地図

ラスベガス行きの格安航空券の検索

日本からラスベガス行きのフライト

日本からラスベガス行きの直行便は就航していませんが、国際的な商業イベントなどが開催される時期のみ臨時便が運航することもあります。日本からはロサンゼルスサンフランシスコなどアメリカ西海岸の主要都市でアメリカ国内線に飛行機を乗り継ぎ、ラスベガス行きの便を利用するのが一般的です。東京 (成田羽田) からロサンゼルスまたはサンフランシスコを経由してラスベガスに行く場合、直行便・乗り継ぎ便のフライト時間は空港での待ち時間も含め約13時間~14時間30分です。ラスベガス マッカラン国際空港 (LAS)は2つのターミナルを有する国際空港で、アメリカやカナダの北米の航空会社のほか、中米、ヨーロッパ、アジア (中国・韓国) の航空会社が乗り入れています。

ラスベガス行きの航空券の相場・旅行のベストシーズン

ラスベガス行きの料金の相場(*1)

  • 年間平均:約 ~avg_price_str~
  • 最も安い月:~min_month_str~ 約 ~min_price_str~ (平均より ~min_price_dif~ 安い)
  • 最も高い月:~max_month_str~ 約 ~max_price_str~ (平均より ~max_price_dif~ 高い)

ラスベガス行き航空券の安い時期・高い時期

ラスベガスの気候は砂漠気候で湿度が低く、カラっと乾燥した天気です。夏は最高気温が40度近くまで上がる日もしばしば。日本とは異なり空気が乾燥しているので、気温が高くてもそれほど不快に感じることはありません。年間を通して温暖なイメージのあるラスベガスですが、冬は最低気温が氷点下になることもあるので防寒対策も必要です。夏も朝晩の冷え込みが厳しいので体温調節ができるようなジャケットを持っていくと安心。年間を通して旅行に適していますが、春から夏にかけてがベストシーズン。9月に入って少し涼しくなると混雑も少し緩和されます。

*1: エコノミークラス・大人1名あたりの往復運賃
*2: 価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算しています

ラスベガス行きの格安飛行機チケットはスカイスキャナーで検索

メタサーチとは?ラスベガス行きの飛行機チケットの価格を比較し格安で手に入れるなら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行代理店が取り扱う航空券のリアルタイムの価格を一括比較し、お客様に最安値の航空券をすばやく表示。また価格以外にも日程・所要時間・航空会社を変更・絞り込むことができるので、お客様に最適な航空券を簡単に見つけることができます。
航空券の価格を比較しクリックすれば、航空券を取り扱う旅行代理店・航空会社のサイトから直接ラスベガス行きのフライトをご予約いただけます。

日本からラスベガスへ就航している主な航空会社

日本からラスベガス マッカラン国際空港へは直行便を就航している航空会社は現在ありませんが、アメリカン航空デルタ航空ユナイテッド航空のロサンゼルス行き、またはサンフランシスコ行きの直行便を利用し、ラスベガス行きのアメリカ国内線に乗り継ぐことができます。日本からアメリカまでJAL (日本航空) 全日空 (ANA) を利用する場合、ワンワールド (JAL・アメリカン航空) やスターアライアンス (ANA・ユナイテッド航空) といった同じ航空アライアンスに加盟している航空会社間であれば、アメリカ国内での乗り継ぎもスムーズです。日本発の北米線は飛行時間が長いこともあり、各航空会社ともに最新鋭機を導入、ビジネスクラスのサービスにも力を入れています。

日本国内の出発空港によっては大韓航空を利用し、ソウル (仁川) 経由でラスベガス行きの直行便を利用する方法もあります。ただしソウル・仁川空港で乗り継ぎ時間を要する場合があるので、フライトを選択する際に料金だけでなくスケジュールも確認してみましょう。日本発アメリカ西海岸行きの太平洋線にはLCCは参入していませんが、アメリカ国内線のみサウスウエスト航空ヴァージンアメリカなどのLCCを利用することも可能です。

