地図

カザフスタン(KZ)発の格安航空券の検索

カザフスタン発格安航空券を検索するならスカイスキャナー

カザフスタンは中央アジアで影響力の大きな国で、北アジアやヨーロッパ方面へ数多くの国際定期便を開設しています。カザフスタン発格安航空券の検索は、マイナーな国の情報収集力に強みのあるスカイスキャナーの利用をおすすめします。アジアへ向かうカザフスタン発飛行機便はソウル仁川空港バンコク行きが多く、日本への接続も便利です。カザフスタン発飛行機便でソウル仁川空港経由はスターアライアンスグループの接続が可能なので、日本各地の空港へ向かうカザフスタン発格安航空券が見つかります。

カザフスタンにある主要空港アスタナ国際空港の発着情報

カザフスタン共和国は中央アジアの西部に位置し、隣国はロシア連邦中華人民共和国ウズベキスタンなどと国境を接し、首都はアスタナ、人口は約170万となっています。

首都にこの国で中心的に機能しているアスタナ国際空港があります。アスタナ国際空港の就航航空会社はエア・アスタナロシア航空ルフトハンザドイツ航空などがあり、就航地はモスクワフランクフルトなど多く運行されています。カザフスタンから日本への直行の定期便は運行されておらず、日本の行き方の1つとして、アスタナ国際空港から仁川国際空港を経由して日本に向かうことができます。

大切な建物が多いカザフスタン

タラス川古戦場跡は、751年にイスラム軍と唐軍が戦った場所であり、古戦跡地として今も残っています。現在では、住む方の生活に密着した川となっておりますが、歴史を学ぶことができる場所です。タラズにあるアイシャビビ廟は、悲恋伝説に基づいておりカラハンという人物がイラン人に作らせたと言われています。飛行機事故により一部破損してしまいましたが、建物正面は免れました。現在では修復されており、綺麗な建物として立っています。中央アジア最大の聖地と言われている、ホッジャ・アフメド・ヤサウィ廟もカザフスタンにあります。こちらの建物は、壁の模様が細かく繊細な作り。カザフスタンで始めての世界遺産となった建物で、たくさんの観光客の方が訪れる場所。オトラル遺跡は、モンゴル帝国成立をさせたチンギスハンとティムールに関係する遺跡と言われています。歴史好きにはお勧めの場所です。

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。