地図

大阪 (OSA) 発 - バンコク (BKK) 行きの飛行機・格安航空券の検索

おすすめの直前予約割引航空券

どこかに出かけてみませんか?今からでも間に合います。直前予約が可能なバンコク行きのおすすめ航空券をご紹介します。
過去14日間で見つかった最安の概算価格を表示しています。

大阪発 - バンコク行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥14,517

直行便航空会社

8

週の便数

39

平均飛行時間、合計距離4179 km

5 時間 45 分

先月の最も人気の航空会社

タイ国際航空

バンコク スワンナプーム国際およびバンコク ドンムアン

2 空港

よくある質問

バンコクには 2 つの空港があります。バンコク スワンナプーム国際とバンコク ドンムアンです。
スカイスキャナーで見つけた大阪からバンコクまでの最安フライト料金は、¥14,517です。これは各航空会社を総合して見つけた料金で、当月で最も安い金額です。
大阪からバンコクまでの平均フライト時間は5 時間 45 分です。
大阪からバンコクまで直行便を出しているエアラインは、8 社あります。
10月時点では、大阪からバンコクまでは毎週 39 本のフライトがあります。

大阪からバンコク行き ルートの基本情報

バンコクにはスワンナプーム国際空港とドンムアン空港の2つの空港がありますが、大阪からは関西国際空港よりスワンナプーム・ドンムアンの両空港に直行便が就航しています。大阪・伊丹空港は国内線のみの発着となるため、成田・羽田・福岡空港でバンコク行き直行便への乗り継ぎが可能です。

大阪-バンコク 直行便を就航する主な航空会社・LCC

関西-スワンナプーム行き タイ国際航空JAL (日本航空)
関西-ドンムアン行き   タイエアアジアXノックスクート (NokScoot) タイ・ライオン・エア

タイ国際航空はグローバルな路線ネットワークを展開するタイのフラッグキャリアです。スターアライアンス (Star Alliance) に加盟し、関西-バンコク線はコードシェア提携によりアライアンスパートナーのANA便名でも予約可能です。エアバスの最新鋭機A350機を関西路線に導入し、エコノミーとロイヤルシルククラス (ビジネスクラス) の2クラス仕様です。JALはキャビンの快適性や機内サービスで利用者からの評価が高く、スカイトラックス (Skytrax) より世界最高評価の5スターを獲得。タイエアアジアX・ノックスクート・タイライオンエアはドンムアン空港を拠点とするタイのLCCです。2018年にノックスクート、2019年にタイライオンエアがそれぞれ関西-バンコク線を開設。LCCのフライトが増えることで格安航空券の利用機会が広がり、バンコクへの旅行も気軽に出かけられるようになりました。

定期便の便数

関西-スワンナプーム行き タイ国際航空:2便、JAL (日本航空) :1便
関西-ドンムアン行き   タイエアアジアX:2便、ノックスクート (NokScoot) :週4便、タイ・ライオン・エア:週5便

JALやタイエアアジアXは深夜発のフライトを設定。仕事や学校が終わってからでも十分に間に合う時間帯で、バンコクには早朝に到着するので到着当日からフルに時間を活用できます。タイ国際航空は昼と夕方のダブルデイリー運航。夕方発のフライトはバンコク21時すぎに到着するため、市内へのアクセス方法を事前に調べておくと安心です。

直行便以外のアクセスルート

関西国際空港からバンコクまでは直行便を利用するのが一般的です。ソウル・釜山・台北・香港といったアジア主要都市を経由するルートもありますが、バンコク到着までに時間を要します。直行便は6時間のフライトでLCCの格安航空券が使えるので乗り継ぎ便よりも経済的といえるでしょう。

路線の概要・メリット

大阪発-バンコク行き航空券の相場
シーズナリティによる価格変動があり、春~夏のレジャーシーズンや年末年始は旅行客が増えるので相場が比較的高い時期になります。LCCのフライトを利用する場合、通常期の往復航空券は3万円台とリーズナブルで格安航空券が利用可能。フルサービスキャリアの場合は往復5万円台とやや高くなりますが、機内食や事前座席指定もできます。早期に予約すれば割引率の高い運賃が適用されるのでお得です。

