地図

大阪 (OSA) 発 - 長崎 (NGS) 行きの飛行機・格安航空券の検索

おすすめの直前予約割引航空券

どこかに出かけてみませんか?今からでも間に合います。直前予約が可能な長崎行きのおすすめ航空券をご紹介します。
過去14日間で見つかった最安の概算価格を表示しています。

長崎行き直行便

長崎への直行便をお探しですか?ベストなルートを見つけるお手伝いをします。

  • 平均飛行時間1 時間 19 分
  • 往復直行復の最低価格¥5999
  • 週の平均便数112
直行便のあるエアライン
  • ANA Wings
  • Jエア
  • ピーチ(peach)
  • 全日空 (ANA)
  • 日本航空(JAL)
直行便を検索

大阪発 - 長崎行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥5,999

直行便航空会社

5

週の便数

60

平均飛行時間、合計距離536 km

1 時間 15 分

先月の最も人気の航空会社

全日空 (ANA)

長崎

1 空港

よくある質問

長崎には 1 つの空港があります。長崎です。
スカイスキャナーで見つけた大阪から長崎までの最安フライト料金は、¥5,999です。これは各航空会社を総合して見つけた料金で、当月で最も安い金額です。
大阪から長崎までの平均フライト時間は1 時間 15 分です。
大阪から長崎まで直行便を出しているエアラインは、5 社あります。
2月時点では、大阪から長崎までは毎週 60 本のフライトがあります。

大阪から長崎行き ルートの基本情報

大阪には伊丹空港と関西国際空港の2つの空港があり、両空港から長崎空港行きの直行便が就航しています。長崎空港までの所要時間は1時間15分と比較的短時間のフライト。LCCのフライトは格安航空券が利用できることから。年間を通して人気の路線です。フルサービスキャリアでも早期購入割引運賃を設定しているので、早めに予約をすればリーズナブルな運賃が適用されます。

大阪-長崎 直行便を就航する主な航空会社・LCC

伊丹-長崎行き JAL (日本航空) ANA (全日空)
関西-長崎行き ピーチ (peach)

伊丹-長崎線はフルサービスキャリア2社が直行便を開設。JALはJ-AIR、ANAはANAウイングスによる運航です。J-AIRの機材はエンブラエル190。全席革張りシートのシックなキャビンで、各座席にはユニバーサルPC電源がセットされ、スマートフォンも充電できます。ANAウイングはボーイング737-800機による運航でプレミアムクラスと普通席の2クラス仕様です。
関西-長崎線はピーチ1社のみの運航。ピーチのフライトでは予約便に空席があれば、自分の隣りの席も利用できるスペースシートオプションサービスが利用できます。1人で3席利用することも可能で、フライト中も窮屈さを感じることはありません。

定期便の便数

伊丹-長崎行き JAL (日本航空) :4便、ANA (全日空) :3便
関西-長崎行き ピーチ (peach) :1便

伊丹線は観光・ビジネスに便利な時間帯が設定され、長崎までは1時間15分のフライトです。始発便は朝7時台で長崎到着後、1日時間を有効に使えるので便利です。午前便を利用すれば長崎空港で同日中に離島路線に乗り継ぐこともできます。関西国際空港発のピーチ便はお昼のフライトで1日1便のみの運航です。

直行便以外のアクセスルート

大阪から長崎までは、伊丹発・関西発ともに直行便を利用するのが一般的です。乗り継ぎ便を利用する場合は羽田空港を経由する必要があり、長崎到着まで3時間30分ほどかかります。直行便のほうがより早く、安く移動できるという点で便利です。なお、神戸空港からも1日3便直行便が就航しているので、航空券を検索する際に運賃やスケジュールを比べてみましょう。

