地図

宮崎 (KMI) 発 - 福岡 (FUK) 行きの飛行機・格安航空券の料金比較

おすすめの直前予約割引航空券

どこかに出かけてみませんか?今からでも間に合います。直前予約が可能な福岡行きのおすすめ航空券をご紹介します。
過去14日間で見つかった最安の概算価格を表示しています。

宮崎発 - 福岡行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥9,004

直行便航空会社

5

週の便数

67

平均飛行時間、合計距離211 km

0 時間 50 分

先月の最も人気の航空会社

日本航空(JAL)

福岡

1 空港

よくある質問

福岡には 1 つの空港があります。福岡です。
スカイスキャナーで見つけた宮崎から福岡までの最安フライト料金は、¥9,004です。これは各航空会社を総合して見つけた料金で、当月で最も安い金額です。
宮崎から福岡までの平均フライト時間は0 時間 50 分です。
宮崎から福岡まで直行便を出しているエアラインは、5 社あります。
9月時点では、宮崎から福岡までは毎週 67 本のフライトがあります。

宮崎空港 (KMI) - 福岡空港 (FUK) を就航する主な航空会社・LCC

宮崎空港から福岡空港行き便では、スカイスキャナーで以下のエアラインが多く利用されています。

航空会社 コード タイプ
JAL (日本航空) JL フルサービスキャリア
ANA (全日空) NH フルサービスキャリア
アイベックスエアラインズ FW フルサービスキャリア

スカイスキャナーで宮崎 (KMI) から福岡 (FUK) の飛行機を検索。スカイスキャナーは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行代理店が取り扱う航空券の料金を一括比較し、お客様に最安値の国内航空券をご案内します。また価格以外にも日程・所要時間・航空会社をフレキシブルに変更頂くことができため、お客様に最も合った航空券を見つけることができます。お気に入りの航空券を見つけたら、チケットを販売するサイトの予約ページへ直接おつなぎしますので、宮崎-福岡間の航空券をスムーズにご予約いただけます。
平均飛行時間や飛行マイル数等、福岡行きフライトの詳細を確認することができます。

JAL (日本航空) ANA (全日空) オリエンタルエアブリッジ (ORC)

JALとANAのほか、長崎を拠点とするオリエンタルブリッジが定期便を就航しています。オリエンタルエアブリッジの宮崎-福岡線は2017年10月に就航を開始した新規路線。ANAでは従来2便運航していた直行便を1便に減便したものの、通期でオリエンタルブリッジとのコードシェアを増便し、運航の効率化をはかっています。なお、宮崎-福岡線を運航しているLCCはありません。

定期便の便数

JAL (日本航空) :7便・ANA (全日空) :1便・オリエンタルエアブリッジ (ORC) :5便

JALは1日7便のダイヤが組まれています。ANAは1日1便のみの運航ですが、コードシェア提携によりオリエンタルエアブリッジの運航便はANA便名でも予約可能です。地域路線としては1日13便と便数が多く便利です。

直行便以外のアクセスルート

宮崎発-福岡行きのフライトは直行便を利用するのが一般的です。宮崎空港を発着する定期便のうち、九州・沖縄エリアの就航路線は福岡のほか沖縄 (那覇) の2路線のみ。福岡までの直行便が短時間かつスムーズに移動できます。

路線の概要・メリット

宮崎発-福岡行き航空券の相場
宮崎-福岡線の航空券はゴールデンウィークや夏休みなど利用者の多い時期は、片道15,000円前後まで相場が上がります。オリエンタルエアブリッジでは、7~8月、12月~年始1月6日、3月をピーク期に設定していますが、この時期は利用する航空会社に関わらず相場がやや高くなります。秋から冬にかけてはやや相場が下がり、片道1万円以下の航空券も利用可能です。各航空会社が設定している早期購入割引運賃を利用すれば、片道5,000円前後の格安航空券も購入できるので、早めにスケジュールを決めて予約をするとお得です。

路線の特徴
宮崎-福岡線は片道約50分のフライト。バスや車を利用した場合、福岡までは約4時間30分を要するので、航空便は短時間で移動できるメリットがあります。宮崎-福岡線は福岡への出張だけでなく、イベントやショッピングなどのレジャー目的で福岡に行く人の利用も多い地域路線でもあります。宮崎空港発着便としては羽田線・伊丹線と同じく便数が多く設定されているので、福岡空港経由で飛行機を乗り継いで国内各地や国際線への乗り継ぎも可能です。

発着空港の概要

宮崎空港
宮崎空港は市内中心部から車で約20分の距離にあり、国内線は東京 (羽田・成田) 、大阪 (伊丹・関西) 、名古屋 (中部) 、福岡、沖縄の7路線が就航しています。国際線はソウル・台北・香港の3路線でアジアからのインバウンド観光客も増えつつあります。宮崎空港では2017年12月より新しいボーディングブリッジを導入。宮崎-福岡線はプロペラ機による運航がメインの路線で、従来は飛行機のステップを昇り降りする必要がありましたが、新しいブリッジでは直接飛行機に接続するので搭乗・降機がよりスムーズになりました。宮崎空港では各航空会社が運営するラウンジではなく、共用ラウンジ「大淀」が最終便の出発時間まで営業しています。飛行機に搭乗するまで、くつろぎの時間を過ごせます。

福岡空港
福岡空港は市街地にあることから市内中心部までアクセスが良く、観光・ビジネスともに便利です。国内線ターミナルの改修が行われ、2020年の全面リニューアル後は3つに分かれていたターミナルビルが1つに集約されます。地下鉄アクセスホールやバスラウンジなど、出発・到着時の動線設計も工夫され利便性がアップします。2018年8月には南側の到着コンコースや到着口が供用開始となり、国内線出発・到着の動線が分けられ、飛行機を降りてからスムーズに移動できるようになりました。空港からは市営地下鉄を利用すれば、30分ほどで博多や天神など市内中心部まで移動可能。空港内のフードコートやショップも新しくなり、グルメやショッピングも楽しめます。

市内中心部-空港間のアクセス方法

宮崎空港
宮崎市内から宮崎空港までは路線バスを利用すると、JRよりも運行本数が多く便利です。宮崎駅やシーガイアからは空港までバスで約25分。宮交シティ (バスターミナル) から空港までは約10分で到着します。鉄道の場合、宮崎駅からJR宮崎空港線を利用すれば約12分で空港の最寄り駅まで移動できますが、運行本数が限られているので時間に余裕をみておきましょう。日向・延岡・都城など県内主要都市からも高速バスが運行しています。

福岡空港
福岡空港は市内中心部へのアクセスが良く、空港に乗り入れている市営地下鉄を利用すれば博多まで2駅・約5分で到着します。天神駅までは空港から市営地下鉄で約10分という近さです。博多駅では山陽新幹線・九州新幹線に乗り換えることができます。ヤフオクドームやキャナルシティ博多、大濠公園方面への路線バスも運行しています。久留米・小倉・大牟田といった福岡県内の主要都市へは、天神から西鉄に乗り換えたり、空港からの直通バスを利用すれば1時間~1時間30分ほどでアクセス可能です。

国内旅行・国内線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。