地図

アルジェリア航空の航空券の検索・予約

1947年に設立したアルジェリア航空

アルジェリア航空は、2007年には航空会社の規模がアフリカで4位となった国営の航空会社です。本拠地は、アルジェリアの首都であるアルジェです。ハブ空港はウアリ・ブーメディアン空港で、アルジェリア航空のほかにミラノパリに運航するフランス系の航空会社がこの空港を利用しています。設立当初はフランス領であったことから、航空会社に出資していたのはエールフランスでした。ですが独立を機にアルジェリア政府の出資率が上がり、1974年にはほぼ株式を取得し国営航空会社となりました。

就航地は57都市もあるアルジェリア航空

アルジェリアはフランス領であった歴史的経緯によって、主な運行はヨーロッパとなっています。その他にも中近東のエリアにも飛ぶため、アフリカの各地に乗り入れをしています。国営航空会社となったことをきっかけに、大西洋側へも路線を開設しました。このことからカナダモントリオールへの移動が可能となったのです。その後も路線拡大は続き、この航空会社で初めてのアジア路線が展開され中華人民共和国の北京への乗り入れができるようになりました。このように徐々に拡大を続けていき、今では57都市に運行しています。機体はエアバス、ボーイング、ATRをあわせて31機を保有しており、今後はアメリカへの移動も可能となるでしょう。2014年の8月から9月にかけ、季節便を就航しています。アルジェとイスタンブールを繋いでおり、期間内の毎週木曜日は観光目的の利用客で賑わいます。

 

アルジェリア航空の格安航空券はスカイスキャナーで

アルジェリア航空の格安航空券をお探しなら、ぜひスカイスキャナーの検索システムをご活用ください。アルジェリア航空の格安航空券、目的に合致した最も便利なフライト情報を簡単に見つけることができます。

アルジェリア航空のサービス

チェックイン

オンラインチェックインはフライトの24時間前〜3時間前まで出来、お好みの座席を指定して、搭乗券をプリントアウトして完了です。

機内持ち込み手荷物と受託手荷物

外形寸法(高さ+長さ+幅)の合計が115センチメートル以内の手荷物を持ち込み可能で、そのサイズには車輪、ポケット、ハンドルを含めます。受託手荷物はクラスや国内・国際線によっても変わってきます。国内線のファーストクラスは30キロ、セカンドクラスは20キロを1個まで預けることができます。国際線のファーストクラスは40キロ、ビジネスクラスは30キロ、セカンドクラスは20キロを1個まで預けることができます。

搭乗クラス

セカンドクラス、ビジネス、ファーストクラスの3クラスが用意されています。機内食はフライト時間によってことなりますが、マトンをメインとしたメニューはアルジェリア航空ならではと言えます。乳幼児には、搭乗員が哺乳瓶などを温めてくれます。

機内サービス

アルジェリア航空の機内食は、時間の都合からか離陸と同時に出てきます。 マトンと呼ばれる羊の肉をメインとしたメニューで、その他にご飯とサラダがついてきます。 デザートはアップルパイが用意されており、日本人にも馴染みのあるメニューが揃います。 (2014年11月06日現在の情報

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。