地図

秋田 (AXT) 発 - 大阪 (OSA) 行きの飛行機・格安航空券の検索

おすすめの直前予約割引航空券

どこかに出かけてみませんか?今からでも間に合います。直前予約が可能な大阪行きのおすすめ航空券をご紹介します。
過去14日間で見つかった最安の概算価格を表示しています。

秋田発 - 大阪行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥12,886

直行便航空会社

4

週の便数

45

平均飛行時間、合計距離705 km

1 時間 25 分

先月の最も人気の航空会社

日本航空(JAL)

大阪 関西国際および大阪 伊丹

2 空港

よくある質問

大阪には 2 つの空港があります。大阪 関西国際と大阪 伊丹です。
スカイスキャナーで見つけた秋田から大阪までの最安フライト料金は、¥12,865です。これは各航空会社を総合して見つけた料金で、当月で最も安い金額です。
秋田から大阪までの平均フライト時間は1 時間 25 分です。
秋田から大阪まで直行便を出しているエアラインは、4 社あります。
10月時点では、秋田から大阪までは毎週 45 本のフライトがあります。

秋田から大阪行き ルートの基本情報

秋田には秋田空港・大館能代空港の2つの空港がありますが、秋田空港から大阪・伊丹空港行きの直行便が就航しています。関西国際空港行きの直行便は開設されていませんが、羽田空港で関西行きのフライトに乗り継ぎ可能です。

秋田-大阪 直行便を就航する主な航空会社・LCC

JAL (日本航空) ANA (全日空)

秋田から伊丹空港までの直行便をJAL・ANAの2社が運航しています。JALはJ-AIR、ANAはANAウイングスによる運航便です。J-AIR、ANAウイングスは地域路線をメインに運航する航空会社で、小型機材を使用しています。J-AIRの運航機材であるエンブラエル190は、全席革張りシートのシックなキャビンです。客室内は天井が高く広々とした空間になっていて、座席にはユニバーサルPC電源がセットされています。ANAの使用機材はプロペラ機 (Q400) で、飛行機から音波を出しプロペラによる騒音や振動を軽減しているので機内は静かで快適です。

定期便の便数

JAL (日本航空) :3便、ANA (全日空) :3便

JAL・ANAともに1日3便ずつの運航。秋田から伊丹までは1時間35分のフライトです。始発便は朝8時台、最終便は18時台の設定で、日帰りにも無理のないスケジュールが組まれています。伊丹空港で秋田空港から直行便が就航していない四国・福岡・沖縄の各方面行きのフライトにも乗り継ぎ可能です。

直行便以外のアクセスルート

秋田から大阪までは伊丹空港行きの直行便を利用するのが一般的です。乗り継ぎ便を利用する場合は、羽田空港で飛行機を乗り継ぐことにより、伊丹空港や関西国際空港にアクセス可能です。

路線の概要・メリット

秋田発-大阪行き航空券の相場
年間を通して航空券の相場が安定し、シーズナリティによる価格差が少ない路線のひとつです。LCCは就航していませんが、早期に予約をすれば割引率の高い運賃が適用されます。秋田-伊丹線の往復航空券は、12,000~13,000円台が通常期の相場。夏休みや連休は利用者が増えるため相場が少し高くなり、往復22,000~26,000円台になります。

路線の特徴
平日はビジネス利用の割合が高い一方で、休日や連休は旅行客の利用がメインの路線です。短時間で移動できるのが航空便を利用する最大のメリット。日帰り利用にも無理のないダイヤが組まれています。

発着空港の概要

秋田空港
秋田空港は羽田・伊丹・新千歳・中部国際 (セントレア) の国内線4路線が就航し、年間旅客数は132万人を超えています。大型ジェット機の発着が可能な2,500mの滑走路が整備され、アジアからの国際線チャーター便も発着。空港への夜間駐機により早朝便の設定が可能になり、就航便の一部機材の大型化も進められ利便性が向上しました。国内線の出発ロビーには「釣りキチ三平・山魚女群泳」の巨大な陶板レリーフが展示され、記念撮影スポットになっています。秋田出身の漫画家・矢口高雄氏の原画をもとに制作されたもので、スケールの大きなパブリックアートとして利用者から人気です。ラウンジロイヤルスカイ (共用ラウンジ) では出発前に仕事をしたり、ゆっくりくつろぐこともできます。

伊丹空港・関西国際空港
伊丹空港関西国際空港は国内線航空輸送ネットワークにおける基幹空港に位置づけられ、大阪と国内主要都市を結ぶ定期便が多数発着しています。伊丹空港は国内線33路線が就航し、年間旅客数は約1,500万人です。空港ターミナルビルが改修され、出発・到着時の動線もスムーズになり利便性が向上しました。JAL・ANAのラウンジもリニューアルされ、新しい空港に生まれ変わりつつあります。関西国際空港は成田空港・中部国際空港と並ぶ国際拠点空港で、LCCの乗り入れが多いのが特徴です。特に国内線は全体の半数以上をLCCのフライトが占め、格安航空券の利用機会が増えています。24時間運用のため早朝・深夜便の設定も多く、国内線・国際線間の乗り継ぎも便利です。

市内中心部-空港間のアクセス方法

秋田空港
秋田空港は秋田市中心部から直線距離で約15km南東に位置し、市内からの空港までの主な交通手段は空港リムジンバス・タクシー・車 (レンタカー) です。空港リムジンバスは県庁・市役所前の始発で、秋田駅西口からも乗車可能。始発から空港までの所要時間は約45分です。エアポートライナー (乗合タクシー) は事前予約制ですが、秋田市内をはじめ角館・田沢湖・玉川温泉・乳頭温泉・男鹿半島など県内の主要観光地から空港までダイレクトにアクセスできます。また車 (レンタカー) を利用する場合は、日本海東北自動車道・秋田空港インターチェンジが最寄りのICになります。

伊丹空港・関西国際空港
伊丹空港関西国際空港はともに大阪市内や周辺の主要都市への交通アクセスが便利な空港です。伊丹空港からは、阪急線・大阪モノレールを利用すれば梅田に30分前後で到着。大阪駅 (梅田) ・新大阪駅・なんば・あべの橋・近鉄上本町など市内の主要ターミナル駅まで、空港発のリムジンバスが運行しています。関西国際空港は空港正面にJR・南海の関西空港駅があり、JR特急はるかで京都まで約75分・新大阪には約50分で到着。南海ラピートなら、なんばまで最短34分でアクセス可能です。また、大阪市内の主要ターミナル駅のほか、千里ニュータウンや泉北ニュータウン行きのリムジンバスも運行しています。神戸空港と関西国際空港とを約30分で結ぶベイ・シャトル (高速船) も神戸方面への移動に便利です。

(2019年5月時点の情報)

国内旅行・国内線の検索におすすめの情報・ツール

格安航空券の検索におすすめのツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。