地図

鹿児島 (KOJ) 発 - 奄美大島 (ASJ) 行きの飛行機・格安航空券の検索

鹿児島発 - 奄美大島行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥7,184

直行便航空会社

4

週の便数

59

平均飛行時間、合計距離389 km

0 時間 55 分

先月の最も人気の航空会社

日本航空(JAL)

奄美大島

1 空港

よくある質問

奄美大島には 1 つの空港があります。奄美大島です。
鹿児島から奄美大島までの平均フライト時間は0 時間 55 分です。
鹿児島から奄美大島まで直行便を出しているエアラインは、4 社あります。
10月時点では、鹿児島から奄美大島までは毎週 59 本のフライトがあります。

鹿児島から奄美大島行き ルートの基本情報

奄美大島は美しい海と自然に囲まれた奄美群島の主要な島のひとつです。東京 (羽田・成田) 、大阪 (伊丹・関西) 、福岡、沖縄から奄美行きの直行便が就航していますが、国内各地からは鹿児島空港で飛行機を乗り継いで奄美大島まで行くこともできます。鹿児島-奄美線にLCCは就航していませんが、早期購入割引を利用すれば往復1万円以下の格安航空券も利用可能です。

鹿児島-奄美大島 直行便を就航する主な航空会社・LCC

JAL (日本航空) 日本エアコミューター (JAC) スカイマーク (SKYMARK)

JALはグループ会社のJ-AIRによる運航で、機材はエンブラエル170です。座席は全席革張りシートで小型ジェットながらキャビンは広々としています。日本エアコミューター (JAC) は鹿児島空港を拠点に国内線ネットワークを展開。ATR機による運航で手荷物収納スペースが大きく、機内はJAL SKY NEXTに準じた仕様のシックなカラーリングです。スカイマークは座席下にコンセントを設置し、機内でスマトーフォンの充電もできます。

定期便の便数

JAL (日本航空) :4~5便、日本エアコミューター (JAC) :2便、スカイマーク (SKYMARK) :2便

JALは一部期間のみ1便減便になる場合があるので、航空券を検索する際に予定を確認しましょう。午前・午後あわせて1日8~9便の運航で、奄美までは約1時間のフライトです。なお台風シーズンは飛行機が欠航になる場合もあるので、欠航時の航空券の取扱について事前に調べておきましょう。

直行便以外のアクセスルート

鹿児島から奄美までは直行便の利用が一般的です。乗り継ぎ便を利用する場合は、伊丹空港または羽田空港を経由する必要があり時間も費用もかかります。鹿児島-奄美線は、奄美空港に発着する国内線のうち最も便数が多く設定されているのでスケジュールも調整しやすく便利です。

路線の概要・メリット

鹿児島空港発-奄美空港行き航空券の相場
5~10月はレジャーシーズンで旅行客が増えるので航空券の相場が比較的高い時期になるものの、航空券の価格は年間を通して安定しています。通常期は最安で片道3,000円台、往復8,000円台の格安航空券も利用可能です。フルサービスキャリアのフライトも含めると、往復航空券の価格は15,000~16,000円台が相場になります。

路線の特徴
ビジネス・旅行ともに一定の需要がある路線で、平日はビジネス利用客の割合が高いのが特徴です。鹿児島からはフェリーを利用した場合、奄美大島までは約11時間の船旅。航空便の場合はたった1時間で移動可能で、日帰りにも無理のないダイヤ編成です。飛行機なら時間が効率的に使えるので、週末や連休を利用して奄美大島への旅も楽しめます。

発着空港の概要

鹿児島空港
鹿児島空港は国内線17路線・国際線4路線の定期便が発着し、年間旅客数は568万人を超えています。旅客数は九州の空港のなかで福岡についで多く、国内の主要都市と鹿児島を結ぶ路線のほか奄美群島 (種子島・屋久島・奄美大島・喜界島・徳之島・沖永良部島・与論島) への定期便も就航。空港敷地内にある天然温泉足湯「おやっとさぁ」 (無料) は、出発前や到着後に旅の疲れを癒やせるスポットとして人気があります。また霧島連山を背景に離着陸する飛行機を間近に見られる展望デッキは世界的に人気の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」より2018エクセレンス認証を受けました。

奄美空港
奄美空港は国内線7路線の就航ネットワークを有し、年間旅客数は77万人を超えています。鹿児島と奄美を結ぶ定期便の発着がメインですが、徳之島・喜界島・与論島への離島路線も発着。旅行客だけでなく地域の生活路線としても多くの人に利用されています。近年は離島への旅行が人気で、旅行客が増加。空港ではターミナルビルの増改築工事が行われ、搭乗待合室や手荷物受取所のスペースが拡大され、混雑も解消しました。空港内には島の名産品である黒糖焼酎のボトル展示やBGMに島唄を流すなど、飛行機を降りた瞬間から奄美の魅力が感じられるように工夫されています。

市内中心部-空港間のアクセス方法

鹿児島空港
鹿児島空港は鹿児島市中心部から約27km北東に位置し、市内からの主な交通手段はバス・車 (レンタカー) です。空港の周辺には霧島連峰が広がり、天気の良い日は空港の南側に桜島を眺めることもできます。空港バスは路線数が多く、鹿児島中央駅や天文館といった鹿児島市の中心部をはじめ、指宿・薩摩川内・出水・霧島・姶良・鹿屋といった県内の主要都市からも空港バスの利用が可能。空港到着までの所要時間は鹿児島中央駅からは約40分、天文館からは約50分です。車の場合は、九州自動車道・溝辺鹿児島空港ICが最寄りのICになります。空港の駐車場は24時間営業で、始発・最終便を利用の場合も便利です。

奄美空港
奄美空港は奄美大島の北部・太平洋側に位置し、島の各方面への移動手段はバス・車 (レンタカー) ・タクシーです。空港から島の中心部の何故までは「しまバス 空港線」が運航し、名瀬市街地を経由して古仁屋 (海の駅) まで行く路線も運行しています。東南部の古仁屋まではバスで140~160分ほど時間を要します。奄美大島は佐渡ヶ島についで日本で2番めに大きな離島で、面積は東京23区よりも大きく、島内の各地域への移動にはレンタカーの利用がおすすめです。夏休みなど混雑する時期はレンタカーの事前予約を済ませておきましょう。また空港到着ロビー前にはタクシー乗り場があり、空港発の観光タクシーも利用できます。<

(2019年4月時点の情報)

国内旅行・国内線の検索におすすめの情報・ツール

格安航空券の検索におすすめのツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。