地図

青森 (AOJ) 発 - 大阪 (OSAA) 行きの飛行機・格安航空券の検索

青森発 - 大阪行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥12,681

直行便航空会社

4

週の便数

45

平均飛行時間、合計距離828 km

1 時間 35 分

先月の最も人気の航空会社

日本航空(JAL)

大阪 関西国際および大阪 伊丹

2 空港

よくある質問

大阪には 2 つの空港があります。大阪 関西国際と大阪 伊丹です。
スカイスキャナーで見つけた青森から大阪までの最安フライト料金は、¥12,681です。これは各航空会社を総合して見つけた料金で、当月で最も安い金額です。
青森から大阪までの平均フライト時間は1 時間 35 分です。
青森から大阪まで直行便を出しているエアラインは、4 社あります。
7月時点では、青森から大阪までは毎週 45 本のフライトがあります。

青森から大阪行き ルートの基本情報

大阪には伊丹空港と関西国際空港の2つの空港がありますが、青森からは伊丹空港行きの直行便が就航しています。ビジネス・観光それぞれ一定の需要がある路線で、日帰りにも無理のないダイヤ編成です。LCCは就航していませんが、早めに予約をすれば格安航空券も利用できます。

青森-大阪 伊丹行き 直行便を就航する主な航空会社・LCC

JAL (日本航空) ANA (全日空)

JALはJ-AIR、ANAはANAウイングスによる運航です。J-AIRとANAウイングスは地域路線の運航を担う航空会社で、伊丹空港を拠点としています。J-AIRの機材はエンブラエル190で、座席にはユニバーサルPC電源がセットされ、スマートフォンの充電やパソコンの使用ができるので便利です。ANAウイングスの機材は、プロペラ機のボンバルディアQ-400 。短中距離線ではジェット機に匹敵するスピードで飛行し、振動や騒音も少なくフライト中も快適に過ごせます。

定期便の便数

JAL (日本航空) :3便、ANA (全日空) :3便

JAL・ANA1日3便ずつの運航で、午後のフライトが多く設定されています。青森空港から伊丹空港まで1時間55分のフライト。JALはクラスJと普通席の2クラス、ANAは普通席のみのモノクラスです。

直行便以外のアクセスルート

青森から大阪までは、伊丹空港行きの直行便を利用するのが一般的です。乗り継ぎ便の場合は、羽田空港で伊丹空港または関西国際空港行きのフライトが選択できます。羽田-関西線はJAL・ANAのほか、スターフライヤーも定期便を1日5便開設。乗り継ぎ便の場合は大阪到着まで3時間以上かかるので、直行便のほうがより早く安く移動できます。

路線の概要・メリット

青森空港発-大阪行き航空券の相場
8~10月はレジャーシーズンと重なり利用者が増えるものの、航空券の価格は年間を通して安定しています。航空券は片道6,300円台、往復は12,000~13,000円台が相場です。早期購入割引運賃が設定されているので、LCCは就航していないものの格安航空券を利用できます。

路線の特徴
平日・週末ともにビジネス・旅行客の利用割合がほぼ同じぐらいの路線です。新幹線の場合、青森から大阪までの所要時間は約6時間30分。飛行機なら1時間55分で移動できるだけでなく、早目に予約をすれば往復15,000円以下で利用できるので、費用・時間の両面でメリットが多く便利です。

発着空港の概要

青森空港
青森空港は国内線4路線・国際線3路線の定期便が発着する本州最北端の空港です。東北地方のなかでは仙台・秋田空港についで利用者の多い空港で、年間旅客数は118万人を超えています。空港では保安検査場のレーンを増設し混雑も緩和され、搭乗までの導線もスムーズです。空港ターミナル2階にはエアポートラウンジ (カードラウンジ) があり、出発前にゆったりくつろぐこともできます。ラウンジでは通信環境も整っているのでブース席で仕事をすることも可能です。冬期になると、ホワイトインパルス (青森空港除雪隊) が出動。東京ドーム12個分に相当する雪を約40分という早さで除雪し、安全運航を支えています。空港内のショップでは青森県産の海産物やりんごなどの名産品も購入可能です。

伊丹空港・関西国際空港
大阪には伊丹空港関西国際空港の2つの空港があり、国内航空輸送における基幹空港に位置づけられています。大阪におけるマルチエアポート (同一都市における複数空港) として、両空港間の相互利用が可能です。伊丹空港は季節運航便も含めると国内線33路線が就航し、年間旅客数は1,500万人を超えています。空港ターミナルの改修により出発・到着時の導線もスムーズになり、空港の機能性・快適性が向上しました。JAL・ANAも伊丹空港のラウンジをリニューアルし、スタイリッシュな空間で出発前にリフレッシュできます。関西国際空港は24時間運用の国際拠点空港で、国内線・国際線ともLCCの就航が多いのが特徴。国内線に関しては、LCCのフライトが全体の半数以上を締めています。LCC専用の第2ターミナルも建設され、国内線・国際線間の乗り継ぎも便利です。

市内中心部-空港間のアクセス方法

青森空港
青森空港は青森市内中心部から約15km南に位置し、青森市・弘前市からのアクセスが便利な空港です。青森市内から空港までは、バスと車が一般的によく利用されています。バスは青森駅前から約35分、弘前バスターミナルから約60分で青森空港に到着。青森県庁・青森市役所・フェリーふ頭からはタクシーを利用すると、約20~35分で空港まで移動できます。新青森駅 (新幹線) ・浅虫温泉・酸ヶ湯温泉・五所川原市からの所要時間はタクシーで30~40分ですが、降雪など天候状況により時間には余裕を見ておきましょう。

伊丹空港・関西国際空港
伊丹空港関西国際空港は大阪市内中心部へのアクセス手段が充実し、交通利便性の高い空港です。伊丹空港は旅客ターミナルの正面に大阪モノレールの駅があり、蛍池駅で阪急線に乗り換え可能。空港から梅田までは約30分で移動できます。関西国際空港も空港のターミナル前にJR・南海の関西空港駅があり、JR特急はるかに乗車すると新大阪駅まで約50分、京都駅まで約75分で到着。南海ラピートを利用する場合はなんばまで最短34分です。伊丹・関西両空港を発着する空港リムジンバスは路線が豊富で大阪駅 (梅田駅) ・上本町・あべの橋など主要ターミナル駅をはじめ、京都・奈良・神戸方面にも運行しています。また関西国際空港と神戸空港を30分で結ぶ高速船 (ベイ・シャトル) も利用可能です。

(2019年4月時点の情報)

国内旅行・国内線の検索におすすめの情報・ツール

格安航空券の検索におすすめのツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。