地図

成田空港 (NRT) 発 - 福岡 (FUK) 行きの飛行機・格安航空券の料金比較

東京 成田発 - 福岡行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥10,522

直行便航空会社

8

週の便数

76

平均飛行時間、合計距離941 km

2 時間 0 分

先月の最も人気の航空会社

ジェットスタージャパン

福岡

1 空港

成田発 - 福岡行きのフライト運航便数と所要時間

世界第4位の都市・東京の窓口である成田空港と九州地方の玄関口・福岡を結ぶ便は便利に活用されています。福岡空港は、各航空会社において大都市圏拠点空港に次ぐ主要地域拠点空港と位置づけられています。東京成田から福岡までの距離は941km。フライトの平均飛行時間は2時間です。東京成田発福岡行きの便は1週間に142便あり、航空会社は6社。ANAピーチJALジェットスターが6時台から18時台まで12便運航しています。

成田空港 (NRT) - 福岡空港 (FUK) を就航する主な航空会社・LCC

成田空港から福岡空港行き便では、スカイスキャナーで以下のエアラインが多く利用されています。

航空会社 コード タイプ
ジェットスター JQ LCC
ピーチ MM LCC
ANA (全日空) NH フルサービスキャリア
JAL (日本航空) JL フルサービスキャリア

JAL (日本航空)ANA (全日空)ジェットスタージャパンピーチ (peach)

航空会社によって発着ターミナルが異なります。ANAとピーチ (国内線) は第1ターミナル南、JALは第2ターミナル、ジェットスタージャパンは第3ターミナル (LCC専用) を使用。第3ターミナルには第2ターミナルからシャトルバスで移動します。JALはワンワールド (oneworld) 、ANAはスターアライアンス (Star Alliance) に加盟しているため、成田空港に到着する国際線から乗り継ぎ便として利用する人も多い路線です。

定期便の便数

JAL (日本航空):1便、ANA (全日空):2便、ジェットスタージャパン:4~7便、ピーチ (peach):2便

ジェットスターは平日に4便、週末は6~7便と曜日によって運航便数が異なり、旅行やレジャー利用客の増える週末は増便対応をしています。ANAは午前・午後の2便、JALは午後のみの1便の運航です。

直行便以外のアクセスルート

成田-福岡行きのフライトは直行便を利用するのが一般的ですが、名古屋 (中部)・伊丹・小松空港で乗り継ぐルートもあります。時間帯によっては最終目的地まで同一航空会社の便を利用できない場合もあります。別の航空会社の便に乗り継ぐ場合、スルーチェックインや乗り継ぎに必要な時間を確認しておきましょう。

路線の概要・メリット

成田空港発-福岡行き航空券の相場
シーズナリティによって価格の変動があり、春から夏は相場が高くなり片道航空券の相場は25,000円前後です。JALANAでは早期購入割引運賃を設定し、片道15,000円以下の航空券も利用できますが、年末年始など混雑する時期は3万円前後までアップする場合もあります。LCCのフライトは平日であれば片道5,000円以下で運賃が設定されているので、格安航空券を使えるチャンスが広がります。

路線の特徴
成田-福岡線は成田空港着の国際線からの乗り継ぎ旅客のほか、首都圏からの福岡への出張・旅行客に利用されています。新幹線よりも短時間で移動可能で、羽田空港には就航していないLCCのフライトも利用できるので航空便を利用するメリットの多い路線です。年間旅客数は約57万人で座席利用率も約83%と高く、人気があります。

発着空港の概要

成田空港
成田空港は2018年に開港から40周年を迎え、国際拠点空港として発展し続けてきました。定期便の就航地は国内21都市、海外118都市。年間旅客数は約3,890万人で羽田空港についで国内で2番目に旅客数の多い空港です。国際線の発着がメインですが、近年はLCCの就航も盛んでジェットスタージャパンピーチ (peach) バニラエア (Vanilla Air) 春秋航空日本の4社が成田空港発着の国内線を就航しています。LCC専用ターミナルも建設され、陸上競技のトラックをモチーフにした案内表示など従来の空港にはない斬新なデザインも話題になりました。JALANAの国内線出発ラウンジにはシャワーブースもあり、国際線からの乗継利用時にもリフレッシュできるので好評です。ショップやレストランも充実しているので飛行機出発までの時間も退屈することなく過ごせます。

福岡空港
福岡空港は九州最大の都市・福岡の空の玄関口として機能しています。年間旅客数は約2,400万人で羽田・成田・関西国際空港についで全国4位です。国内線は東京・大阪・名古屋といった主要都市のほか、長崎・熊本・鹿児島・沖縄の離島路線も含め28路線が就航しています。近年はアジアを中心にインバウンド訪日客も増加傾向にあることから空港機能の強化を図るため改修工事が進められ、2020年に全面リニューアルが完了します。これまで3つに分かれていた国内線ターミナルが集約され、出発・到着時の利便性が向上。現在は国が空港を管理・運営していますが、2019年4月より民営化されることが決定し、新たな空港に生まれ変わろうとしています。フードコートやショッピングエリアも充実し、ご当地グルメも楽しめます。

市内中心部-空港間のアクセス方法

成田空港
成田空港は東京都心部から少し離れた立地条件にありますが、鉄道・空港リムジンバス・タクシーなど交通手段が多くアクセス便利です。空港ターミナルは第1・2・3 (LCC専用) に分かれていますが、第1・第2ターミナルの地下と京成線・JRの乗り場が直結。東京駅から成田エクスプレス (JR) で最短50分、京成アクセスライナーを利用すれば上野駅から約41分で空港ターミナルに到着します。都内の主要ホテルやターミナル駅から成田空港行きのリムジンバスも運行しています。首都圏だけでなく、北関東をはじめ福島・仙台など東北から成田空港行きのバスも利用可能です。

福岡空港
福岡空港は市街地に近い場所にあることから、市内中心部までアクセス便利です。空港ターミナルの地下には市営地下鉄の駅があり、博多駅までは5分、天神駅までは11分で移動できます。博多駅は新幹線・JR在来線に乗り換えられます。久留米・大宰府・大牟田には天神駅で乗り換え、西鉄福岡駅よりアクセス可能です。ヤフオクドーム・キャナルシティ博多・ヒルトン福岡シーホーク・大濠公園といった市内のレジャースポットには空港から路線バスを利用できます。そのほか佐賀・唐津・伊万里・大分日田行きの高速バスも運行しています。

国内旅行・国内線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。