地図

成田空港 (NRT) 発 - ハワイ ホノルル (HNL) 行きの飛行機・格安航空券の検索

おすすめの直前予約割引航空券

どこかに出かけてみませんか?今からでも間に合います。直前予約が可能なホノルル行きのおすすめ航空券をご紹介します。
過去14日間で見つかった最安の概算価格を表示しています。

東京 成田発 - ホノルル国際行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥64,041

直行便航空会社

8

週の便数

75

平均飛行時間、合計距離6142 km

9 時間 19 分

先月の最も人気の航空会社

日本航空(JAL)

ホノルル国際

1 空港

よくある質問

ホノルルには 1 つの空港があります。ホノルル国際です。
スカイスキャナーで見つけた東京 成田からホノルル国際までの最安フライト料金は、¥64,041です。これは各航空会社を総合して見つけた料金で、当月で最も安い金額です。
東京 成田からホノルル国際までの平均フライト時間は9 時間 19 分です。
東京 成田からホノルル国際まで直行便を出しているエアラインは、8 社あります。
1月時点では、東京 成田からホノルル国際までは毎週 75 本のフライトがあります。

成田空港からホノルル行き ルートの基本情報

ホノルルは季節を問わずにさまざまな楽しみ方ができることから、年間を通して人気のある路線です。家族旅行で小さなお子様と一緒に飛行機を利用する人が多いのもこの路線の特徴といえます。LCCは就航していませんが、フライトの選択の仕方によっては格安航空券も利用可能です。

成田空港 (HND) -ホノルル 直行便を就航する主な航空会社・LCC

JAL (日本航空) ANA (全日空) ユナイテッド航空デルタ航空ハワイアン航空大韓航空

JAL・ANAはスカイトラックス (Skytrax) の格付けで世界最高評価の5スターエアラインを獲得。両社ともキャビンの居住性や機内食などのサービスで他の航空会社との差別化をはかるため、ハワイ線限定のメニューやアメニティグッズなどを提供しています。ANAでは2019年5月より総2階建てのA380型機を成田-ホノルル線に導入。日本の航空会社で初となるカウチシートを設置し、3~4席分の座席をベッドのようにして利用できます。ユナイテッド航空・デルタ航空・ハワイアン航空はホノルルからロサンゼルス・サンフランシスコ・シアトルといったアメリカ西海岸へのフライトも運航。大韓航空便はソウルでの乗り継ぎがなく、ダイレクトにホノルルまでアクセス可能です。

定期便の便数

JAL (日本航空) :4便、ANA (全日空) :2便、ユナイテッド航空:1便、デルタ航空:1便、ハワイアン航空:1便、大韓航空:1便

フルサービスキャリア6社が運航し、コードシェア便も多く設定されているのでフライトの選択肢が幅広く便利です。スターアライアンス (Star Alliance) のANAとユナイテッド航空、スカイチーム (SkyTeam) のデルタと大韓航空、JALとハワイアン航空はそれぞれ相互にコードシェア提携をしています。往路はANA、復路はユナイテッド航空といったフライトの組み合わせも可能。スケジュールや航空会社のサービスによって往路と復路それぞれ異なる航空会社を選択することもできます。

直行便以外のアクセスルート

成田-ホノルル線は便数も多く設定されているので直行便を利用するのが一般的です。乗り継ぎ便を利用する場合は、関西国際空港またはソウル仁川国際空港を経由するルートがあります。ハワイ・コナ空港を経由するフライトも選択可能です。ホノルル到着までは乗り継ぎ時間も含めると最短で10時間30分ほどかかるので、時間に制約がある場合は直行便のほうがスムーズに移動できます。

路線の概要・メリット

成田空港発-ホノルル行き航空券の相場
シーズナリティによる価格変動が比較的大きく、春休み・ゴールデンウィーク・夏休み・年末年始は相場が高くなります。ピーク期も旅行日程を調整して平日のフライトを選択したり、移動時間の長い乗り継ぎ便を利用する場合は、安い航空券もあるので価格重視派におすすめです。エコノミークラスの場合、通常期の往復航空券は8~9万円が相場。利用する航空会社によって航空券の価格が異なるため、スケジュールや予算にあったフライトを探してみましょう。

