地図

セブ行きの格安航空券の検索・予約

日本からセブ島行きのフライト

日本からセブ島行きのフライトは、現在成田空港発関西国際空港発セブ行きの直行便のほか、経由便として羽田空港中部国際空港 (セントレア)福岡空港などからマニラ香港シンガポールを経由地として最終的にマクタン・セブ国際空港にアプローチが可能となっています。直行便のフライト時間は約4時間30分、マニラで乗り換えればそこからセブまでは約1時間の距離となっています。

セブ行き航空券の相場・旅行のベストシーズン

航空券の相場

日本からセブ島行きの航空券は、年間の平均で約51,900円です。(*1)

セブ行き航空券の安い時期・高い時期

6月は年間平均運賃と比較すると価格が16%下がり、1年で最も運賃が安い時期です。7月も航空券が安い時期で年間平均より11%ほど価格がダウン。夏休みにさしかかっても出発日によっては格安航空券を利用できる可能性があります。10と11月は年間平均よりも11~12%安く、往復航空券の相場は47,000円前後です。12月は航空券の価格が年間平均運賃よりも20%アップ。年末年始を海外で過ごす人の出発も多く、1年で最も運賃相場が高くなります。ゴールデンウィークの4と5月、夏休みの8月を除けば年間の平均運賃よりも安く往復航空券を利用できます。(*2)

セブ島はフィリピンの中部にある島で南北に細長いのが特徴。年間の平均気温は26~27度と温暖な気候で、のんびりとしたビーチリゾートが人気です。フィリピンには雨季と乾季があるものの、セブ島には1年を通してはっきりとした雨季がありません。時折スコールが降ることもありますが、1日じゅう雨が降り続くわけではないので年間を通して旅行に適しています。日本の冬にあたる12月から2月にかけては雨も少なく、セブ島旅行のベストシーズンです。

*1: エコノミークラス・大人1名あたりの往復運賃
*2: 価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算しています

セブ島行き 格安料金のチケット

セブ行きの格安航空券はスカイスキャナーで検索

メタサーチとは?セブ行きの飛行機チケットの価格を比較し格安で手に入れるなら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行代理店が取り扱う航空券のリアルタイムの価格を一括比較し、お客様に最安値の航空券をすばやく表示。また価格以外にも日程・所要時間・航空会社を変更・絞り込むことができるので、お客様に最適な航空券を簡単に見つけることができます。
航空券の価格を比較しクリックすれば、航空券を取り扱う旅行代理店・航空会社のサイトから直接セブ行きのフライトをご予約いただけます。

セブ島行きのフライトを就航する日本国内の空港

セブ空港は「マクタン・セブ国際空港」という正式名称で、フィリピンでは首都マニラニノイ・アキノ国際空港に次ぐ規模の国際空港です。アジアの主要都市とセブを結ぶ国際線のほか、フィリピン国内線も発着しています。日本からは成田空港・関西空港発のセブ島行き直行便が就航しています。他の日本国内都市からセブ島に行くには、国内線を乗り継いで成田・関西空港発の直行便を利用するか、アジアの主要都市でセブ島行きの直行便に乗り継ぐ方法があります。セブ空港にはアジアの航空会社が多数乗り入れているので、日本を出発しソウル・香港・マニラを経由してセブ島行きのフライトを利用することもできます。

セブ島行き便を運航している航空会社

日本からセブ島へは、成田空港関西国際空港よりフィリピン航空が直行便を運航しています。成田空港発の直行便を利用した場合、セブ島まで約5時間30分のフライトです。LCCのバニラエアセブパシフィック航空も成田からセブ島行きの定期便を開設。その他の国内都市を出発する場合、国内線から成田空港に乗り継ぐか、アジアの主要都市を経由してセブ島へ行く方法があります。たとえば、キャセイパシフィック航空 (香港乗り継ぎ)、ジンエアー (ソウル乗り継ぎ)、セブパシフィック航空 (マニラ乗り継ぎ)などセブに乗り入れている航空会社のフライトを利用することができます。LCCは往復・片道それぞれスケジュールや料金を比較しながらフライトを選択できるので、少しでも格安の航空券を利用したい人におすすめ。またANA (全日空) はフィリピン航空とコードシェアを行っています。マニラで日本発のANA便からセブ島行きのフィリピン航空便へスムーズに接続するスケジュールが組まれています。

セブ空港から市内中心部へのアクセス方法

セブ空港から市内までは、ホテルや旅行会社の空港送迎サービスを利用するととても便利です。タクシーは、黄色いエアポートタクシーが空港に乗り入れていて、目的地によって料金が決まっています。定額制なのでドライバーと交渉する必要はないものの、料金が少し割高に設定されています。最近はシャトルバス「My Bus」も旅行者によく利用されています。My Busはセブ市内のショッピングモール「SMセブシティ (SM Cebu)」 や「SMシーサイド (SM Seaside)」と空港を結ぶ公共バスで、料金も25ペソと格安です。飛行機を降りてから空港到着ロビーを出ると、タクシー乗り場のすぐ近くに停留所があり、バスの車体にもMy Busとペイントされているので初めてでも迷うことはありません。

セブ島旅行のお役立ち情報

ジンベイザメと一緒に泳ごう!

セブ島は美しいビーチが広がるマリンリゾートで、周辺にはダイビングスポットもあります。最近は野生のジンベイザメと一緒に泳げる現地ツアーが人気。ジンベイザメは小魚やプランクトンを主食とし、とてもおとなしい性格なので人間に危害を加えることもありません。セブ島の中心部・セブシティから高速バスで3時間ほどのオスロブは、ジンベイザメと一緒に泳げる現地ツアーが盛んで、子供も参加OK。特別なダイビング技術は不要で、シュノーケリングでも間近にジンベイザメの姿を見ることができます。巨大なジンベイザメはとても迫力があり、最近はGoPro (ウェアラブルカメラ) などを使って水中を撮影する人も多く、おすすめのアクティビティです。

セブ島滞在の必需品はペットボトルのミネラルウォーター

セブ島旅行では、食事の際ペットボトルのお水 (ミネラルウォーター) を飲むようにしましょう。旅行で疲れがたまり身体の抵抗力が落ちていると、腹痛になったりすることもあります。ホテルで歯磨きやうがいをする場合も、念のためペットボトルの水を利用すると安心です。歯ブラシを洗ったり、ゆすぐ時もなるべくペットボトルのお水を使うようにしましょう。また屋台で食事をする時も注意が必要です。まれに古いものが販売されていることもあり、症状が重い場合は、病院で点滴をしなくてはならないケースもあります。特に小さなお子さんと一緒に家族旅行をする時は衛生面も心がけてバカンスを楽しんでください。

そのほかセブ島の見どころ・お役立ち情報をスカイスキャナーニュースでもご紹介しています。

海外旅行におすすめの情報・ツール

セブへの滞在でホテルをお探しですか?

セブのお得な格安ホテルをお探しならスカイスキャナーのホテル検索をご活用ください。世界中の大手旅行サイト・ホテル公式サイトの価格をまとめて比較できるので、お得なセブのホテル・宿・ホステルをご予約頂けます。

人気都市発セブ行き格安航空券

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。