路線の概要・メリット

大阪発-長崎行き航空券の相場
長崎は観光地として人気がある都市で、大型連休や夏休みは航空券の相場が高くなります。年間を通してシーズナリティによる価格差はそれほど大きくありません。通常期の往復航空券は22,000~25,000円前後が相場で、ピーク期は3万円台までアップします。LCCは需要動向や空席予測に基づいて運賃を設定し、平日は片道5,000円以下の航空券を利用できます。LCCの場合、平日は週末よりも運賃が安く設定されているので航空券を検索する際に料金を比べてみましょう。

路線の特徴
伊丹-長崎線、関西-長崎線はいずれも8月は旅行客が多く混雑します。伊丹-長崎線はビジネス利用客の割合が高く、出張で利用する人も少なくありません。関西-長崎線はLCCのフライトで格安航空券を利用できることから年間を通して人気です。8月は座席利用率が90%を超え、満席に近いフライトもあります。ピーク期は割引率の高い運賃が適用される早期の予約がおすすめです。

発着空港の概要

伊丹空港・関西国際空港
伊丹空港関西国際空港は神戸空港とともに関西三空港と位置づけられ、三空港一体の空港運営が行われています。伊丹空港は国内線33路線の定期便が発着し、年間旅客数は約1,500万人です。大阪中心部に近くビジネス利用客が多いのが特徴。旅客ターミナルは改修が進められ、旅客導線がスムーズになり利便性が向上しました。JAL・ANAのラウンジもリニューアルされ、空港の内観もスタイリッシュに変化しています。関西国際空港は国際線の発着がメインで、国内線もあわせると年間旅客数は約2,800万人です。LCCのフライトが多いのが特徴で、国内線は半数以上をLCCのフライトが占めています。空港は24時間運用で国内線・国際線間の乗り継ぎも便利です。

長崎空港
長崎空港は国内線10路線・国際線3路線の就航ネットワークを有し、年間旅客数は315万人に達しています。2019年には長崎-香港線が就航しましたが、国際線の新規路線開設は31年ぶりです。インバウンド訪日客の利用が見込まれています。国内線もLCCの就航が増えたことにより、格安航空券の利用機会が拡大しました。「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産登録も観光需要を後押しし、週末や連休を利用して長崎を訪問する人も増えています。空港には五島福江・壱岐・対馬といった離島と長崎を結ぶ路線も発着。旅行客だけでな地元住民の生活路線としても利用されています。空港内のショップではカステラや長崎ちゃんぽんなどの長崎ならではのお土産類も品揃え豊富です。

市内中心部-空港間のアクセス方法

伊丹空港・関西国際空港
伊丹空港は大阪中心部から直線距離で約12kmに位置し、梅田からは阪急蛍池駅でモノレールに乗り換えてから1駅で、旅客ターミナル正面にある大阪空港駅までアクセスできます。梅田からは30分ほどで移動できるのでビジネスに便利です。関西国際空港も旅客ターミナルの正面にJR・南海の関西空港駅があり、JR特急はるかなら京都から約75分・新大阪から約50分で到着。南海ラピートの場合は、なんばから空港まで最短34分でアクセス可能です。伊丹・関西両空港行きのリムジンバスは路線数が多く、大阪駅 (梅田) のほか、なんば・あべの橋 (あべのハルカス) ・近鉄上本町といった大阪市内の主要駅や京都・神戸・奈良方面からも空港行きのバスが運行しています。

長崎空港
長崎空港は長崎市中心部をはじめ、佐世保やハウステンボスへのアクセス手段が整備され、各地への観光やビジネスに便利な空港です。長崎市内・ハウステンボス・佐世保の各方面へは空港から連絡バスが運行。大村・諫早・島原方面と空港を結ぶ路線もあり、地域の人たちの帰省時の移動にも便利です。バスを利用した場合、空港から長崎市内までは約45分、ハウステンボスまでは約55分が目安になります。佐世保駅みなと口までは事前予約制の乗合ジャンボタクシーも利用可能です。また海上空港という立地条件をいかし、空港とハウステンボスを約50分で結ぶ高速船も運航しています。

(2019年5月時点の情報)

国内旅行・国内線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。