地図

羽田空港 (HND) 発 - 沖縄 那覇 (OKA) 行きの飛行機・格安航空券の検索

おすすめの直前予約割引航空券

どこかに出かけてみませんか?今からでも間に合います。直前予約が可能な沖縄行きのおすすめ航空券をご紹介します。
過去14日間で見つかった最安の概算価格を表示しています。

東京 羽田発 - 沖縄 那覇行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥18,219

直行便航空会社

7

週の便数

229

平均飛行時間、合計距離1554 km

2 時間 30 分

先月の最も人気の航空会社

日本航空(JAL)

沖縄 那覇

1 空港

よくある質問

沖縄 那覇には 1 つの空港があります。沖縄 那覇です。
スカイスキャナーで見つけた東京 羽田から沖縄 那覇までの最安フライト料金は、¥18,219です。これは各航空会社を総合して見つけた料金で、当月で最も安い金額です。
東京 羽田から沖縄 那覇までの平均フライト時間は2 時間 30 分です。
東京 羽田から沖縄 那覇まで直行便を出しているエアラインは、7 社あります。
8月時点では、東京 羽田から沖縄 那覇までは毎週 229 本のフライトがあります。

羽田空港 (HND) - 沖縄 那覇 (OKA) を就航する主な航空会社・LCC

羽田空港から沖縄 那覇空港行き便では、スカイスキャナーで以下のエアラインが多く利用されています。

航空会社 コード タイプ
スカイマーク BC LCC
ANA (全日空) NH フルサービスキャリア
JAL (日本航空) JL フルサービスキャリア

JALは一部の便にファーストクラス・クラスJ・普通席と3クラスの機材を導入。ファーストクラスではゆとりのある座席スペースでミールサービスもあり、ラグジュアリーなキャビンでくつろげます。ANAは全便プレミアムクラスと普通席の2クラスです。スカイマークは普通席のみのモノクラスですが、シートピッチが約79cmで足元も余裕をもたせたつくりになっています。座席下にはコンセントが設置され電子機器の充電も可能です。なお、LCCによる羽田-石垣線のフライトは運航がなく、成田-沖縄線をジェットスタージャパンとバニラエアが運航しています。

定期便の便数

JAL (日本航空) :13便、ANA (全日空) :12便、スカイマーク:6便

那覇に朝9~10時台に到着するフライトもあり、那覇空港経由で石垣・宮古・久米島などの離島便に乗り継ぐこともできます。羽田から那覇到着までの所要時間は約2時間50分で国内線のなかではやや長いフライトです。ANAとスカイマークは例年7月中旬から8月まで深夜・早朝便を運航。沖縄に早朝に到着するので、朝から沖縄観光やリゾートでのレジャーを満喫することができます。

直行便以外のアクセスルート

羽田空港-沖縄 那覇線は直行便を利用するのが一般的です。移動距離が長いため、関西 (伊丹・関西) ・四国 (松山・高松) ・九州 (福岡・宮崎・熊本・鹿児島) の主要空港を経由するルートもありますが、乗り継ぎ時間も含めると那覇到着まで約4時間を要します。直行便のほうが短時間かつリーズナブルに移動できるので便利です。

路線の概要・メリット

羽田発-沖縄 那覇行き航空券の相場
沖縄は週末や連休を利用して気軽に出かけられる国内リゾートということもあり、年間を通して人気のある路線です。4~8月までは相場が高く、航空券の相場は片道23,000円前後です。7~11月ぐらいまでは旅行客が多い時期ですが、10月以降は相場が2万円以下に下がります。航空会社が設定している早期購入割引運賃を利用すれば、片道15,000円前後の航空券も利用可能です。フライトの時間帯によっては1万円以下の格安航空券もあるので、スケジュールの組み方を工夫すればリーズナブルに沖縄旅行に出かけられます。

