地図

仙台 (宮城) 発 - 大阪行きの飛行機・格安航空券の料金比較

仙台発 - 大阪行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥6,769

直行便航空会社

6

週の便数

135

平均飛行時間、合計距離635 km

1 時間 20 分

先月の最も人気の航空会社

日本航空(JAL)

大阪 関西国際および大阪 伊丹

2 空港

仙台 (宮城) から大阪行きのフライト情報

平均所用時間 1時間20分
料金 片道 ~low_price_display~〜
航空会社 アイベックスエアラインズ (IBEX), JAL (日本航空), ANA (全日空), ピーチ
最も安いルート 仙台空港 - 大阪 関西国際空港 (SDJ - KIX)
最も人気のルート 仙台空港 - 大阪 関西国際空港 (SDJ - KIX)

仙台空港 (SDJ) - 大阪行きを就航する主な航空会社・LCC

仙台空港から大阪行き便では、スカイスキャナーで以下のエアラインが多く利用されています。

運航ルート 航空会社 航空会社のタイプ
仙台 → 関空
SDJ - KIX
ピーチ LCC
仙台 → 伊丹
SDJ - ITM
ANA (全日空) フルサービスキャリア
JAL (日本航空) フルサービスキャリア

仙台空港 (SDJ) から伊丹空港 (ITM) 行きの便

JAL (日本航空)ANA (全日空)アイベックスエアラインズ (IBEX)

JALは伊丹空港を拠点とする地域航空会社のJ-AIRが運航しています。メインの運航機材はエンブラエル190で、小型ジェットながら天井が高く広々とした快適なキャビンです。全席レザーシートのスタイリッシュなデザインで、座席にはユニバーサルPC電源がセットされています。ANAは便によって機材が異なりますが、プレミアムクラスと普通席の2クラス仕様の運航便もあります。仙台空港を拠点とするアイベックスエアラインズ (IBEX) はコードシェア提携によりANA便名でも予約可能です。空港に設置されているANAの自動チェックイン機で搭乗手続きができます。

仙台空港 (SDJ) から関西国際空港 (KIX) 行きの便

ピーチ (peach)

ピーチは仙台空港に初めて就航したLCCで、2017年より仙台空港を拠点化し路線を拡大しています。仙台線-関西線は2013年の就航以来、レジャーやビジネスで多くの人に利用されています。格安航空券を利用できる機会が広がり、旅行スタイルにあわせて受託手荷物や事前座席指定などのサービスを選択できます。

定期便の便数

仙台発-伊丹空港行きの直行便
JAL (日本航空):8便、ANA (全日空):5便、アイベックスエアラインズ (IBEX):2便
仙台発-関西国際空港行きの直行便
ピーチ (peach) :3便

仙台-伊丹線は1日15便と便数が多く便利です。JALは2018年5月より1日7便から8便に増便。ANA は1日5便のスケジュールですが、旅行や帰省客の増える年末年始の一部期間で1便増便され1日6便の運航になります。仙台-関西線はLCCのピーチによる単独運航。始発は朝7時台発、最終便は20時台のフライトで仙台-大阪間を日帰りで利用する場合も無理のないダイヤ編成です。

直行便以外のアクセスルート

仙台-大阪線は直行便を利用するのが一般的です。途中、成田空港で乗り継ぐルートも可能ですが、航空会社では乗り継ぎ運賃を設定していないため、仙台-成田、成田-大阪の2区間分の航空券を購入する必要があります。直行便のほうが移動時間も短く、リーズナブルな航空券を利用できます。

路線の概要・メリット

仙台発-大阪行き航空券の相場
レジャーシーズンにあたる4~10月はやや相場が高く、片道航空券の価格は12,000~14,000円台です。11月~3月の期間は相場が安く、年末年始や連休を除けば片道1万円以下の航空券も利用可能。航空会社では早期購入割引運賃を設定していますが、割引率の高い運賃は販売座席数が限定されているので早期に満席になる場合もあります。ピーチの仙台-関西線は片道5,000円以下の格安航空券もあり、価格重視派の人にはおすすめです。