路線の特徴
バンコクは観光・ビジネスともに需要が高く、年間を通して人気の路線です。LCCは旅行客から人気で週末や連休は混雑します。フルサービスキャリアははエコノミーとビジネスの2クラス運航で、運航各社ではビジネスクラスのサービスにも力を入れています。

発着空港の概要

関西国際空港
関西国際空港は、成田空港・中部国際空港とならぶ国際拠点空港で、国際線は23か国84都市への就航ネットワークを有する関西最大規模の空港です。年間旅客数は2,800万人を超え、国際線の旅客数は成田空港についで多く、インバウンド訪日客も増加傾向にあります。LCCの就航が多いのも特徴で、国際線の旅客便の約4割はLCCのフライトです。空港は第1・第2の2つのターミナルから構成され、第2ターミナルはLCC専用ターミナルになっています。深夜・早朝の発着便も多く設定されていますが、空港内には24時間営業のコンビニやカフェもあるので便利です。

スワンナプーム国際空港・ドンムアン空港
スワンナプーム国際空港はタイ最大の国際空港で東南アジアにおけるハブ空港としても機能しています。タイ国際空港やバンコクエアウェイズはスワンナプーム国際空港を拠点に路線ネットワークを展開。バンコク経由でタイ国内線に接続するフライトを利用する人も少なくありません。空港ターミナル内にはタイ王室がプロデュースするショップもあり、お土産品としても人気があります。 ドンムアン空港は国内線の発着メインでしたが、アジアの主要都市とバンコクを結ぶ国際線定期便も発着。ドンムアン空港を拠点とするLCC、タイエアアジアX・ノックエア・タイライオンエアは中長距離線の路線ネットワークを展開しています。日本からも羽田・関西・中部国際・新千歳・福岡からドンムアン行きのLCCが就航しています。2019年2月からはスワンナプーム・ドンムアンの両空港で全面禁煙化がスタート。空港敷地内では喫煙が禁止されているので、愛煙家の方はお気をつけください。

市内中心部-空港間のアクセス方法

関西国際空港
関西国際空港は、大阪市内をはじめ関西主要都市からの交通アクセスが良く、空港への主な交通手段は鉄道 (JR・南海) ・リムジンバス・車・高速船です。空港ターミナルの正面にJR・南海の駅があり、JR特急はるかを利用すれば新大阪駅から約50分、京都から約75分で空港駅に到着します。南海ラピートの場合はなんばから乗車すると空港まで最短34分の距離です。空港リムジンバスも路線数が多く、大阪駅・上本町・なんばOCAT・あべのハルカスなど大阪市内の主要スポットから空港への直通バスが運行しています。神戸空港と関西国際空港を約30分で結ぶ高速船 (ベイ・シャトル) は22時台まで運航し、両空港間の乗り継ぎや深夜便の利用時にも便利です。

スワンナプーム国際空港・ドンムアン空港
スワンナプーム国際空港はバンコク中心部から約30km離れていますが、空港から市内までのアクセスが便利な空港です。市内までの主な交通手段はエアポートレールリンク (Airport Rail Link) ・バス・車です。エアポートレールリンクは空港とパヤー・タイ駅を約30分で結ぶ鉄道で各駅停車のシティラインが1時間に3~5本運行しています。空港ターミナルビル地下1階にチケットの売り場があり、地下2階が乗り場になっています。バスは、カオサン通り行きのS1路線が20~30分間隔で運行。タクシーは空港ターミナルビル1階にタッチパネル式の自動配車機があり、発券機から発行された乗車番号のタクシーに乗車できます。空港から市内までの所要時間は60~90分ですが、渋滞と重なるとさらに時間がかかるので余裕をみておきましょう。
ドンムアン空港から市内へはA1・A2バスに乗り、モーチット駅でBTS (高架鉄道) に乗り換えるとバンコク都心部までアクセス可能です。タクシーを利用する場合は8番ゲートにカウンターがあるので行き先を伝えてから乗り場に向かいます。配車サービスのUberはタイでの事業を終了しましたが、Grabは引き続き利用可能です。

(2019年3月時点の情報)

海外旅行・国際線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。