシート以外の特徴やサービス
・グレードアップした事前予約可能な食事、ワイン、ビール、スピリッツが無料
・拡張可能なフットレスト、ヘッドレストを備えたリクライニング式レザーシート
・枕(ランバーピロー)とブランケット
・コールハーンのポーチに入ったアメニティキット、ノイズ低減ヘッドフォン
・広々とした足元スペースと、幅広いシートのゆったりした空間
・優先チェックイン・優先搭乗・優先手荷物タグサービスアメリカン航空では、メインキャビンでも下記のサービスが受けられます。
・国際線機内Wi-Fi ・各座席にAC電源コンセントとUSBポート
※受託手荷物(23kgまで)が2個まで無料(日本発着の国際線を利用する場合)

アメリカン航空の航空券を確認
 

シンガポール航空

エコノミー プレミアム
エコノミー
座席配列3−3-3 (B777-300ER, A350)
3-4-3 (A380メインデッキタイプ)
2-4-2 (A380アッパーデッキタイプ)
2-4-2
座席数187席 (A350)
184席 (B777-300ER)
342・245・333席 (A380)
154席
シート幅約45.7cm約49.5cm
シートピッチ約81cm約96.5cm
個人モニター
サイズ
11.1型フルHDタッチスクリーンモニター
(B777-300ER、A350、A380)
10.6型モニター(A380の一部の機材)
13.3型フルHD
タッチスクリーン
モニター

※B777-300ER、A350、A380の場合

プレミアムエコノミークラスのシート以外の特徴やサービス
・シャンパンの提供
・事前に機内食を選べるサービス「ブック・ザ・クック」
・優先チェックインと搭乗手続き、優先手荷物受取
※無料受託手荷物許容量35kgまで(エコノミークラスは30㎏まで)

シンガポール航空の航空券を確認
 

ブリティッシュエアウェイズ

ワールドトラベラー
(エコノミー) 
ワールドトラベラープラス
(プレミアムエコノミー)
座席配列3−3-3 2-4-2
座席数185席44席
シート幅約44cm約46cm
シートピッチ約79〜86cm約97cm

※B777-300ER型機の場合

ワールドトラベラープラスのシート以外の特徴やサービス
・フライト時間と所要時間を考慮した3コースミール(メインディッシュはビジネスクラス「Club World」のメニューの中から、任意で2種類提供)を高級陶器とナプキンで
・ノイズ低減ヘッドフォンとフットレスト、ユニバーサル電源
・クッションとブランケット、歯ブラシ、練り歯磨き、靴下、アイマスクなどが揃ったアメニティキット
・優先搭乗でエコノミークラスの乗客より先に搭乗
※プレミアムエコノミー、エコノミークラスとも、受託手荷物は23㎏以下、2個まで無料(日本発着の国際線を利用する場合)

ブリティッシュ・エアウェイズの航空券を確認

エールフランス航空

エコノミープレミアムエコノミー
座席配列3−3-3 2-3-2
座席数225席21席
シート幅44cm48cm (B777の場合)
シートピッチ84cm約97cm
個人モニターサイズ28cm10.4インチの
ワイドスクリーン

※B787-9の場合

プレミアムエコノミークラスのシート以外の特徴やサービス
・ビジネスクラスメニューからインスピレートした前菜の後、メインディッシュ
・セルフサービスのビュッフェでアイスクリーム、ミ二サンドを
・ノイズキャンセラーシステムのヘッドセット
・方向を調節できる個人用読書灯
・電源およびUSBポート(ほとんどのフライトで可能)
・6ヶ月ごとにデザインが変わるアメニティポーチとミネラルウォーターを1本
・優先チェックイン、優先搭乗、優先手荷物取り扱い

※エコノミークラス、プレミアムエコノミーとも、無料受託手荷物は、日本発パリ行き往復の航空券を日本で購入した場合、23 kgの手荷物を2個(最大158 cm)、機内持込手荷物は、ハンドバッグ類に加え合計18kg以内を1個まで無料。また、両クラスとも、事前予約のア・ラ・カルトミール(有料)を楽しむことができます。

エールフランス航空の航空券を確認

ルフトハンザ ドイツ航空

エコノミープレミアムエコノミー
座席配列3−3-22-4-2(横8席配列)
座席数224席40席
シート幅40cm以上45.7〜48.8cm
シートピッチ78.5cm約96.5cm
(一部座席を除く)
個人モニターサイズ9インチ11または12インチ

※A350-900の場合

プレミアムエコノミークラスのシート以外の特徴やサービス
・空港ラウンジを有料で利用可能
・機内にてフルーティーなウェルカムドリンク
・ペットボトル置きや小物置きなどの多くの収納スペース
・特製アメニティキット
・食事はメニューカードから選び、陶器の食器に盛り付けての提供
・無料受託手荷物は23 kg 、2個まで(エコノミークラスは23 kg 、1個まで)

※ドイツ発の長距離路線のエコノミークラス、プレミアムエコノミーともで、事前予約の「アラカルトダイニング」(有料)を楽しむことができます。

ルフトハンザ ドイツ航空の航空券を確認

アリタリア- イタリア航空

エコノミープレミアムエコノミー
座席配列B777 3-4-3(一部3-3-3) 
A330 2-4-2(一部2-3-2)
2-4-2(B777 横8席配列) 
2-3-2(A330 横7席配列)
座席数239席(B777)
213席(A330)
24席(B777)
17席(A330)
シート幅約42cm(B777)
約43cm(A330) 
約49cm(B777)
約52cm(A330) 
シートピッチ約76~89cm(B777)
約79~81㎝(A330)
約94~97㎝(B777)
約96.5㎝(A330)
個人モニターサイズ9インチ10.6インチ
(A330のみUSBポート)

※この記事は、2018年7月時点の情報に基づいています。

地図