地図

札幌 (SPK) 発 - 仙台 (SDJ) 行きの飛行機・格安航空券の検索

おすすめの直前予約割引航空券

どこかに出かけてみませんか?今からでも間に合います。直前予約が可能な仙台行きのおすすめ航空券をご紹介します。
過去14日間で見つかった最安の概算価格を表示しています。

札幌発 - 仙台行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥6,381

直行便航空会社

7

週の便数

105

平均飛行時間、合計距離538 km

1 時間 5 分

先月の最も人気の航空会社

日本航空(JAL)

仙台

1 空港

よくある質問

仙台には 1 つの空港があります。仙台です。
スカイスキャナーで見つけた札幌から仙台までの最安フライト料金は、¥6,381です。これは各航空会社を総合して見つけた料金で、当月で最も安い金額です。
札幌から仙台までの平均フライト時間は1 時間 5 分です。
札幌から仙台まで直行便を出しているエアラインは、7 社あります。
11月時点では、札幌から仙台までは毎週 105 本のフライトがあります。

札幌から仙台行き ルートの基本情報

札幌には新千歳空港と丘珠空港の2つの空港がありますが、仙台へは新千歳空港から直行便が就航しています。丘珠空港からは2回の乗り継ぎが必要となるため、新千歳空港からのフライトを利用ほうが便利です。フライトの選択肢が幅広く、LCCの格安航空券も利用できます。

札幌-仙台 直行便を就航する主な航空会社・LCC

JAL (日本航空) ANA (全日空) エアドゥ (AIR DO) アイベックスエアラインズ (IBEX) ピーチ (peach)

フルサービスキャリアとLCCのあわせて5社が運航しています。アイベックスエアラインズとピーチは仙台空港を拠点とし路線ネットワークを展開。ピーチは仙台だけでなく新千歳空港にも拠点を置いています。仙台空港までは1時間10分のフライトで、JAL・ANAは比較的小型の機材を使用し、普通席のみのモノクラスの運航がメインです。

定期便の便数

JAL (日本航空) :5~6便、ANA (全日空) :3~4便、エアドゥ (AIR DO) :2便、アイベックスエアラインズ (IBEX) :2便、ピーチ (peach) :3便

フルサービスキャリアとLCCが運航し、1日17便と便数が多く設定されています。JALやANAでは需要動向に応じて多客期に増便しているので、航空券検索時にスケジュールをチェックしてみましょう。またエアドゥとIBEXの運航便はコードシェア提携によりANA便名でも予約可能です。

直行便以外のアクセスルート

札幌-仙台線は比較的近距離のため、直行便を利用するのが一般的です。乗り継ぎ便は羽田・伊丹空港を経由する必要があり、時間・費用ともに効率がよいのは直行便といえるでしょう。直行便は便数も多く設定されているので、フライトの選択肢も幅広くLCCのフライトも利用できます。

路線の概要・メリット

新千歳空港発-仙台空港行き航空券の相場
大型連休や夏休み期間は相場が高くなりますが、年間を通して航空券の相場が安定しシーズナリティによる価格差の少ない路線です。通常期の往復航空券は13,000円台が相場。8月のピーク期になると19,000~20,000円前後までアップしますが、旧盆期間中を除けば通常期とほぼ同じぐらいの価格で往復航空券を利用できます。LCCでは需要動向に応じて運賃を設定しているので、プライスアラート機能を利用して、運賃が安くなるタイミングをキャッチアップしましょう。

路線の特徴
年間を通してビジネスや旅行に一定の需要がある路線です。5~11月は座席利用率も高く、比較的混雑しています。平日はビジネス利用の割合が高いのが特徴で、朝・夕のフライトは人気があります。お昼の時間帯の便は比較的リーズナブルな運賃が設定されているので、割引率の高い運賃が適用される早期の予約がおすすめです。

発着空港の概要

新千歳空港
新千歳空港は国内線28路線・国際線21路線の定期便が発着し、北海道内で最も大きな空港です。国内航空輸送における基幹空港のひとつで、国内線の利用者は羽田空港についで多く道内 (稚内・女満別・根室中標津・釧路・函館) の5空港と札幌を結ぶ路線も就航しています。空港は24時間運用で需要の高い羽田線は期間限定で深夜・早朝便も運行し、観光やビジネスに便利です。空港内には映画館やテーマパーク、温泉などファミリーで楽しめる施設も多く、飛行機の待ち時間も退屈することはありません。北海道産のミルクやチーズを使った空港限定スイーツなどのお土産類の品揃えも豊富です。

仙台空港
仙台空港 は東北地方における拠点空港のひとつで国内線11路線・国際線4路線の定期便が就航しています。空港運営は2016年に民営化され、仙台-神戸線、仙台-出雲線といった新規路線の開設により利用者が増加し、年間旅客数は約340万人です。LCCのピーチは仙台空港を拠点空港のひとつと位置づけ、路線ネットワークを展開しています。2018年10月には新たにピア棟がオープン。国内線の出発ゲートが増設され、飛行機の離着陸が集中する朝夕の時間帯も混雑が緩和し、空港の利便性も向上しました。旅客ターミナル内のショップでは「ずんだ餅」などのお菓子や東北の名産品などが取り揃えられています。

市内中心部-空港間のアクセス方法

新千歳空港
新千歳空港は札幌市に隣接する千歳市と苫小牧市にまたがり、札幌市中心部からは直線距離で約40km離れています。空港ターミナルの地下にJR新千歳空港駅があり、札幌駅から快速エアポートを利用すると最短37分で空港駅に到着。札幌都心部の主要なホテル・地下鉄駅のほか、大通・すすきの・中島公園といった主要スポットからは空港行きのバスが運行しています。利用する路線によって空港までの所要時間は異なりますが、市内からの所要時間は55~65分が目安。交通事情によっては90分近くかかる場合もあるので時間には余裕をみておきましょう。車の場合は、道央自動車道・新千歳空港IC、道東自動車道・千歳東ICが最寄りのインターチェンジで、各ICから15分ほどで空港にアクセスできます。

仙台空港
仙台空港 は仙台市中心部から15km圏内で、空港から市内までの主な交通手段は鉄道・バス・車です。仙台空港アクセス線 (鉄道) の乗り場が空港ターミナルと直結し、快速を利用すると最短17分で仙台駅に到着。快速停車駅の名取駅ではJR東北本線・常磐線にも乗り換え可能です。空港バスは路線網が広域にわたり東北地方の主要都市にアクセスできます。仙台駅・秋保温泉をはじめ、松島・平泉を経由し花巻温泉・花巻空港まで北上する路線も運行しています。また福島・会津若松・山形・酒田・鶴岡行きのバスも利用可能。冬季限定で山形蔵王行きのバス路線も開設され、レジャーにも便利です。空港到着ロビーにはレンタカーカウンターもあり、空港最寄りの仙台東部道路・仙台空港ICから東北各地へ移動できます。

(2019年5月時点の情報)

国内旅行・国内線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。