スカイスキャナー ニュース タイのお正月 「ソンクラーン」水掛け祭りの楽しみ方

すべての記事

タイのお正月 「ソンクラーン」水掛け祭りの楽しみ方

近年では水掛け祭りとしても有名な、タイ正月のソンクラーン(Songkran Festival)。2019年も例年通り、4月13~15日に行われる予定です。ソンクラーンの歴史や、楽しみ方、期間中の注意事項などを、バンコクWeb特派員のサカモトヨウコさんにご紹介いただきます。

1. 2019年のソンクラーン日程

毎年、世界中から人が集まるタイ正月の一大行事、ソンクラーン(Songkran Festival)。お祭りを目当てに、この時期は毎年タイ人の若者や世界中からの旅行者が集まり、無礼講ともいえる激しい水の掛け合いが繰り広げられます。

2019年の日程は下記の通りです。

2019年 タイ・ソンクラーン (Songkran Festival)
2019年4月13日(土)~15日(月)の3日間

2. ソンクラーンとは

ソンクラーンとは「タイの正月」で、太陽の軌道が12ヵ月の周期を終えて、新たに牡羊座に入る時期を祝うものでした。しかし、1941年にタイが仏暦ではなくグレゴリオ暦を導入し1月1日(西暦)を元旦として以来、ソンクラーンは「祝日」と定められたのだそうです。

 今でもソンクラーンの時期には、日本のお正月のように大多数の人が、地方へ帰省して家族と過ごしたり、旅行したりと休日を満喫しています。また、多くの個人商店や会社ではその前後を含めた1週間〜10日程が休みとなり、露店や食堂なども閉められ、渋滞が慢性化しているバンコクが突如閑静な街に様変わりするのです。

もともとソンクラーンは仏像や仏塔に加え、僧侶・両親・目上の人といった、人の「手」に水をかけてお清めをして、祈祷や新年の祝いの言葉をいただくという伝統的な風習だったのですが、いつの日か「水掛け祭り」に変わりました。 

3. ソンクラーンの楽しみ方

 ソンクラーンの祝日3日間と、その前後の週末を合わせた期間には、街の至る所で水のかけ合いが行われます。なかでもカオサン通りやナイトクラブが集まるローヤル・シティー・アベニュー(Royal City Avenue)、オフィス街のシーロム通りなどは歩行者天国となり、外国人旅行者やタイの若者で埋め尽くされます。

 特にローヤル・シティー・アベニューでは、各バーが道路いっぱいに特設会場を設け、有名DJやプリティー(コンパニオンの女性)を招いた大規模なパーティが行われるため、学生や若いタイ人に大人気。また、バンコクだけではなく、パタヤやチェンマイ、タニヤなど主要な都市でも大規模に開催されます。 

 ソンクラーン期間中のタイ語での挨拶は「サワディー・ピーマイ・クラッ(プ)(男性)/カー(女性)」、日本における「あけましておめでとう!」と同義です。お祝いの言葉だけでも覚えて、ぜひ水掛け祭りに参加してみてください。

 有名エリア以外では、ピックアップトラックの荷台にドラム缶を積み、街中を移動しながら水のかけ合いをしたり、水鉄砲を手にした若者グループや、道路沿いに拠点を作り、行き交う車や人に水をかけまくる子供が多く、この期間にバンコクに来たら濡れずに過ごすことはほぼ不可能というぐらい大賑わいです。絶対に濡れたくない人は、この期間を避けて旅行したほうが良いかも!?

バンコク行き航空券を確認

4. ソンクラーン期間中の注意事項

ソンクラーン期間の前後は、里帰りするタイ人で帰省ラッシュとなるため、公共交通機関は大混雑。飛行機、バス、列車で地方へ移動する予定のある人は、ネットなどで早めに事前予約しておいたほうが確実。

また、デパートやショッピングモールは営業していますが、一部のカフェやショップ、スパは休業することも多いので、直接電話で空いていることを確認しましょう。

 水掛けにはお清めの意味もあるため、水をかけられても文句をいうことはできません。僧侶以外には水をかけて良いとされており、カメラを持っていても、トゥクトゥクに乗っていても、お構いなしに水をかけられます。

