地図

札幌 (SPKA) 発 - 福岡 (FUK) 行きの飛行機・格安航空券の検索

札幌発 - 福岡行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥12,387

直行便航空会社

4

週の便数

45

平均飛行時間、合計距離1420 km

2 時間 25 分

先月の最も人気の航空会社

スカイマーク(Skymark)

福岡

1 空港

札幌から福岡行き ルートの基本情報

札幌には新千歳空港と丘珠空港の2つの空港がありますが、新千歳空港から福岡空港行きのフライトが就航しています。直行便は日本を縦断する2時間30分のフライトで、フルサービスキャリアとLCCが運航しています。運航本数が限られていることから、スケジュールによっては国内主要空港での乗り継ぎ便も利用可能です。

札幌-福岡 直行便を就航する主な航空会社・LCC

JAL (日本航空) ANA (全日空) スカイマークピーチ (peach)

JALやANAはスカイトラックス (Skytrax) の格付けで5スターエアラインを獲得。両社それぞれサービスに違いはありますが、快適なキャビンと品質の高い機内サービス、空港ラウンジ施設の充実などが利用者から高く評価されています。JALでは機内Wi-Fiサービス (無料) をいち早く導入し、フライト中もストレスフリーな通信環境を実現しました。ANAでもWi-Fiサービスを順次導入し、エンターテイメントプログラムの充実をはかっています。スカイマークは、2017年度の運航実績で国内航空会社12社中定時運行率1位を獲得。LCCのピーチは格安航空券を利用できるのが魅力で、事前座席指定や手荷物のオプションなど旅行のスタイルに合わせた選択ができます。

定期便の便数

JAL (日本航空) :2便、ANA (全日空) :1便、スカイマーク:2便、ピーチ (peach) :1便

フルサービスキャリア・LCCあわせて1日6便のダイヤ編成です。夕方から夜の時間帯は直行便の設定はありませんが、乗り継ぎ便を利用すれば同日中に福岡まで移動できます。夏・冬ダイヤにより出発時刻が前後する場合があるので、航空券を検索する際に最新ダイヤをチェックしましょう。

直行便以外のアクセスルート

札幌から福岡までは新千歳空港発の直行便を利用するのが一般的です。他の空港で乗り継ぐ場合は、羽田・仙台・名古屋・伊丹空港を経由するルートも選択可能で、JALやANAでは乗り継ぎ運賃も設定しています。乗り継ぎ可能な空港が多いので、フライトの選択肢も幅広く便利です。乗り継ぎ空港によりますが、福岡到着までの所要時間は3時間30分~4時間30分が目安となります。

路線の概要・メリット

札幌発-福岡行き航空券の相場
レジャーシーズンの7~10月までは観光客を中心に利用者が増え、混雑します。特に大型連休や夏休み期間中は航空券の相場が高くなるので、割引率の高い運賃が適用される時期に予約を済ませておくとお得です。LCCのフライトは片道5,000円台で設定されている場合もあり、週末よりも平日のほうがより安い運賃を利用できます。フルサービスキャリアの早期購入割引運賃は片道1万円台、往復26,000円前後が相場です。

路線の特徴
北海道と九州を結ぶ幹線で、観光・ビジネスともに需要の高い路線です。7~9月は旅行客が増えることから座席利用率も高く、満席に近いフライトもあります。LCCのフライトは便数が限られていることから大型連休など特に混雑する日程は満席になる場合もあるので、早期の予約がおすすめです。

発着空港の概要

新千歳空港
新千歳空港は国内線28路線・国際線19路線の就航ネットワークを有する北海道で最大規模の空港です。国内線においては道内路線 (稚内・女満別・根室中標津・釧路・函館) と札幌を結ぶ定期便も発着し、道内航空便の拠点空港としても重要な役割を果たしています。空港は24時間運用で羽田空港など高需要路線は期間限定で深夜便も設定され、観光やビジネスに便利です。また国内LCC5社が乗り入れ国内各地への路線ネットワークを展開し、格安航空券の利用機会も拡大しました。空港ターミナル内はショップやダイニングが充実。映画館や温浴施設などもあり、出発前の時間もショッピングやアミューズメントで楽しめます。

福岡空港
福岡空港は九州の玄関口として、国内外の主要都市と福岡を結ぶ定期便が発着。国内線28路線・国際線23路線の就航ネットワークを有し、年間旅客数は約2,400万人にのぼります。国内線は東京・大阪・札幌・名古屋・沖縄といった主要空港と福岡を結ぶ路線のほか長崎・鹿児島・沖縄への離島路線も充実し、九州における拠点空港としても活用されています。空港ターミナルは改修され、空港機能の強化が図られるとともに利用者の導線もスムーズになりました。2019年4月より空港運営が民営化され、路線の拡大や増便にも期待が寄せられています。

市内中心部-空港間のアクセス方法

新千歳空港
新千歳空港は札幌市中心部から約40km離れていますが、札幌都心部からの主な交通手段は鉄道 (JR) や空港バスです。また苫小牧や室蘭方面からもアクセスが良く、車 (レンタカー) もよく利用されています。札幌駅からJR快速エアポートを利用すれば、最短37分で空港に到着。空港ターミナルの地下に空港駅があり、出発ロビーまでスムーズに移動できます。札幌都心部の主要ホテルをはじめ、大通・すすきの・中島公園からは空港行きのバスも利用可能です。新千歳空港までの所要時間は55~65分ですが、乗車するエリアによっては80~90分ほどかかる場合もあるので余裕をもって行動しましょう。車の場合、道央自動車道・新千歳空港ICが最寄りのインターチェンジで、空港の駐車場は24時間営業です。

福岡空港
福岡空港は福岡市内中心部から5km圏内にある都市型空港で、交通利便性の高い空港といえます。空港ターミナルに地下鉄が乗り入れ、博多駅まで2駅 (5分) 、天神駅まで5駅 (11分) の距離です。博多駅では新幹線やJR在来線に乗り換えられます。また天神駅では西鉄福岡駅まで徒歩で移動できるので久留米・大牟田・太宰府方面へのアクセスも良好です。空港からヤフオクドーム・イオンモール福岡・キャナルシティ福岡といった市内の主要スポットまでは路線バスも利用可能。小倉・大牟田・久留米のほか佐賀・大分方面には高速バスも運行し、周辺の主要都市にも60~90分で移動できます。

(2019年3月時点の情報)

国内旅行・国内線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。