地図

大阪 (OSA) 発 - 東京 (TYO) 行きの飛行機・格安航空券の検索

大阪発 - 東京行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥8,998

直行便航空会社

14

週の便数

397

平均飛行時間、合計距離446 km

1 時間 0 分

先月の最も人気の航空会社

日本航空(JAL)

東京 成田および東京 羽田

2 空港

大阪から東京行きのフライト情報

大阪発 - 東京行きを就航する主な航空会社・LCC

大阪から東京行き便では、スカイスキャナーで以下のエアラインが多く利用されています。

運航ルート 航空会社 航空会社のタイプ
関空 → 成田
KIX - NRT
ジェットスター LCC
春秋航空日本 LCC
ピーチ LCC
バニラエア LCC
関空 → 羽田
KIX - HND
ANA (全日空) フルサービスキャリア
スターフライヤー フルサービスキャリア
JAL (日本航空) フルサービスキャリア
伊丹 → 羽田
ITM - HND
ANA (全日空) フルサービスキャリア
JAL (日本航空) フルサービスキャリア
伊丹 → 成田
ITM - NRT
ANA (全日空) フルサービスキャリア

伊丹空港 (ITM) から東京 (TYO) まで直行便を就航する主な航空会社・LCC

JAL (日本航空)ANA (全日空)

伊丹空港から東京行きの航空便は、羽田空港・成田空港行きともにJAL・ANAの2社による運航です。両社ともキャビンの快適性やサービス品質において顧客満足が高く、スカイトラックス (Skytrax) より5スターエアラインに選定されています。JALはワンワールド (oneworld)、ANAはスターアライアンス (Star Alliance) に加盟していることから、成田・羽田発の国際線にもスムーズに接続します。

関西国際空港 (KIX) から東京 (TYO) まで直行便を就航する主な航空会社・LCC

JAL (日本航空)ANA (全日空)スターフライヤージェットスタージャパンピーチ (peach)

関西国際空港発のフライトは、JAL・ANA・スターフライヤーの3社が羽田行き、ジェットスタージャパン・ピーチ (peach) のLCC2社は成田行きを運航しています。伊丹発のフライトと比べると便数が少ないものの朝・昼・夜の各時間帯に便が設定されているので、便利です。LCCは旅行のスタイルにあわせて、受託手荷物や事前座席指定など希望のサービスを選択できます。

定期便の便数

伊丹発-羽田行きの直行便 JAL (日本航空):15便、ANA (全日空):15便
伊丹発-成田行きの直行便 JAL (日本航空):2便、ANA (全日空):2便
関西発-羽田行きの直行便 JAL (日本航空):3便、ANA (全日空):5便、スターフライヤー:5便
関西発-成田行きの直行便 ジェットスタージャパン:4便、ピーチ (peach) :2便

伊丹・関西発の羽田線は朝と夕方のフライトが多く、日帰りの出張にも便利なダイヤ編成です。羽田・成田空港では国際線にもスムーズに乗り継げます。関西国際空港発のピーチ便は第2ターミナルビル (LCC専用ターミナル) を使用しています。

直行便以外のアクセスルート

大阪発-東京行きの直行便は、伊丹-羽田・成田、関西-羽田・成田の4路線が利用可能です。いずれも直行便のみで、途中乗り継ぎ可能なルートはありません。

路線の概要・メリット

大阪発-東京行き航空券の相場
ビジネスユースの旅客が多く年間を通じて利用者数が安定しているものの、シーズナリティによる価格変動があります。レジャーシーズンにあたる春~夏はやや相場が高く、片道17,000円前後です。秋~冬は1万円以下の航空券も利用可能。早期購入割引運賃が適用される期間に予約・購入すれば、航空券の価格は15,000円以下まで下がります。LCCのフライトは片道5,000円以下の時期もあります。ゴールデンウィーク・旧盆期間・年末年始など利用者が増える時期は相場がアップし片道10,000円を超える場合がありますが、ピークをはずせばリーズナブルな航空券を利用できます。