ラスベガス空港から市内中心部へのアクセス方法

市内中心部へのアクセスは、空港シャトルバン、RTCバス、タクシー、レンタカーが主な交通手段です。

・空港シャトルバン

空港シャトルバンは同じ目的地や方面の人と相乗りする小型のバンで、アメリカでは空港から市内までの移動手段として一般的によく利用されています。ラスベガスの主要なホテルやカジノが並ぶメインストリートのストリップ地区までは片道6~7ドル。同乗する人の宿泊先ホテルにより目的地までの所要時間は異なりますが、空港が市内中心部に近いのでホテルまでの所要時間は10分から20分ほどです。北米を中心にサービスを展開しているスーパーシャトル (SuperShuttle) ではWEBサイトから事前予約もできます。

・RTCバス

急行 (SDX) とデュース (DEUCE) があり、DEUCEは日中10~15分間隔で市内の主要スポットを循環しています。乗車カードは6ドル (2時間有効)、8ドル (24時間有効)、20ドル (3日間有効) の3種類があり、バス乗り場の自動券売機で購入できます。ストリップからダウンタウンまでの運行途中、主要ホテルに都度停車するので少し時間がかかります。

・タクシー

空港到着ターミナル付近に乗り場があり、メーター制です。ストリップ地区までは25ドル、ダウンタウンまでは30ドルです。このほか空港使用料が2ドル、チップは運賃の15%ほどが相場です。

・レンタカー

空港からマッカランレンタカーセンターにバスで移動し、チェックイン手続きをします。レンタカーセンターにはHertz、Avis、Alamoといった主要なレンタカー会社のカウンターが集まっています。事前にWEBサイトなどで予約をしておくとチェックイン手続きがスムーズです。日本の運転免許証だけでは借りられない場合もあるので、国際運転免許証とクレジットカードも準備しておきましょう。

ラスベガス旅行のお役立ち情報

街全体がテーマパークのようなラスベガス

ラスベガスといえばカジノの本場として有名ですが、日本でもおなじみのシルク・ドゥ・ソレイユ (Cirque du Soleil) やマジックショーなど、ファミリーで楽しめるエンターテイメントが充実しています。ストリップ通りを中心に有名ホテルやカジノが集まっていて、ベラージオの噴水ショーやミラージュのボルケーノショーといった人気アトラクションもあり街全体がテーマパークのようです。有名な「Welcome to Fabulous Las Vegas」と描かれたサインボードの前で記念撮影をしても良いでしょう。ネオン輝くラスベガスから少し足を伸ばせば、日帰りでグランドキャニオンに行くこともできます。グランドキャニオンではヘリコプターやセスナの遊覧飛行ツアーもあり、迫力のある絶景を楽しむことができます。

ラスベガスの街歩きに便利なモノレール

ラスベガスにはメインストリートのストリップ通りにそって東側にラスベガスモノレールが運行しているので、観光の際に利用すると便利です。モノレールはMGMグランドとSLS ラスベガス ホテルの間を運行し、主要なホテルの近くに停車駅があります。ストリップの西側のホテルに宿泊する場合は駅まで少し遠くなりますが、1回券は5ドル、1日券は12ドルという料金設定。運行は4~8分間隔で、週末は午前3時まで深夜まで営業しています。

そのほかラスベガスの見所・お役立ち情報をスカイスキャナーニュースでもご紹介しています。

海外旅行におすすめの情報・ツール

ラスベガスへの滞在でホテルをお探しですか?

ラスベガスのお得な格安ホテルをお探しならスカイスキャナーのホテル検索をご活用ください。世界中の大手旅行サイト・ホテル公式サイトの価格をまとめて比較できるので、お得なラスベガスのホテル・宿・ホステルをご予約頂けます。

目的地の空港を柔軟に検討できますか?付近の空港も検索して、お得な航空券を見つけましょう。

ラスベガス付近の空港

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。