地図

ガボン行きの格安航空券の検索・比較

ガボン行き格安航空券はスカイスキャナーで

ガボン行きの航空券の価格を比較し、格安チケットを見つけるにはスカイスキャナーがオススメ。上にある検索ボックスに日付を入力すると、指定した日程で、ガボン行き最安値航空券を見つけることが可能。航空会社・旅行代理店が取り扱う航空券を比較し、航空会社・旅行代理店から直接飛行機チケットを予約することができます。

国立公園の総面積が国土の11%となるガボン

ガボン共和国、通称ガボンは、中部アフリカに位置する共和制国家。赤道ギニアカメルーンコンゴ共和国と国境を接し、ギニア湾に面しています。首都はリーブルヴィル。空路の玄関口は、その首都にほど近いリーブルヴィル国際空港となっています。先住民としてバントゥー語系の人々が暮らしていましたが、15世紀末にポルトガル人が渡来。他のアフリカ諸国とほぼ同様に、オランダイギリスフランスが後に進出してきましたが、1960年8月に独立しました。ガボンは国土の80%以上が森林で、近隣諸国と比較すると人口密度が低いため、手付かずの自然が多く残されているガボン。バラエティ豊かな自然環境を有する13の国立公園があり、国立公園の総面積は国土の11%を占めています。そのため、ガボン政府は自然環境の保全に熱心で、中部のロペ国立公園や、大西洋岸のロアンゴ国立公園ではエコツーリズムを導入。森林地帯には、ゾウ、ゴリラ、チンパンジーなどの大型哺乳類が多数生息しています。

ガボンの観光スポット

ガボンの魅力といえば、やはりこの豊かな自然環境でしょう。ロペ国立公園を含むエリアは、「ロペ=オカンダ生態系と残存文化的景観」という複合遺産として世界遺産に登録されました。ロアンゴ国立公園は、太平洋へと繋がっているンコミ・ラグーンとンドゴ・ラグーンの間に位置。ラグーンや河川、湿原と熱帯雨林、サバンナと、変化に富んだ自然環境を有し、ラムサール条約湿地に認定された保護区もある場所です。『密林の聖者』、『20世紀最大のヒューマニスト』と呼ばれるこのドイツ人医師アルベルト・シュバイツァー博士が1913年に建て、1965年に没するまで医療活動を行っていた診療所が、ガボンのランバレネに記念館として残されています。診療所はその後、ガボンを代表する病院となっており、敷地内の一角には、この地で最期まで医療活動を続け、没した博士の簡素な墓所もあります。

ガボンの各都市行き航空券の最安値は? (往復)

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。