地図

熊本 (KMJ) 発 - 東京 (TYO) 行きの飛行機・格安航空券の検索

熊本発 - 東京行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥11,608

直行便航空会社

7

週の便数

140

平均飛行時間、合計距離904 km

1 時間 30 分

先月の最も人気の航空会社

全日空 (ANA)

東京 成田および東京 羽田

2 空港

熊本から東京へのフライト情報

平均所用時間 1時間30分
料金 片道 ~low_price_display~〜
航空会社 ソラシドエア, ジェットスタージャパン, ANA (全日空), JAL (日本航空)
最も安いルート 熊本空港 - 東京 成田空港 (KMJ-NRT)
最も人気のルート 熊本空港 - 東京 羽田空港 (KMJ-HND)

スカイスキャナーで熊本から東京の飛行機を検索。スカイスキャナーは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行代理店が取り扱う航空券の価格を一括比較し、お客様に最安値の国内航空券をご提供いたします。また価格以外にも日程・所要時間・航空会社をフレキシブルに変更頂くことができため、お客様に最も合った航空券を見つけることができます。お気に入りの航空券を見つけたら、チケットを販売するサイトの予約ページへ直接おつなぎしますので、熊本-東京間の航空券をスムーズにご予約いただけます。
平均飛行時間や飛行マイル数等、東京行きフライトの詳細を確認することができます。

熊本空港 (KMJ) - 東京 (TYO) を就航する主な航空会社・LCC

熊本空港から東京行き便では、スカイスキャナーで以下のエアラインが多く利用されています。

運航ルート 航空会社 航空会社のタイプ
熊本 → 羽田
KMJ - HND
ソラシドエア フルサービスキャリア
ANA (全日空) フルサービスキャリア
JAL (日本航空) フルサービスキャリア
熊本 → 成田
KMJ - NRT
ジェットスター LCC

熊本発-羽田行き

JAL (日本航空) ANA (全日空) ソラシドエア

JALはJAL SKY NEXT仕様の機材で全席本革シートの高級感のあるキャビンです。機内Wi-Fiサービスを利用できるので、フライト中もスマートフォンでSNSやエンタテイメントプログラムを楽しめます。ANAはプレミアムクラスと普通席の2クラス仕様。一部機材ではUSB充電ポートやPC用電源もセットされています。ソラシドエアは普通席のみのモノクラスですが、シートピッチが約81cmでゆとりがあります。ソラシドエアはANAとのコードシェア提携により、ANA便名の航空券も予約可能です。

熊本発-成田行き

ジェットスタージャパン

ジェットスターは熊本空港に就航している唯一のLCCです。運航本数は限られていますが、片道1万円以下の格安航空券も多く設定されているので人気があり、日程や便によっては満席のフライトもあります。

定期便の便数

熊本発-羽田行きの直行便 JAL (日本航空):8便、ANA (全日空):5便、ソラシドエア:5便
熊本発-成田行きの直行便 ジェットスタージャパン:1~2便

1日18便と比較的便数が多く、熊本から直行便が就航していない東北や北海道の主要空港にも羽田空港経由で乗り継ぎ可能です。ジェットスターは曜日によって便数が異なり、需要動向に応じて臨時便も設定。旅行客の増える週末や連休は増便になり、1日2便の運航です。

直行便以外のアクセスルート

熊本-東京線は直行便を利用するのが一般的です。羽田空港行き、成田空港行きともに大阪・伊丹空港を経由するルートもありますが、乗り継ぎ時間も含めると東京到着まで3時間~3時間45分ほど時間がかかります。直行便を利用するほうがリーズナブルかつ短時間で移動できます。

路線の概要・メリット

熊本発-東京行き航空券の相場
熊本-東京線は春から夏のレジャーシーズンは旅行客が増えることから相場が高くなり、片道航空券は26,000円前後までアップします。秋から冬になると約15,000円まで価格が下がります。各航空会社では早期購入割引を設定していますが、需要動向や空席予測数に基づいて運賃が決定。同じ日程でも時間帯や便によっても航空券の価格は異なります。シーズナリティだけでなく、フライトの時間帯や曜日によっても運賃が変わるので、航空券を検索する際に確認してみましょう。ジェットスターの場合、連休や週末は運賃がアップしますが、平日は片道1万円以下の格安航空券を利用できます。

