地図

秋田 (AXT) 発 - 東京 (TYOA) 行きの飛行機・格安航空券の検索

秋田発 - 東京行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥12,602

直行便航空会社

4

週の便数

67

平均飛行時間、合計距離441 km

1 時間 5 分

先月の最も人気の航空会社

全日空 (ANA)

東京 成田および東京 羽田

2 空港

秋田空港 (AXT) -羽田空港 (HND) まで直行便を就航する主な航空会社・LCC

JAL (日本航空) ANA (全日空)

JALはJAL SKY NEXT仕様で、全席本革シートのスタイリッシュなキャビンです。機内Wi-Fiサービス (無料) を利用すればフライト中もエンターテイメントプログラムを楽しめます。2018年10月からはスポーツ中継やニュースもリアルタイムで視聴可能になりました。ANAでは有料のドリンクやスナックも好みに応じて選べます。ANAオリジナルのパッケージやスイーツもあり、お土産としても人気です。なお秋田-羽田線に就航しているLCCはありません。

大館能代空港 (ONJ) -羽田空港 (HND) まで直行便を就航する主な航空会社・LCC

ANA (全日空)

ANAは国内線の運賃体系をリニューアルし、航空券の予約・販売期間を大幅に拡大。レジャーシーズンの航空券も早期に予約できるようになりました。羽田空港で飛行機を乗り継ぐ場合、最終目的地までのフライトにスムーズに接続します。大館能代-羽田線はANAによる単独運航で、LCCは就航していません。

定期便の便数

秋田発-東京行きの直行便 JAL (日本航空) :4便、ANA (全日空) :5便
大館能代発-東京行きの直行便 ANA (全日空) :2便

秋田-羽田線は朝9時台に2便設定があり、首都圏への出張や旅行に便利です。また夜20時台のフライトもあり、首都圏からの出張客の日帰り利用にも対応。大館能代-羽田線は午前と午後1便ずつのダイヤ編成です。秋田発・大館能代発ともに、羽田空港で伊丹・福岡・那覇・広島・小松など主要空港へのフライトにも乗り継げます。

直行便以外のアクセスルート

秋田-東京までのフライトは、直行便を利用するのが一般的です。秋田空港発の場合、札幌・新千歳空港で乗り継ぎ、羽田空港行きのフライトも選択可能。乗り継ぎ時間を含めると羽田到着までに3時間以上かかるので、直行便のほうがより安く・早く移動できます。また大館能代空港発着便は羽田線のみのため、他の空港で乗り継ぐルートはありません。

路線の概要・メリット

秋田発-東京行き航空券の相場
ピーク期と通常期の価格差はそれほど大きくなく、片道航空券の相場は12,000円前後です。早期購入割引運賃が適用される期間であれば15,000円以下の格安航空券も利用可能。年末年始や旧盆期間などのピーク期や2万円近くまで価格がアップしますが、時間帯や便によっても運賃が異なります。

路線の特徴
秋田-東京線は、秋田新幹線とも競合する路線です。移動時間が短く、割引運賃を利用すれば新幹線より経済的で飛行機を利用するメリットが多いといえます。秋田県内から首都圏へのレジャーや出張のほか、週末や連休は首都圏からの旅行客が復路便として利用。年間の旅客数は秋田-羽田線が約41万人、大館能代-羽田線が約6万5,000人です。

(2018年11月時点の情報)

発着空港の概要

秋田空港・大館能代空港
秋田には秋田空港大館能代空港 の2つの空港があります。秋田空港は秋田市中心部から南東に約25kmに位置し、秋田市内をはじめ角館・田沢湖・男鹿半島への観光に便利です。国内線は札幌 (新千歳) ・羽田・伊丹・名古屋 (中部) の4路線、国際線はソウルへの定期便が就航し、年間旅客数は132万人を超えています。
大館能代空港は白神山地・十和田湖・八幡平など景勝地へのアクセスも便利。秋田空港と青森空港のちょうど中間に位置し、従来よりも県北部から首都圏へのアクセスが格段に向上しました。定期便は大館能代-羽田線の1路線のみですが、レジャーシーズンには国内各地からのチャーター便も就航。また、秋田空港では月に1度、大館能代空港では忠犬ハチ公にちなんで「8」のつく日に空港で秋田犬と触れあえる機会があり、観光客から人気です。

羽田空港
羽田空港は国内でも最大規模のハブ空港で、国内海外の主要都市と東京とを結ぶ定期便が発着しています。国内線の就航地は48都市で、首都圏への観光客だけでなく、ビジネスユースの旅客が多いのも特徴です。また羽田空港を経由して直行便が就航していない都市へのフライトに乗り継ぐ人も少なくありません。空港ターミナルの機能性・乗り継ぎの利便性において利用客の満足度も高く、スカイトラックス (Skytrax) から5スターエアポートに選出されています。ショッピングやダイニングエリアも充実し、羽田空港限定のグッズやスイーツも品揃え豊富です。飛行機の到着後に利用できるカードラウンジも営業。成田空港も羽田空港と並ぶ東京地区の幹線空港ですが、秋田空港・大館能代空港からの就航便はありません。

市内中心部-空港間のアクセス方法

秋田空港
秋田空港への主な交通手段はリムジンバス、エアポートライナー (乗合タクシー) です。リムジンバスは予約不要で乗車可能で、航空便の発着時間と接続しています。バスを利用した場合の所要時間は、市役所前からは約45分、秋田駅西口からは約35分が目安です。事前予約制のエアポートライナー (乗合タクシー) は角館・田沢湖・玉川温泉・乳頭温泉・男鹿半島方面から空港まで運行し、観光地からのアクセスも便利。また秋田空港とJR象潟駅を結ぶ乗合バス「秋田空港にかほGO」も前日正午までに予約すれば利用可能です。

大館能代空港
大館能代空港 は、大館市・能代市・鹿津野市・弘前市の各方面からアクセスが便利です。大館市内からは定期便の発着時間にあわせて空港リムジンバス (予約不要) が運行しています。能代市方面からは、予約制の乗り合いタクシーが片道1,200円で利用可能。鉄道の最寄り駅はJR奥羽本線・鷹ノ巣駅で、タクシーを利用すれば駅から空港まで約10分で到着します。

羽田空港
羽田空港は東京23区南部に位置し、都心部までの交通手段も多くアクセスが便利です。国内線到着ターミナルの地下にモノレール・京浜急行の乗り場があり、浜松町駅まではモノレール (空港快速) で最短18分、品川駅までは京浜急行で20~25分で到着。浜松町駅・品川駅ではJR線に乗換可能で、都内各地にもスムーズに移動できます。空港リムジンバスは路線数も多く、ビジネス・ショッピングに便利な新宿・渋谷・池袋・赤坂・銀座・丸の内の主要ホテルやターミナル駅にも空港からバスが運行。また都内各地への定額タクシーも利用できるので、都内の目的地までスムーズに移動できます。

国内旅行・国内線の検索におすすめの情報・ツール

格安航空券の検索におすすめのツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。