スカイスキャナー ニュース 少しでも安く航空券を買うために知っておくべきこと

すべての記事

少しでも安く航空券を買うために知っておくべきこと

少しでもお得に航空券を買いたい!でも自分が買おうとしている航空券がベストなものなのか自信がない、という方は多いはず。今回は少しでも安い航空券を購入するとっておきの方法を6つご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

1. 必ずしも早めの購入がお得とは限らない

Booking early isn’t everything

LCCが就航ルートを増やし、これまでの航空券価格が嘘のような、破格の航空券が販売されています。でもいつが一体一番安いのか、わからずに混乱してしまいますよね。そこでおすすめなのが、スカイスキャナーの「プライスアラート」。設定しておけば、指定したルートの価格が変動するとメールやアプリのプッシュ通知でお知らせしてくれます。設定方法はこちらをチェック!

2. スケジュールを柔軟にする

仕事や学校の関係でなかなか休みを取ることができない、そんな人も、うまく探せば週末発着でも航空券が安いタイミングがあるのです。もし出発時間を気にしないのであれば、スカイスキャナーの「チャート表示」がおすすめ。この機能を使うと、その月の一番安いチケットを検索できるのでとっても便利です。使い方はこちらの記事をチェックしてみてください。

変動する価格をグラフ形式で日別にわかりやすく表示!

3. あえてホリデーシーズンを選ぶ

ビジネスクラスの話ですが、出張で飛行機に乗る人の中には、エコノミークラスとの差額分を自身で払い、ビジネスクラスへアップグレードすることを選ぶ人も多くいます。よって出張で飛行機に乗る人が少ないシーズン、例えば夏休みや冬休みなどのホリデーシーズンはビジネスクラスが安くなる可能性があるのです。

ちなみに、エコノミークラスの座席を予約して、ビジネスクラスにアップグレードされるチャンスを狙いたい!という人は「無料で座席をアップグレードしてもらう8つの裏ワザ」をぜひ参照してみてくださいね。

4. 航空会社と友達になる

自分が好きな航空会社やよく利用する航空会社のメルマガを受け取ることは、セール情報をいち早く受け取る、手っ取り早い方法でもあります。航空会社の中には、ソーシャルメディアでセールの情報を伝えることもあるので、フォローするのもいいかもしれません。

5. 片道ずつチケットを買ってみる

目的地が決まったら往復航空券を手配することが多いと思いますが、片道ずつ買った方が安い時もあります。航空会社によっては、出発の日に安いチケットが残っている場合もありますが、帰りの日が高くなってしまう、なんていうことも。行きと帰りを違う航空会社にするというのも選択肢に入れておけば、より安いチケットを購入することができるかもしれませんよ。

6. 出発・到着空港を変えてみる

最短で行ける空港ではないけれど、さほど遠くはない空港を利用するというのも安いチケットを購入する秘訣です。例えば東京から出発するときは、成田からと羽田からでは値段がまったく違うことも。またロンドンに行くときも、ヒースロー空港とガトウィック空港やスタンステッド空港では異なる場合があります。

スカイスキャナーでは、下図のようにその都市の「すべての空港」を選択できるのでおすすめです。

ロンドンへ行きたい時は「ロンドン(すべての空港)」を選択!

いかがでしたか。次の旅行は、今回ご紹介した6つのコツを使って、お得な航空券を見つけてくださいね!

地図