地図

福岡 (FUK) 発 - 沖縄 那覇 (OKA) 行きの飛行機・格安航空券の検索

福岡発 - 沖縄 那覇行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥5,580

直行便航空会社

7

週の便数

150

平均飛行時間、合計距離865 km

1 時間 30 分

先月の最も人気の航空会社

全日空 (ANA)

沖縄 那覇

1 空港

福岡から沖縄行きの飛行機の概要

福岡発-沖縄行きの便は旅行需要の大きなルートです。起点となる福岡空港は、福岡県福岡市博多区に位置する、九州エリア内で最も利用客の多い基幹空港。中心市街地から至近距離に位置しており、空港内に福岡市地下鉄空港線が乗り入れるなど、アクセスに優れているため、世界有数の便利な空港として知られる存在となっています。

一方の沖縄那覇空港は、日本有数のリゾート地である沖縄県の本島部、那覇市にある空港施設です。福岡発-沖縄那覇行きの飛行機の平均所要時間は1時間35分でその距離は865km。福岡-沖縄那覇のフライトは1週間に160便となっています。

福岡 (FUK) - 沖縄 那覇 (OKA) を就航する主な航空会社・LCC

福岡から沖縄 那覇空港行き便では、スカイスキャナーで以下のエアラインが多く利用されています。

航空会社 コード タイプ
スカイマーク BC LCC
ANA (全日空) NH フルサービスキャリア
JAL (日本航空) JL フルサービスキャリア

福岡 (FUK) -沖縄 那覇 (OKA) を就航する主な航空会社・LCC

日本トランスオーシャン航空 (JTA) ANA (全日空) スカイマーク

JALグループの日本トランスオーシャン航空は、機内Wi-fiサービス利用が可能なJAL SKY NEXT仕様機材でクラスJと普通席の2クラスです。美ら海水族館でおなじみのジンベエザメをモチーフに機体がペイントされた「ジンベエジェット」も福岡-那覇線を運航。ANAは1日8便と運航本数が多く、プレミアムクラスが導入されている機材も運航しています。スカイマークは定時運航率93.06%、欠航率0.59% (平成29年度) という運航実績を残しています。

ピーチ (peach)

ピーチは沖縄・那覇を関西空港につぐ第2の拠点空港としており、2014年より福岡-沖縄線を就航開始。ピーチのフライトはLCC専用ターミナルの発着。LCC専用ターミナルは国内線ターミナルから少し離れたところにあるため、国内線ターミナル前からバスで移動します。

定期便の便数

日本トランスオーシャン航空 (JTA) :6便、ANA (全日空) :7~8便、スカイマーク:4便 ピーチ (peach) :2便

ANAは1日8便の運航ですが、冬ダイヤの一部期間で減便になり7便のスケジュール編成です。午前中に出発するフライトも多く、那覇空港を経由して石垣や宮古などの離島行きフライトに乗り継ぐこともできます。

直行便以外のアクセスルート

福岡-沖縄 那覇行きのフライトは直行便を利用するのが一般的です。九州の主要空港で乗り継ぐ場合は宮崎空港を経由するルートがあり、福岡-宮崎間はオリエンタルエアブリッジ、宮崎-那覇間はソラシドエアが運航しています。乗り継ぎ運賃は設定されていないので、区間ごとに航空券を予約・購入する必要があります。

路線の概要・メリット

福岡発-那覇行き航空券の相場
リゾート路線として人気があり、4~8月は航空券の価格が高くなります。相場は片道2万円前後ですが、秋から冬になると航空券の相場は1万円以下までダウンします。ピーチ (peach) のフライトを選択すれば片道1万円以下の格安航空券も利用可能です。航空会社では早期購入割引運賃を設定しているので、早めに予約をすればリーズナブルな航空券が見つかります。割引率の高い運賃は販売座席数が制限されているので、早い段階で満席になる場合もあります。

路線の特徴
福岡-那覇線は那覇経由で石垣・宮古などの離島への乗り継ぎも可能なので、ゴールデンウィークや夏休み期間は混雑します。片道1時間30分ほどのフライトですが、1日22便と運航本数も多く航空会社ごとにサービスや機材にそれぞれ特徴があります。ピーチ (peach) の就航で格安航空券が利用しやすくなったことから、新たな需要喚起にもつながっています。航空券の価格・スケジュール・マイレージ・航空会社のサービスなど利用者の好みによって、フライトを選択することが可能です。

発着空港の概要

福岡空港
福岡空港は九州で最も規模が大きな規模の空港で、羽田・成田・関西に続いて全国で4番目に利用者が多く、年間旅客数は約2,400万人です。国内線は東京・大阪・札幌などの幹線をはじめ、長崎や鹿児島の離島と福岡を結ぶ定期便も発着しています。九州北部エリアへの旅行客だけでなく、ビジネス客が多いのも特徴。空港が市街地に立地しているため、博多や天神など市内中心部へのアクセスも便利です。朝夕は過密なダイヤが組まれて混雑することから滑走路の増設工事が進められ、国内線旅客ターミナルの改修も行われています。改修後は3つに分かれていた旅客ターミナルが1つに集約され、利便性が向上。2020年に全面リニューアルオープンの予定です。国内線はJAL (日本航空) ANA (全日空) が運営するラウンジのほか、誰でも利用可能な有料ラウンジ (くつろぎのラウンジTIME) もあります。

沖縄 那覇空港
沖縄 那覇空港の年間旅客数は2,100万人を超え、沖縄地域における拠点空港として多くの人が利用しています。全国各地の主要空港からの定期便をはじめ、南西諸島の離島と沖縄を結ぶ路線も就航。石垣島・宮古島・久米島など沖縄の離島は旅行先としても人気上昇中で、那覇空港で乗り継いで離島へのフライトを利用する人も増えています。JAL (日本航空) やANA (全日空) をはじめ、那覇空港を拠点とする日本トランスオーシャン航空 (JTA) や琉球エアコミューター (RAC) など10社が就航。ピーチとバニラのフライトが発着しているLCC専用ターミナル (第3ターミナル) もあります。空港にはモノレール (ゆいレール) が乗り入れているほか、那覇市内をはじめ本島各地への直行バスも運行しています。

市内中心部-空港間のアクセス方法

福岡空港
福岡空港は市内各地からの交通アクセスが便利な空港です。空港ターミナルに市営地下鉄が乗り入れており、市内主要スポットから30分ほどでアクセス可能。博多駅から空港までは2駅 (約5分) 、天神駅からは5駅 (約10分) で移動できます。ヤフオクドームやキャナルシティ博多からも空港行きの路線バスが運行。小倉・大牟田・ 久留米など県内の主要都市からも、鉄道やバスなどアクセス手段が多く便利です。福岡県に近接する唐津・伊万里方面 (佐賀県) 、日田方面 (大分県) からも空港行きの高速バスを利用することができます。

那覇空港
沖縄 那覇空港から市内中心部まではモノレール (ゆいレール) を利用すれば約30分で、旭橋やおもろまちなど市内の主要スポットに移動できます。沖縄本島の各地には読谷地区・恩納村地区・かりゆしビーチ・美ら海水族館など主要なリゾートには空港からバスが運行しています。空港から各リゾートまでの所要時間は約100~150分。空港内にはレンタカーの送迎カウンターがあり、県内各地をレンタカーで自由に移動することもできます。混雑するシーズンは営業所までの送迎に時間がかかるので、事前に予約を済ませておくようにしましょう。

国内旅行・国内線の検索におすすめの情報・ツール

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。