また、水掛け祭りに参加する際には、貴重品などの防水対策は必須ですが、生活防水仕様のカメラや携帯電話でも、直接水鉄砲などで水をかけられると水圧で浸水することもあるので、しっかりと保護することをおすすめします。混雑しているエリアでは、スリも多発するのでご注意を。 

5. おすすめグルメ:期間限定の宮廷料理カオチェー

この季節の風物詩ともいえるカオチェー(Khao Chae)は、一年で最も暑い3月半ば〜4月末頃の期間限定の料理です。花を浮かべた氷水に水洗いをして粘り気を取ったジャスミンライスを入れ、甘い魚や豚肉、チリペーストのボール、大きな唐辛子、揚げたエシャロット、カービングを施した野菜など、甘辛い味付けの付け合わせと一緒に頂きます。

ソンクラーン限定の宮廷料理「カオチェー」

このタイの冷やし茶漬けのようなカオチェーは、ジャスミンの香りと風味で清涼感があり、五感で涼を味わえる優雅な一品。

 ソンクラーンに、仏や僧侶に供えるために考案されたモン族発祥のカオチェー。その後、宮廷料理となり、ラーマ5世の時代に一般にも広まりました。現在は氷を使用しますが、氷のない時代は、水を冷やす作用のある素焼きの器を使用して、少しでも涼を取り入れる工夫がされていました。

 カオチェーは宮廷料理を扱うレストランや高級タイ料理レストランで食べることができますが、特におすすめなのが「ナラ・タイ・キュイジーヌ」(Nara Thai Cuisine)。お店により付け合わせが異なることも多いですが、このお店では、本来の宮廷レシピに近い本格的なカオチェーを楽しめます。

ナラ・エムクウォーティエ(Nara EmQuartier)

また、一緒に試して欲しいのがソムオー(Som O)と呼ばれる、タイの巨大な柑橘類ポメロを使ったヤム・ソムオー(Yum Som O)。ポメロ、茹でエビ、ピーナッツ、唐辛子などをナンプラー・ワーンという甘いソースで和えた甘酸っぱいサラダで、暑さで食欲が落ちた時でも、さっぱりと食べやすく、特に女性に人気のメニューです。

ヤム・ソムオー(Yum Som O)

他にも本格的なタイ料理が多数揃っており、辛過ぎない味付けで、バンコク育ちのタイ人や外国人に人気のお店です。バンコク市内に複数店舗あるなか、2015年に完成した老舗高級デパート・エンポリアムの2号館のエムクウォーティエの店舗は席数が多く、ゆったりとできるのでお勧めです。

<スポット情報>
ナラ・タイ・キュイジーヌ エムクォーティエ店
(Nara Thai Cuisine EmQuartier)
7 Floor, The Helix, EmQuartier, 693 Sukhumvit Road, Klongton Nua, Wattana Bangkok
アクセス: スワンナプーム空港からエアポート・リンク(Airport Link)に乗り、パヤタイ駅下車。BTSに乗り換え、プロンポン駅で下車。5番出口から直結。


タイへは、数多くのLCCが就航しているので、ぜひお得な航空券を探してみてくださいね!

「LCCでタイ直行!“第3の選択肢”ノックスクート 成田=バンコク線 搭乗レポート」
「片道1万円〜でバンコクへ! LCC・エアアジアXが名古屋に就航」

バンコク行き航空券を確認

この他、タイ旅行に関する情報をもっと知りたい人は、こちらの記事もチェック!

 著者プロフィール

 「地球の歩き方」バンコクWeb特派員 サカモトヨウコ

2003年にビジュアルアーツ大阪写真学科を卒業後、関西の制作会社でカメラマンとして勤務。現在はバンコクに拠点を移し、主に日本のビジネス誌や現地メディア向けに、東南アジア各地で取材・撮影を行う。音楽とお茶と山を好み、旅先ではアートギャラリー巡りを欠かさない。バンコクのエネルギッシュな若者文化を伝えるべく、地球の歩き方バンコクWeb特派員としても活躍中。

地図