路線の特徴
国内線航空便のなかでも主要な幹線のひとつで、新幹線との競合路線でもあります。移動時間が短く、早期購入割引やLCCの格安航空券を使える機会も広がり、航空便を利用するメリットがあります。伊丹-成田線は84.6%、関西-成田線は87.3%と座席利用率も高く、LCCの就航路線ということもあり人気があります。

発着空港の概要

伊丹空港・関西国際空港
伊丹空港関西国際空港は関西圏の空の玄関口として、神戸空港とあわせて関西三空港として機能しています。伊丹空港は国内線の発着のみでLCCは乗り入れていません。一方、関西国際空港はLCCの就航路線が多く、ジェットスタージャパンピーチ (peach) は関空を拠点空港としています。伊丹空港では空港ターミナルの改修が進められ、出発時の混雑緩和を目的とした手荷物検査場へのスマートレーン導入、南北にわかれていた到着口を中央に集約するなど利用者の利便性を向上させています。関西国際空港は24時間運用可能な空港で、深夜発の国際線への乗り継ぎも便利です。両空港ともJALANAによるエアラインラウンジのほか、カードラウンジも営業しています。

羽田空港・成田空港
羽田空港成田空港は国内最大規模の空港で、日本の空の玄関口として国内・海外の主要都市と東京を結ぶ航空便が就航しています。羽田空港は国内48都市・海外31都市への就航ネットワークで、年間旅客数は8,500万人を超えています。空港ターミナルの機能性・快適性、サービス品質において顧客満足度が高く、スカイトラックス (Skytrax) より5スターエアポートに選定されています。成田空港は国際線の発着がメインですが、国内線定期便も21路線が就航。近年はLCCの就航が続き、陸上競技のトラックをモチーフにしたデザインのLCC専用ターミナルも建設されました。空港内のショップやレストラン街も充実し、空港限定スイーツなどのショッピングも楽しめます。

市内中心部-空港間のアクセス方法

伊丹空港・関西国際空港
伊丹空港関西国際空港は大阪市中心部からの交通手段が充実し、アクセス便利です。伊丹空港は旅客ターミナルの正面にモノレールの駅があり、大阪梅田駅から阪急線蛍池駅を経由すると最短30分で到着します。関西国際空港までは南海・JRを利用すれば、なんばから南海ラピートαで約34分、堺から約27分でアクセス可能。またJR特急はるかを利用すれば、新大阪駅から約50分、京都から約75分で到着します。伊丹・関西国際空港を発着する空港リムジンバスは路線ネットワークが広域で、大阪駅前 (梅田駅) や周辺のホテル、なんば (OCAT)・あべの橋 (天王寺駅)・近鉄上本町駅といったターミナル駅から乗車が可能です。ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™や甲子園球場へのアクセスもスムーズ。大阪市内だけでなく、京都・神戸・奈良方面からの路線もあります。

羽田空港・成田空港
羽田空港成田空港から首都圏各地への交通手段が発達しています。羽田空港旅客ターミナルの地下にはモノレールと鉄道 (京浜急行) の乗り場があり、到着階からスムーズに移動できます。モノレール (空港快速) で浜松町駅、京浜急行 (空港快特) で品川駅まで最短20分でアクセス可能です。品川駅は新幹線やJR在来各線への乗換駅で都内各地への移動も便利です。成田空港からは成田エクスプレス (JR) ・京成スカイライナー (京急) を利用すれば1時間程度で都心部の主要ターミナル駅に到着します。羽田・成田ともに空港リムジンバスの路線も多く、新宿・渋谷・池袋・銀座エリアの主要ホテルやターミナル駅のほか、横浜みなとみらい地区・幕張地区・お台場・東京ディズニーリゾート方面への路線もあります。

国内旅行・国内線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。