路線の特徴
羽田-沖縄線は首都圏から沖縄本島や離島への旅行客がメインのリゾート路線です。国内航空便の主要幹線ということもあり、年間旅客数は約290万人で1日31便と便数も多く設定されています。夏季のみ深夜・早朝便も設定され、首都圏で仕事や学校を終えてから余裕をもって出発できます。機内でゆっくり休息をとれば翌朝からすぐに沖縄での休日を満喫することができます。8月は利用者が増えますが、沖縄は冬も比較的温暖な気候でホエールウォッチングやダイビングも楽しめるので、年間を通して安定した人気路線のひとつです。

発着空港の概要

羽田空港
羽田空港は日本最大規模の空港で、JAL (日本航空) ANA (全日空) スカイマークソラシドエアエアドゥ (AIR DO) が拠点空港としています。年間旅客数は国内線・国際線あわせて8,500万人を超え、世界で5番目に旅客数の多い空港です。国内線は全国各地と羽田を結ぶ48路線が就航。国際線も31路線と年々ネットワークが拡大しています。利便性の高い施設やクオリティの高いサービスが評価され、スカイトラックス (Skytrax) のグローバル・エアポート・ランキングで5スターエアポートに5年連続で選出されています。
JALとANAはそれぞれ空港ラウンジを開設し、最終便出発まで営業。第2ターミナルのANA LOUNGEは搭乗クラスに関わらず、事前予約をすれば利用可能 (有料) です。第1・2ターミナルともに有料のエアポートラウンジやPOWER ラウンジも開設されています。

沖縄 那覇空港
沖縄 那覇空港は沖縄エリアの拠点空港で、国内線・国際線あわせて年間旅客数は2,100万人を超えています。日本トランスオーシャン航空 (JTA) 琉球エアコミューター (RAC) は那覇空港を拠点とし、石垣や宮古などの離島と那覇を結ぶ定期便も発着しています。LCCのピーチも沖縄那覇空港を拠点とし、那覇-関西・福岡線を開設。LCC専用ターミナルも建設され、国内線ターミナルから専用バスが出ています。空港内には沖縄の郷土料理が食べられるレストランやお土産ショップも充実。出発ロビーには免税店もあり観光客から人気があります。空港ターミナルとモノレール (ゆいレール) の駅は連絡通路でつながり、那覇市中心部まで約30分で移動できます。

市内中心部-空港間のアクセス方法

羽田空港
羽田空港は都心部から近い立地にあり、交通手段も豊富で首都圏各地からのアクセスも便利です。国内線ターミナルの地下はモノレールと京急線の乗り場に直結。モノレール空港快速に乗車すると浜松町から最短18分、京急エアポート快特なら品川駅から最短16分で国内線ターミナル駅に到着します。品川駅はJR線・東海道新幹線も停車するので、横浜や熱海方面から品川経由で羽田空港にアクセスできます。都内の主要なホテルやターミナル駅、東京ディズニーリゾートや成田空港からも空港リムジンバスが運行しています。荷物が多い場合もバスの荷物室に預け入れ可能なので、羽田空港までスムーズに移動できます。

沖縄 那覇空港
沖縄 那覇空港旅客ターミナルはモノレール (ゆいレール) と直結しているので、那覇市内中心部までは約30分で移動できます。バスターミナルのある旭橋、おもろまちなど主要スポットにも停車するので、那覇市内の観光に便利です。本島内の読谷地区・恩納村地区・かりゆしビーチの主要リゾートや人気の美ら海水族館へは空港からリムジンバスが運行しています。沖縄エアポートシャトルは、那覇空港から恩納村・かりゆしビーチ・本部・美ら海水族館と人気のリゾートスポットに停車する単線の定期バスで1日25便の運行本数も多く便利です。当日直接乗車も可能ですが、WEBサイトからチケットを事前購入できます。

日程の変更が可能でしたら、最も安い時期をご提案します

ご旅行の日程が変更可能でしたら、出発予定日に合わせて最安値のフライトをご紹介することもできます。

検索結果が表示されたら、カレンダー表示・グラフ表示に切り替えてお探しいただけます。

国内旅行・国内線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。