地図

大阪 (OSAA) 発 - 上海 (CSHA) 行きの飛行機・格安航空券の検索

大阪発 - 上海行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥20,739

直行便航空会社

9

週の便数

141

平均飛行時間、合計距離1342 km

2 時間 15 分

先月の最も人気の航空会社

中国東方航空

浦東(プドン)国際および虹橋(ホンチャオ)

2 空港

大阪から上海行き ルートの基本情報

上海には浦東国際空港と虹橋国際空港の2つの国際空港があります。大阪からは関西国際空港から浦東国際空港行きの直行便が就航。1日19便と便数も多く、予算やスケジュールに合わせてフライトを選択できます。

大阪-上海 直行便を就航する主な航空会社・LCC

JAL (日本航空) ANA (全日空) 中国国際航空 (エアチャイナ) 中国東方航空中国南方航空吉祥航空上海航空春秋航空ピーチ (peach)

フルサービスキャリアとLCCあわせて9社が運航しています。JALとANAはスカイトラックス (Skytrax) の格付けで5スターエアラインを獲得し、キャビンの快適性・機内サービスともに顧客満足度の高い航空会社です。中国の四大航空グループを構成する中国国際航空 (エアチャイナ) ・中国東方航空・中国南方航空は日本への就航数も多く、アジアを中心にグローバルな路線ネットワークを展開しています。ANAと中国国際航空、JALと中国東方航空は相互にコードシェアを行い、日本・中国国内都市への乗り継ぎも便利です。上海を拠点とする吉祥航空は、低価格運賃でフルサービスキャリアに匹敵するサービスを提供する航空会社として人気があり、中国東方航空傘下の上海航空は中国国内線の路線網が充実しています。春秋航空とピーチはLCCならではの格安航空券が魅力。必要に応じて手荷物許容量のオプションや座席指定などのサービスを選択できます。

定期便の便数

JAL (日本航空) :2便、ANA (全日空) :2便、中国国際航空 (エアチャイナ) :3便、中国東方航空:4便、中国南方航空:1便、吉祥航空:3便、上海航空:1便、春秋航空:2便、ピーチ (peach) :1便

1日19便と便数が多く、JALと中国東方航空、スターアライアンスに加盟のANAと中国国際航空、吉祥航空はコードシェア提携をしています。往路はJAL便、復路は中国東方航空便を選択することも可能です。ピーチは関西国際空港を22時台に出発し、上海に深夜に到着する便を設定。深夜は市内までの交通手段がタクシーのみに限られるので、到着後の移動手段や空港での過ごし方について事前に調べておくと安心です。

直行便以外のアクセスルート

大阪から上海までは、関西国際空港から浦東国際空港行きの直行便を利用するのが一般的です。ソウルなどアジアの主要都市で飛行機を乗り継ぐルートもありますが、上海到着まで時間を要します。短時間のフライトで航空券の安い関西発の直行便を利用するほうが、メリットが多いといえるでしょう。また青島など中国国内都市での乗り継ぎの場合、上海虹橋国際空港行きのフライトも選択できます。

路線の概要・メリット

大阪発-上海行き航空券の相場
夏休みや連休は航空券の相場が高くなりますが、シーズナリティによる価格変動はそれほど大きくありません。エコノミークラスの場合、往復航空券は25,000~26,000円台が相場です。ピーク期になると往復40,000円台までアップしますが、早期に予約をすれば比較的リーズナブルな航空券を利用できます。

路線の特徴
旅行・ビジネスともに需要の高い路線で、上海までは直行便で2時間15分のフライトです。フルサービスキャリアのフライトは、エコノミークラス・ビジネスクラスの2クラス仕様。ビジネスクラスは出張利用客の割合が高いのが特徴です。

発着空港の概要

関西国際空港

関西国際空港は成田空港・中部国際空港とならぶ国際拠点空港で、年間旅客数は約2,800万人です。中国本土路線は新規就航路線も多く、国際線全体の就航都市は89都市へと拡大しています。LCCの就航が多いのも特徴で、国際線に関しては約4割がLCCのフライトです。海上空港という立地条件から騒音の影響が少なく空港は完全24時間運用で、深夜・早朝のフライトも多く設定されています。空港内には24時間営業のラウンジやコンビニもあり、国内線・国際線間の乗り継ぎも便利です。

浦東国際空港・上海虹橋国際空港
上海には浦東国際空港上海虹橋国際空港の2つの空港があり、日本からの直行便も多数就航しています。浦東国際空港は東アジアを代表するハブ空港のひとつで、中国東方航空・上海航空・中国国際航空は浦東国際空港を拠点としています。空港は2つのターミナルから構成され、レストラン街には中華定食のファストフード店もありご当地ならではのB級グルメも味わうのも空港の楽しみ方のひとつです。上海虹橋国際空港は中国国内線の発着がメインですが、東アジア主要都市と上海を結ぶ国際線も就航。虹橋国際空港へは羽田から直行便が1日4便運航しています。虹橋国際空港と北京首都国際空港を結ぶシャトル便が運航しているほか、中国国内線への乗り継ぎも便利です。

市内中心部-空港間のアクセス方法

関西国際空港
関西国際空港は大阪中心部から約50km離れていますが、関西主要都市からのアクセスが便利な空港です。空港ターミナル正面にJR・南海の駅があり、JR特急はるかを利用すれば新大阪駅から約50分、京都から約75分で空港駅に到着します。南海ラピートの場合は、なんばから最短34分でアクセス可能です。空港リムジンバスは路線数が豊富で、大阪駅 (梅田駅) ・あべの橋・上本町といった主要駅から空港行きのバスが運行。神戸三宮・六甲アイランド発の直通バスも利用可能です。その他、関西国際空港と神戸空港を約30分で結ぶ高速船 (ベイ・シャトル) も運航しています。

浦東国際空港・虹橋国際空港
浦東国際空港は上海中心部から約30km離れていますが、都心部へのアクセス手段が充実しています。空港からリニアモーターカーが運行し、上海郊外の龍陽路駅までわずか8分で到着。龍陽路駅から地下鉄2号線に乗り換えることにより上海中心部までアクセス可能です。浦東国際空港ターミナルからは地下鉄2号線 (広蘭路駅で車両乗換) を利用すると市内まで約40分で到着します。上海虹橋国際空港から市内へのアクセスには地下鉄2号線・10号線を利用すると便利です。また浦東・虹橋両空港から市内までは空港バスも運行していますが、市内までは1時間ほどかかります。上海市内の移動に便利な上海公共交通卡 (ジャオトンカー) を購入しておくと、リニアモーターカー・地下鉄・タクシー・フェリー・バスを利用する際の料金支払もスムーズです。

(2019年4月時点の情報)

国内旅行・国内線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。