路線の特徴
熊本-東京線は、観光や首都圏への出張で利用する人が多い路線です。熊本から東京までは新幹線や高速バスを利用することも可能ですが、LCCの就航で格安航空券が利用可能になったことも大きく影響し、飛行機のほうが短時間かつリーズナブルに移動できるメリットがあります。2017年の年間旅客数は、熊本-成田線が約9万2,000人、熊本-羽田線が約98万人です。「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界遺産登録され、阿蘇山火口の見学再開になるなど地震からの復興も進み、観光資源が豊富なことから、今後も観光需要が増えることが予想されます。

発着空港の概要

熊本空港
熊本空港は熊本市中心部から約20キロに位置し、国内線7路線・国際線3路線が就航しています。2016年に発生した熊本地震の影響で一時期は利用者が減少しましたが、観光需要も回復傾向にあります。旅客数は内際あわせて約334万人に達し、九州の空港としては福岡・鹿児島についで3番目に旅客数の多い空港です。2018年7月に「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界遺産に登録され、天草地方への旅行も注目されています。旅客ターミナル内にはJAL (日本航空) ANA (全日空) が運営するラウンジのほか、クレジットカードで利用可能なラウンジASOがあり、出発前のひと時をくつろいで過ごせます。

羽田空港・成田空港
羽田空港成田空港は首都東京の空の玄関口ともいえる二大拠点空港です。羽田空港は国内線の発着がメインでしたが、国際線ターミナルの供用開始後は海外からのインバウンド訪日客が増加。旅客数は内際あわせて8,500万人を超え、世界で5番目に旅客数の多い空港になりました。羽田空港はスカイトラックス (Skytrax) のグローバル・エアポート・ランキングで5スターエアポートに5年連続選出され、機能的で利便性の高い空港施設と空港スタッフのサービス品質が高い評価を受けています。

2018年に開港40周年を迎えた成田空港は国際線の発着がメインですが、国内線もLCCの参入を契機に就航路線が増え、現在は国際線118路線、国内線21路線の定期便が運航しています。国内線・国際線ともにLCCの参入が続き、LCC専用ターミナル (第3ターミナル) も完成。都心部には鉄道 (JR・京成) やリムジンバスなど移動手段も多く、1時間~1時間30分ほどでアクセス可能です。

市内中心部-空港間のアクセス方法

熊本空港
熊本空港には、熊本市内中心部から空港リムジンバスが運行し、羽田行きの始発便・最終便にも間に合うようダイヤが組まれています。熊本駅・熊本交通センター・熊本県庁前・水前寺公園前など主要スポットに停留場があり、運行間隔は約20分。熊本空港は熊本市内からは約15~20キロ離れているため、タクシーを利用する場合は約30~45分 (料金:4,000~5.000円) かかります。また空港とJR阿蘇くまもと空港駅 (肥後大津駅) を結ぶ空港ライナー (無料) も運行しています。運行間隔は30分に1本で、予約不要で乗車可能。肥後大津駅からはJR豊肥本線で水前寺・熊本方面へ移動できますが、運行本数が1時間に3~4本に限られているので、あらかじめ時刻表を確認しておくほうが安心です。

羽田空港
羽田空港は都心部から約15キロに位置し、空港から都内主要スポットや首都圏ターミナル駅までの交通手段も多くアクセス便利です。国内線ターミナルビルの地下は、モノレールや京急線の駅と直結。モノレール空港快速を利用すれば最短約17分で浜松町駅に到着します。京急線の場合は京急エアポート快特で品川駅まで約25分。品川駅でJR線・新幹線に乗り換えれば横浜・小田原・熱海方面へもアクセス可能です。また都内の主要ホテルやターミナル駅にも空港からリムジンバスが運行しています。東京ディズニーリゾート・横浜みなとみならい地区・成田空港行きの直通バスも利用できます。

成田空港
成田空港は東京都心部から少し離れていますが、鉄道 (JR成田エクスプレス・京成スカイライナー) や空港リムジンバス を利用すれば1時間~1時間30分ほどで都心部まで移動できます。また東京駅・銀座までは格安航空バス (片道900~1,000円) も約20分間隔で運行。成田空港から都内主要エリアのホテルやターミナル駅に向かうリムジンバスの路線も豊富です。国内線・国際線間の乗り継ぎで羽田空港と成田空港間を移動する場合も直通バスを利用するとスムーズです。また北関東や東北方面へのバスも運行しています。

国内旅行・国内線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。