路線の特徴
運航各社では夜19時以降に成田空港を出発するスケジュールを組んでおり、最終便は22時台発のJAL便。仕事や学校が終わってからでも間に合う時間帯のフライトも多く、週末や連休前は混雑します。コードシェア便を利用すればフライトの選択肢も広がり、スケジュールの調整もしやすく便利です。

発着空港の概要

成田空港
成田空港は、国際線112路線・国内線23路線の定期便が発着する大規模な空港です。国際線の旅客数は国内の空港のなかでも最も多く、年間で3,100万人以上にのぼります。スターアライアンス (Star Alliance) 、ワンワールド (oneworld) 、スカイチーム (SkyTeam) の三大アライアンスに加盟する航空会社をはじめ、LCCやノンアライアンスも含めると80以上の航空会社が就航。3つのターミナルから構成され、LCC専用の第3ターミナルも建設されました。開港後初めて運用時間の延長が決定し、空港機能の強化も進められています。一部の航空会社では、2020年より顔認証技術を利用した搭乗手続き (OneID) を導入予定。保安検査場や搭乗ゲートをウォークスルーで通過できるようになり、出発時の手続きもよりスマートになります。

ホノルル国際空港 (ダニエル・K・イノウエ国際空港)
ホノルル国際空港は、ハワイ諸島の玄関口としてアメリカやアジア太平洋地域の航空会社が20社以上就航しています。空港ターミナル内には日本語表記のサインボードや日本語によるアナウンスもあるので、初めてのハワイに行く人もターミナル内で迷うことはありません。3つのターミナルから構成され、インター・アイランドはその名の通りハワイ諸島内の路線をはじめ、ハワイアン航空の長距離線が発着。メインターミナルにはアメリカ・アジア・オセアニアの主要な航空会社が乗り入れています。コミューターターミナルはラナイやモロカイとホノルルを結ぶ便が発着。空港ターミナル内にはフードコートやラウンジもあり、出発前や乗り継ぎの待ち時間の気分転換にも利用できます。

市内中心部-空港間のアクセス方法

成田空港
成田空港は東京都心部から約70km離れていますが、鉄道・空港リムジンバス・車などアクセス手段が多く便利です。JR成田エクスプレスは東京・新宿・池袋・品川・横浜といった主要ターミナル駅から乗車可能で、空港駅までは60~90分で到着します。京成スカイライナーなら上野駅から約50分で空港にアクセス可能。空港リムジンバスは都内の主要ホテルやターミナル駅から乗車可能で、荷物が多い場合も移動の負担が少なく便利です。また東京駅・銀座駅から日中20分間隔で運行している格安バスは、片道1,000円という運賃の安さから人気があります。

ホノルル国際空港 (ダニエル・K・イノウエ国際空港)
ホノルル国際空港からワイキキへの主な交通手段は、エアポートシャトル、タクシー、レンタカーです。市バスのザ・バス (The Bus) は2.75ドルとリーズナブルな料金ですが、大きな荷物の持ち込みが禁止されているので注意しましょう。エアポートシャトルは、到着ロビーを出て右側に乗り場があり、「ROBERTS HAWAII EXPRESS SHUTTLE」と書かれた看板が目印。ワイキキ地区の主要ホテルまで送迎サービスを利用できます。タクシーも到着ロビー正面に乗り場があり、ワイキキまでの所要時間は20~30分。ドライバーへのチップは料金の15%が目安です。レンタカーは空港敷地内にレンタカーセンターがありますが、時間帯によっては混雑しているので事前予約を済ませておくとスムーズに手続きができます。

(2019年3月時点の情報)

日程の変更が可能でしたら、最も安い時期をご提案します

ご旅行の日程が変更可能でしたら、出発予定日に合わせて最安値のフライトをご紹介することもできます。

検索結果が表示されたら、カレンダー表示・グラフ表示に切り替えてお探しいただけます。

海外旅行・国際線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。