路線の特徴
仙台-大阪間は新幹線や高速バスによる陸路でのアクセスも可能ですが、航空便のほうが短時間で移動できます。LCCの就航や航空会社が多様な割引運賃を設定し、格安航空券を利用しやすい条件も整っているので、飛行機を使うメリットの多い路線です。伊丹空港・関西空港ともに大阪市内はもちろん、京都・神戸など関西圏の主要スポットへのアクセスが便利。また関西国際空港発の国際線に乗り継ぐこともできます。

発着空港の概要

仙台空港
仙台空港は東北で最も規模の大きな空港で、仙台市をはじめ福島・山形・岩手など近接する東北の主要都市からの利用者も多く年間旅客数は340万人を超えています。2016年に国管理空港から民営化され、着陸料が引き下げられたことによりLCCの参入も増え、空港ターミナル施設やサービスも拡充されました。国内線は2017年から2018年にかけて神戸・札幌 (新千歳) ・出雲など新規路線が次々に就航し、11路線の定期便が発着しています。親子で楽しめるエアポートミュージアムや展望デッキ (無料) など飛行機の出発時間まで退屈することなく過ごせます。JALANAが開設しているエアラインラウンジのほか、3階レストラン街のビジネスラウンジ (カードラウンジ) も20時30分まで営業しています。

伊丹空港・関西国際空港
大阪には伊丹空港関西国際空港の2つの空港があり、神戸空港とあわせて関西三空港として位置づけられています。伊丹空港は国内線のみの発着ですが、首都圏からの出張利用客が多いのが特徴です。国内線ターミナルの改修工事が進められ、2020年には全面改修が完了予定です。到着口が中央に集約され、スマートレーンの導入により手荷物検査場での混雑緩和など利便性の向上が図られています。
関西国際空港はジェットスタージャパンピーチ (peach)春秋航空日本バニラエア (Vanilla Air) のLCC4社が国内線を就航。大阪市内はもとより、京都・神戸・奈良や淡路島など関西主要都市へのアクセスも便利です。国際線・国内線ともに新規路線の就航が続いており、LCCの路線も充実しています。

市内中心部-空港間のアクセス方法

仙台空港
仙台空港は仙台市に隣接する名取市にあり、仙台市内からは鉄道・バス・タクシー・車でアクセス可能です。空港には仙台空港鉄道が乗り入れており、ターミナルビルと直結しています。途中、長町駅で仙台市営地下鉄、名取駅で東北本線から乗り換え可能で、JR仙台駅からは快速を利用すれば最短17分で空港に到着します。バスは秋保温泉や松島といった県内の観光スポットのほか、福島・山形・盛岡・平泉など東北の主要都市からの連絡バスも運行しています。車を利用する場合は、仙台東部道路仙台空港I.C.より5分で、駐車場は24時間営業です。

伊丹空港
伊丹空港は大阪市内中心部に比較的近い立地で、神戸・京都へのアクセスも便利です。空港からモノレールと阪急線を利用すれば、梅田・京都・三宮にも移動できます。空港リムジンバスの路線も多く、梅田・新大阪・なんば・あべの橋・上本町など大阪市内の主要駅のほか、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™や関空行きのバスも運行しています。駐車場は2,500台以上収容可能で24時間営業ですが、連休や旧盆期間・年末年始は混雑するので、時間に余裕をみておきましょう。

関西国際空港
関西国際空港は大阪南部に位置し、大阪 (梅田)・新大阪・天王寺・なんば・京橋など大阪の主要駅にもスムーズに移動できます。空港ターミナル前のエアロプラザと南海・JRの関西空港駅が連結し、南海ラピートαに乗車すれば、なんば駅まで最短約34分でアクセス可能。JR特急はるかを利用した場合の所要時間は、新大阪駅まで約50分、京都駅までは約75分です。空港リムジンバスの路線も充実しており、空港周辺の主要ホテルをはじめユニバーサル・スタジオ・ジャパン™やあべのハルカス方面へのバスも運行しています。関西国際空港と神戸空港を約30分で結ぶ高速船も便利です。

国内旅行・国内線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。