地図

羽田空港 (HND) 発 - 台北 (TPE・台湾) 行きの飛行機・格安航空券の検索

おすすめの直前予約割引航空券

どこかに出かけてみませんか?今からでも間に合います。直前予約が可能な台北行きのおすすめ航空券をご紹介します。
過去14日間で見つかった最安の概算価格を表示しています。

東京 羽田発 - 台北行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥13,584

直行便航空会社

7

週の便数

75

平均飛行時間、合計距離2111 km

3 時間 25 分

先月の最も人気の航空会社

エバー航空 (EVA Air)

台北 台湾桃園国際および台北 松山

2 空港

よくある質問

台北には 2 つの空港があります。台北 台湾桃園国際と台北 松山です。
スカイスキャナーで見つけた東京 羽田から台北までの最安フライト料金は、¥13,584です。これは各航空会社を総合して見つけた料金で、当月で最も安い金額です。
東京 羽田から台北までの平均フライト時間は3 時間 25 分です。
東京 羽田から台北まで直行便を出しているエアラインは、7 社あります。
12月時点では、東京 羽田から台北までは毎週 75 本のフライトがあります。

東京から台北行きのフライト情報

スカイスキャナーで羽田空港 (HND) から台北(TPE・台湾)行きの航空券を検索。スカイスキャナーは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行代理店が取り扱う航空券の価格を一括比較し、お客様に最安値の航空券をご提供いたします。また価格以外にも日程・所要時間・航空会社をフレキシブルに変更頂くことができため、お客様に最も合った航空券を見つけることができます。お気に入りの航空券を見つけたら、チケットを販売するサイトの予約ページへ直接おつなぎしますので、羽田空港-台北(台湾)間のフライトをスムーズにご予約いただけます。
平均飛行時間や飛行マイル数等、台北(台湾)行きフライトの詳細を確認することができます。

羽田空港から台北行き ルートの基本情報

台北には台湾桃園国際空港と台北 松山空港の2つの空港があり、羽田空港からは桃園・松山の両空港に直行便が就航しています。羽田-松山線はフルサービスキャリア4社、羽田-桃園線はLCCがそれぞれ路線を開設。松山空港は台北市内中心部から近くにあり、ビジネス利用客の割合が高いのが特徴です。羽田から台北までのフライトは約3時間30分。日本からのアウトバウンドだけでなく、台湾からのインバウンド訪日客が帰国便として利用するケースも多く、年間を通して人気の路線です。

羽田空港(HND)-台北 直行便を就航する主な航空会社・LCC

羽田発-桃園国際行き タイガーエア台湾 (Tigerair Taiwan)ピーチ (peach)
羽田発-松山行き   JAL (日本航空) ANA (全日空) チャイナエアラインエバー航空 (EVA Air)

台湾 桃園国際空港行き、台北 松山空港行きのそれぞれ直行便が開設されています。LCCのフライトは格安航空券を利用できるので、価格重視派の人におすすめです。また台北 松山空港は台湾国内線がメインに発着し、国際線から国内線への乗り継ぎも便利。羽田-松山線を運航しているフルサービスキャリアは、ワンワールド (oneworld) ・スターアライアンス (Star Alliance) ・スカイチーム (Sky Team) の三大航空アライアンスに加盟しているので、アライアンスメンバー間で空港ラウンジやマイレージなどで相互にサービス提携をしています。また、羽田空港発着の国内線・国際線ともシームレスに接続します。

定期便の便数

桃園国際発-羽田行き タイガーエア台湾 (Tigerair Taiwan):1便、ピーチ (peach) :1便
松山発-羽田行き   JAL (日本航空) :2便、ANA (全日空) :2便、チャイナエアライン :2便、エバー航空 (EVA Air) :2便

羽田-桃園線はLCCによるデイリー運航で、羽田空港を朝5時台に出発する早朝便です。台北到着時間は朝8時台なので、到着当日の朝から時間を有効に活用できます。羽田-松山線はフルサービスキャリア4社がダブルデイリーで運航。JALとチャイナエアライン、ANAとエバー航空は相互にコードシェア提携をしているので、往復ともフライトの選択肢が幅広く便利です。往路:チャイナエアライン便、復路:JAL便といったフライトの組み合わせもできます。

