地図

スクート(Scoot)の航空券の検索・予約

新ブランド「スクート・タイガーエア」誕生!

タイガーエアは世界的に有名な大手エアラインであるシンガポール航空が、タイガー・アビエーション(現・タイガーエアウェイズ・ホールディングス)に出資して誕生した格安航空会社。シンガポール・チャンギ国際空港をハブ空港として、アジアを中心に40以上の都市へ就航しています。

これまでオーストラリアをはじめとする各国の航空会社と提携し、「タイガーエア」ブランドを拡大してきましたが、2016年11月にシンガポール航空グループの格安航空会社スクート(Scoot) との合併を発表。2017年7月25日までにブランドが統合され、新たなブランド「スクート・タイガーエア(Scoot Tigerair)」として今後もご利用いただけます。また、短距離路線を運航するタイガーエアと長距離路線を運航するスクートとが統合することで、路線の幅が広がり利便性も高まるでしょう。「スクート・タイガーエア」を運営するのはシンガポール航空子会社の「バジェット・アビエーション・ホールディングス(Budget Aviation Holdings)」です。

タイガーエア (tigerair) の評価

タイガーエアは、数年連続で「チャンギ・エアライン・アウォーズ(Changi Airline Awards)」の旅客輸送数トップ5に選ばれています。その他にも、「南インド・トラベル・アウォーズ(South India Travel Awards)」で最優秀格安航空会社(Best Low Cost Carrier)に選出されるなど、様々な賞を受賞。人気面でもコスト面でも高い評価を受けています。また、世界初の格安航空会社による航空連合「バリューアライアンス(Value Alliance)」に加盟。加盟する8つの航空会社間の乗り継ぎ予約がワンストップで可能となり、直行便予約と変わらない効率のよさが特徴です。

スクート(Scoot)の主な就航ルート

タイガーエアはシンガポールを起点に、40以上のアジア主要都市に就航。主な就航先は、中国、インド、インドネシア、マカオ、マレーシア、モルディブ、ミャンマー、フィリピン、台湾、タイ、ベトナムなど。また、タイガーエアは日本へ乗り入れておらず、チャイナエアラインの子会社であるタイガーエア台湾のみとなっています。

スカイスキャナーでは、スクート(Scoot)は以下の就航便で多く利用されています。

人気の就航ルート 平均フライト時間
成田空港 (東京) 発 - 台北 台湾桃園国際空港 (台湾) 行き 3時間30分
関西国際空港 (大阪) 発 - 台北 台湾桃園国際空港 (台湾) 行き 2時間45分
福岡空港 (福岡) 発 - 台北 台湾桃園国際空港 (台湾) 行き 2時間10分
セントレア (名古屋) 発 - 台北 台湾桃園国際空港 (台湾) 行き 3時間
羽田空港 (東京) 発 - 台北 台湾桃園国際空港 (台湾) 行き 3時間30分
仙台空港 (仙台) 発 - 台北 台湾桃園国際空港 (台湾) 行き 3時間45分
成田空港 (東京) 発 - 高雄空港 (台湾) 行き 3時間55分
那覇空港 (沖縄) 発 - 台北 台湾桃園国際空港 (台湾) 行き 1時間25分
岡山空港 (岡山) 発 - 台北 台湾桃園国際空港 (台湾) 行き 2時間55分

タイガー・エア (tigerair) のチケットをお得に予約するならスカイスキャナー

タイガー・エア (tigerair) の航空券をお探しでしたら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーの検索システムは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行サイトが取り扱う航空券の価格の中から一括比較して最安値の航空券を探し出します。航空会社やエアライン・アライアンス別、フライト時間などの条件の中から、お客様のご希望に合った航空券をすばやく簡単に見つけることができます。

スクート(Scoot)のサービス

チェックイン

出発空港 搭乗カウンターの場所
シンガポール・チャンギ国際空港 第2ターミナル2階
シンガポール発の全ての便で、出発72時間前から1時間前まで、ウェブチェックインが可能です。但し、特別な手助けが必要な方、グループ旅行代理店で予約した方、Max Your Spaceを購入した方、Max Your SpaceまたはBid 4 Bizの購入確認待ちの方、お子様連れの方は、ウェブチェックインができません。

機内持ち込み手荷物と受託手荷物

手荷物の種類 荷物規定
機内持込手荷物 機内持ち込み荷物は1人2個まで無料。サイズ制限は54cm x 38cm x 23cm、重さは2個の合計が10kg以内となっています。
受託手荷物 受託手荷物は有料で、出発する空港、運航距離、重さにより異なります。事前購入する場合、シンガポール発便は、重量20kg~40kg、料金24~142シンガポールドル。超過料金は、1kg毎20~30シンガポールドル。追加荷物は、1個23kgまで50~110シンガポールドル。また、出発日に空港で購入する場合、重さは20kgまでです。
手荷物は出発の20分前までに預ける必要があります。

搭乗クラス

スタンダード席、フロント席、特別席の3つがあり、座席指定は有料。出発する空港、運行距離、座席の位置により料金が設定されています。シンガポール発便は、スタンダード席7~49シンガポールドル、フロント席10~14シンガポールドル、特別席17~129シンガポールドル。

機内サービス

他のLCCと同様に、サービスを簡略化することで低運賃を実現しているため、機内エンターテインメントはありません。また、機内食やスナック、ドリンクも有料です。機内でも購入できますが、航空券購入時に食事やドリンクを購入した方が確実でしょう。

予約時の手数料

コールセンター経由で予約をした場合に限り、手数料がかかります。また、手数料は出発する空港により異なるため要注意。シンガポール発便は1人につき30シンガポールドル、オーストラリア発便は30オーストラリアドル、中国発便は150人民元です。

(2017年5月現在の情報)

スクート(Scoot)

4.0/5
923件のレビューに基づく評価

スカイスキャナーは、価格の信頼性、手数料、カスタマーサービス、サイトの使いやすさ などに関するユーザーのフィードバックに基づいて航空会社および旅行代理店の評価測定を実施しています。

詳細を見る

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。