地図

大阪 (OSA) 発 - 宮古島 (MMY) 行きの飛行機・格安航空券の検索

おすすめの直前予約割引航空券

過去14日間で見つかった最安の概算価格を表示しています。

宮古島行き直行便

宮古島への直行便をお探しですか?ベストなルートを見つけるお手伝いをします。

  • 平均飛行時間2 時間 28 分
  • 往復直行復の最低価格¥21602
  • 週の平均便数23
直行便のあるエアライン
ANA Wings全日空 (ANA)
直行便を検索

大阪発 - 宮古島行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥21,603

直行便航空会社

1

週の便数

7

平均飛行時間、合計距離1460 km

2 時間 15 分

先月の最も人気の航空会社

全日空 (ANA)

宮古島

1 空港

よくある質問

には 1 つの空港があります。宮古島です。
スカイスキャナーで見つけた大阪から宮古島までの最安フライト料金は、¥21,603です。これは各航空会社を総合して見つけた料金で、当月で最も安い金額です。
大阪から宮古島までの平均フライト時間は2 時間 15 分です。
大阪から宮古島まで直行便を出しているエアラインは、1 社あります。
2月時点では、大阪から宮古島までは毎週 7 本のフライトがあります。

大阪から宮古島行きのフライト情報

平均所用時間 2時間15分
料金 片道 ~low_price_display~〜
航空会社 ANA (全日空)
最も安いルート 大阪 関西国際空港 - 宮古島空港 (KIX - MMY)
最も人気のルート 大阪 関西国際空港 - 宮古島空港 (KIX - MMY)

大阪から宮古島行き ルートの基本情報

宮古島は石垣島と並んで沖縄で人気の離島で、旅行やレジャーを目的とした利用客が多い路線です。ビーチリゾートとして知られる宮古島ですが、地元の人しか知らない隠れ家ビーチや満天の星を眺めるキャンプなどのネイチャー体験も人気があり、夏だけでなく年間を通して旅行者が増加傾向にあります。大阪からは関西国際空港より宮古島行きの直行便が就航。そのほかにも伊丹・関西国際空港を出発し、沖縄 那覇空港で飛行機を乗り継ぐルートも利用可能です。

大阪-宮古島 直行便を就航する主な航空会社・LCC

ANA (全日空)

ANAでは国内線の運賃体系をリニューアルし、夏・冬ダイヤが確定した時点から航空券が一斉に発売されるので、以前よりも予約期間が拡大されました。大型連休・夏休み・年末年始などの混雑する時期も早めに計画をすれば、割引率の高い運賃が適用されるのでお得です。関西-宮古線ではプレミアムクラスと普通席の2クラス運航。プレミアムクラスではゆとりのある座席やミールサービスもあり、記念日旅行にもおすすめです。

定期便の便数

ANA (全日空) :1便

関西-宮古線はANAによる1日1便の運航です。発着時間が変更になる場合があるので、航空券を検索する際に最新ダイヤをチェックしましょう。予約検索時に最新のスケジュールをチェックしましょう。伊丹発宮古島行きの直行便は就航していませんが、沖縄 那覇空港で宮古島行きのフライトに接続します。

直行便以外のアクセスルート

伊丹空港または関西国際空港発のフライトを利用し、沖縄 那覇空港で宮古空港行きの飛行機に乗り継ぐことができます。関西発の直行便も便数が限られているため、乗り継ぎ便を選択する人も少なくありません。那覇-宮古線は便数も多く設定されているので、フライトの選択肢も幅広く便利です。那覇空港を経由する場合は、30分以上の乗り継ぎ時間が必要とされています。予約時に乗り継ぎ時間を満たしているか確認しましょう。

路線の概要・メリット

大阪発-宮古空港行き航空券の相場
6~9月はレジャーシーズンになり、利用者が増えるので混雑する時期です。沖縄では早ければ6月中旬にも梅雨明けするため、夏の始まりとともに旅行者が増えます。通常期は片道航空券を15,000円以下で利用できる場合もあり、往復で3万円台が相場です。ピーク期になると往復7~8万円台まで航空券の価格がアップするので、割引率の高い運賃が適用される早期の予約がおすすめです。

路線の特徴
関西発の直行便は約2時間40分のフライトですが、那覇で乗り継ぐ場合の所要時間は3時間55分が目安になります。那覇-宮古線は1日14便と便数も多いので、往路は直行便、復路は那覇空港経由など乗り継ぎ便も含めるとフライトの選択肢が幅広く便利です。

発着空港の概要

関西国際空港・伊丹空港
大阪には関西国際空港伊丹空港の2つの空港があり、宮古島行きの直行便は関西国際空港の発着です。関西国際空港は大阪湾内の人工島に建設された海上空港で、騒音の影響が少なく24時間運用のため深夜・早朝にも飛行機が発着しています。LCCの就航も多く、ピーチやジェットスタージャパンが関西国際空港を拠点に路線ネットワークを展開。ピーチとジェットスターは関西-那覇線を運航しているので、那覇までLCCの格安航空券を使うこともできます。伊丹空港は大阪市内から比較的近い場所に立地し、ビジネス需要が高い空港です。宮古島へは直行便が就航していないため、那覇空港での乗り継ぎになります。

宮古空港
宮古空港はリゾートらしい明るく開放的な雰囲気で、羽田・関西・中部からの直行便のほか、那覇・石垣・多良間など沖縄路線が発着しています。那覇と宮古島を結ぶ定期便の発着がメインですが、空港には中型ジェット機の発着も可能な滑走路が整備されているので、国内外の主要都市から沖縄那覇経由のフライトを利用する人も少なくありません。空港内には宮古島の名産品を扱うお土産ショップやレストランもあり、出発前や到着後の休憩に利用できます。

市内中心部-空港間のアクセス方法

関西国際空港・伊丹空港
関西国際空港伊丹空港は、大阪市内をはじめ関西主要都市からのアクセスが良く、主な交通手段としては鉄道・リムジンバス・車がよく利用されています。関西国際空港では旅客ターミナルの前にJR・南海の関西空港駅があり、JR特急はるかを利用すれば新大阪駅から約50分、京都から約75分で空港駅にアクセス可能です。なんばからは南海ラピートなら最短34分で空港駅に到着。伊丹空港は阪急線蛍池駅で大阪モノレールに乗り換えれば空港まで1駅3分という近さです。伊丹・関西国際空港はいずれも空港リムジンバスの路線が豊富で、大阪駅・近鉄上本町・あべのハルカス・神戸・西宮方面にアクセスできます。関西国際空港と神戸空港を約30分で結ぶ高速船も利用可能です。

宮古空港
宮古空港は市街地まで約5km離れた場所にあり、車を利用すれば平良港まで約15分で移動できます。空港ターミナル前より路線バスも利用可能です。ただし運行本数が限られているため、タクシーやレンタカーもよく利用されています。島内を自由に観光できるレンタカーも人気がありますが、大型連休や夏休み期間中は混雑するため、航空券とあわせて早めに予約を済ませておきましょう。

(2019年3月時点の情報)

国内旅行・国内線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。