直行便以外のアクセスルート

羽田から台北行きのフライトは、桃園国際行き・松山行きのいずれも直行便利用が便利です。関西・福岡・中部といった主要国際空港で国内線から国際線に乗り継ぐルートもありますが、台北到着まで最短でも5時間45分を要するため、直行便を利用するほうがより早く、安く移動できます。

路線の概要・メリット

羽田空港発-台北行き航空券の相場
羽田-桃園線はLCCのフライトで格安航空券を利用できます。通常期の往復航空券は25,000円前後が相場です。ピーク期は31,000~33,000円台まで価格が変動しますが、日程を数日間スライドさせるだけで価格が安くなるので、いくつかスケジュールの候補を決めて検索してみましょう。羽田-松山線はフルサービスキャリアの運航便につき、桃園線と比べるとやや相場が高くなります。エコノミークラスの往復航空券は33,000~35,000円台が相場です。

路線の特徴
観光・ビジネスともに需要が高く、年間を通して人気のある路線です。羽田-松山線は出張で利用する人も多く、ビジネスクラスも人気があります。LCCのフライトは人気や空席予測に基づいて運賃が設定されるので、平日は比較的相場が安く週末は旅行客が増えるためやや高くなります。

発着空港の概要

羽田空港
羽田空港は国内外の主要都市と東京を結ぶ定期便が発着する国内でも最大規模の空港です。空港は国内線・国際線あわせて3つのターミナルから構成され、第2ターミナルの一部は国内線・国際線共用施設になることから、国際線ターミナルは「第3ターミナル」に名称が変わります。空港施設は利便性・快適性に優れ、利用者からの満足度も高く、スカイトラックス (Skytrax) の格付けで5スターエアポートを獲得。またイギリスOAG社の定時運航順守率ランキングでも羽田空港の国内線・国際線が4年連続で1位になりました。空港ターミナル内はラウンジやショップが充実し、出発前もいろいろな楽しみ方ができます。

桃園国際空港・松山空港
台湾桃園国際空港は台湾で最も規模の大きな空港で、国際線専用の空港です。チャイナエアライン・エバー航空のほか、LCCのタイガーエア台湾が桃園国際空港を拠点に、グローバルにネットワークを展開しています。空港は第1・第2ターミナルから構成されていますが、就航便が増加傾向にあり第3ターミナルも建設中です。空港内には無料のラウンジスペースも多く、カフェやダイニングも充実しているので到着後の休憩にもおすすめ。台北 松山空港は国内線の発着がメインで、国際線・国内線の乗り継ぎもスムーズです。空港内には台湾のご当地グルメを味わえるお店も多く、出発前・到着後もショッピングなどを楽しめます。

市内中心部-空港間のアクセス方法

羽田空港
羽田空港は都心部から約20kmに位置する都市型空港で、首都圏各地からのアクセスが便利です。国際線ターミナルビルには東京モノレール、京浜急行が乗り入れ、浜松町駅・品川駅からは30分ほどで到着します。川崎・横浜・横須賀方面からもJRや京浜急行を利用すれば、空港までスムーズにアクセス可能です。空港リムジンバスは路線数が豊富で都内の主要ホテルやターミナル駅から空港行きのバスが運行しています。自宅や会社からドア・ツー・ドアで空港まで移動できる定額制タクシー (事前予約制) は、小さなお子様連れの方や高齢者の方も移動の負担が少なく便利です。

桃園国際空港・松山空港
台湾桃園国際空港から台北市内中心部までの主な交通手段は、桃園MRT (地下鉄) ・リムジンバス・タクシーです。桃園MRTは2017年に開通し、第1・第2ターミナルにそれぞれ乗り場があります。快速を利用すれば台北駅まで約40分でアクセス可能。高鐵桃園駅・台北駅では台灣高鐵 (HSR) に乗り換えることにより、台湾の主要都市に移動できます。空港リムジンバスは圓山飯店 (グランドホテル) ・國賓大飯店(アンバサダーホテル) ・君悦飯店 (グランドハイアット)といった主要ホテルに停車する路線も利用可能です。
台北松山空港は台北中心部に近く、タクシーなら市内中心部まで約15分。空港にはMRTの駅もあり、南京復興駅で松山新店線・忠孝復興駅で板南線に乗り換えられます。また台北市内の公共交通機関やコンビニでの支払いに利用できる悠遊カード (EasyCard) を購入しておくと市内の移動に便利です。

(2019年4月時点の情報)

海外旅行・国際線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。